• #
  • トップ
  • グルメ
  • 肉ファンの間で注目!熟成肉「格之進」が開いた"肉学校"に行っ...

肉ファンの間で注目!熟成肉「格之進」が開いた”肉学校”に行ってみた

グルメ

テレ東

2019.10.23

niku_20191023_00.jpg
肉好きの間でブームとなり、いまや定番となった熟成肉。このブームが来る前から熟成肉に注目し、首都圏に9店舗を構える人気店が「格之進」です。

そんな格之進のファンの間でいま注目されているのが、六本木に開校された「格之進肉学校」です。

六本木の路地裏にある、丸ごと肉づくしのビル


niku_20191023_01.jpg


東京メトロ六本木駅から路地を少し入ると、見えてくるのが肉色の看板。熟成肉で有名な「格之進」が、昨年オープンした「格之進肉学校 六本木分校」です。

1階には「格之進B」「格之進82」、2階と3階には「格之進R+」と、ビル内には3つの店舗が入っており、和牛を味わい知り尽くせます。

牛寿司、焼きしゃぶしゃぶ、焼肉、シャルキュトリー、ハンバーグ...。「学校」の看板に偽りなし、ありとあらゆる肉料理が食べられる、肉を食べたい...いや学びたい人には最高の施設です。



niku_20191023_02.jpg▲魅惑の塊肉が並ぶ「格之進B」のショーケース。専門店ゆえに温度管理は完璧!

入口にある「格之進B」のショーケースには塊肉が並んでいました。こちらのお店では精肉を買うことができるほか、BBQマスター養成、プロ向け教室なども行われています。

同じく1階にある「格之進82」は肉割烹スタイル。熟成肉と新鮮な海の幸を組み合わせ、割烹の上品さも加わった、ここでしか味わえない料理が出されます。

イチオシは和製サーフ&ターフの極み「肉巻きウニ軍艦」。牛の部位の数を表す「82」の名の通り、上質な和牛を隅々まで堪能できますよ!

niku_20191023_03.jpg▲「格之進82」の「肉巻きウニ軍艦」は、牛肉とウニの旨味が絶妙にマッチした逸品。

肉が目の前でさばかれる...迫力の「牛肉解体ショー」を体験


2階と3階にあるのが「格之進R+」。格之進の王道「塊焼き」がメインのコースメニューに加え、ハムやサラミなど、本場フランス仕込みのシャルキュトリーも楽しめます。

ここで、ぜひとも体験してほしいのが、3階のビッグテーブルで行われる「牛肉解体ショー」です。

事前予約をすると、牛肉を知り尽くしたスタッフが、巨大な肉の塊を目の前で部位別に切り分け、焼いてくれます。こんなスペシャルな体験ができるのは、まさに肉学校です。

今回の取材では「格之進」の千葉祐士社長が自ら、焼き手と解説をしていただきました。

解体していただいたのはヒレ。背骨の裏側にある部位で、牛1頭からわずかしか取れない希少部位です。牛の体の中でも、大変やわらかい部位なのだそうです。

niku_20191023_05.jpg▲切り分けられた部位。そぎ落としていくと、案外、食べられるところって少ないんです。

部位の切り分け方や特徴を聞いていると、あっという間に4つの部位にカットされました。

赤身と脂がちょうどよいバランスの「ヒレ耳」、口の中でさっと脂がとろける「ヒレ先」、脂が少なく繊細でクセのない甘みを備えた「ヒレ中」、鉄分が多く味わい深い「ヒレ頭」......。それぞれの部位が、最もおいしく食べられるように目の前で調理されていきます。

niku_20191023_06.jpg
▲切り分けられた部位。そぎ落としていくと、案外、食べられるところって少ないんです。

ヒレは厚めにカットし、焼きすぎないようにすることで、その旨味を堪能できます。肉がとってもジューシーで、噛めば噛むほど、肉のエキスが染み出してくる。味だけでなく、香りも素晴らしく、肉について勉強した後だと、よりおいしく感じられますよ。

「牛肉解体ショー」が体験できるチャンスは月に1度。毎月最終土曜日12時から行われており、少人数でも参加できます。飲み放題付きで1万円は、実際に体験してみるとかなりお値打ちです。

本校はなんと岩手県!「分校」にしている理由とは


niku_20191023_08.jpg
▲こちらが岩手県一関市にある「本校」。門崎格之進の本社でもあります。

六本木にあるのは「格之進肉学校 六本木分校」。となると、本校がどこにあるのか気になりますよね?

その本校があるのは岩手県の一関市。廃校になった千葉さんの母校を利用し、本社とハンバーグ工場となっています。職員室は事務所に、校長室は社長室に、体育館はハンバーグ工場として利用されています。

この「格之進肉学校」がある一関市川崎町の門崎で、「格之進」で提供されている「門崎熟成牛」は育てられています。過疎化が進んでいく村を首都圏と繋ぐことで、農業を活性化し、地方創生の一歩としたい。そんな思いが、「格之進肉学校 六本木分校」には込められているのです。

「格之進肉学校 六本木分校」に入学すれば、肉の魅力にハマってしまうはず。日本の食の未来に思いを馳せつつ、門崎村の牛肉をじっくり味わってください。

【取材協力】
「格之進肉学校 六本木分校」
住所:東京都港区六本木7-14-16 六本木リバースビル
電話番号:[格之進R+] 03-6804-2904、[格之進82] 03-6804-1629、[格之進B] 03-6804-1629
営業時間:[格之進R+] 18:00~23:00(L.O.22:30)、[格之進82] 18:00~23:00(L.O.22:30) [格之進B] 16:00~23:00
定休日:日曜日
URL: https://kakunosh.in/restaurant/kakunoshin-nikugakko-ro.html

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧