• #
  • トップ
  • グルメ
  • 行楽の秋にオススメの"萌え断"「ボリュームサンドウィッチ」に...

行楽の秋にオススメの”萌え断”「ボリュームサンドウィッチ」に挑戦してみた

グルメ

テレ東プラス

2019.10.25

volumesand_20191025_00.jpg
行楽の秋のお弁当に、おにぎりと並んで大人気のサンドウィッチ。たっぷりの具材をはさんだ色鮮やかなボリュームサンドウィッチが、SNSを中心に流行しています。デパ地下でも美しい切り口をずらりと並べた専門店を見かけるようになりましたが、高いものでは1,000円台とややコスト高なのが悩みどころです。

そこで今回は、コスパ抜群なオシャレなサンドウィッチを自作してみたいと思います。

「卵のボリュームサンド」を綺麗に作るコツは"ゆで卵"にあり!?


volumesand_20191025_01.jpg
SNSでは最近、「#萌え断」のハッシュタグが付いたサンドイッチの写真が、次々とアップされています。萌え断とは彩り豊かな食品の断面に萌えること。その中でも、手頃な具材で調理が簡単そうなのが「卵のボリュームサンドウィッチ」です。ゆで卵をセンターに、人参などのたっぷりとした野菜が、断面に彩りを添えています。

今回は彩りを第一に、以下の具材を用意しました。

【材料】
・アボカド(半分)
・人参(1本)
・生ハム(4〜5枚)
・卵
・ゆで卵
・食パン(8枚切り)
・粒マスタード
・マヨネーズ

材料費は1人分(2切れ分)に換算すると400円程度。専門店に比べると、かなりリーズナブルです。なお、卵とゆで卵を用意した理由については、後ほど明らかになりますので、もう少しお待ちを。

まずは下ごしらえですが、人参は千切りにしたら少々の塩を振り、しんなりしてきたら水気をギュッと絞っておきます。さらに、卵は鍋にかけて、固ゆでのゆで卵を作っておきましょう。

volumesand_20191025_02.jpg
では、いよいよ具材をサンドしていきます。まず、食パンの具材を載せる側に、マヨネーズに粒マスタードを混ぜて塗りましょう。

続いて、パンの上に生ハムと薄くスライスしたアボカドを斜めにずらして載せます。こうすると、切った時の断面が美しくなりますよ。

volumesand_20191025_03.jpg
アボカドの上には卵を載せる......のですが、表面が滑りやすくて、なかなか安定しません。なので、卵と一緒に山盛りの人参を盛りつけます。こうすることでバランスが整い、ボリュームたっぷりに仕上がりました。

volumesand_20191025_04.jpg
この時点では「ちゃんとサンドできるのか?」と不安になる具材の量ですが、マヨネーズソースを塗った残りの食パンで挟むと、丁度いいボリュームになります。ラップで全体を抑えながらキツめに包み、15分ほど具材を馴染ませてください。

ここまでは簡単でしたが、「卵のボリュームサンドウィッチ」で最難関なのが、断面がキレイに見えるようにサンドイッチをカットすること。卵をきれいに見せたいのですが、茹で卵を自作すると、黄身が端に寄ってしまって、微妙な仕上がりになることが多いのです。今回も自作のゆで卵を使ってみたところ、萌え断を再現できませんでした。

そこで、用意したのがこちら。

volumesand_20191025_05.jpg
そう、市販のゆで卵です。手軽に萌え断を再現したいのであれば、こちらがオススメ。実際に切ってみると......


今度は見事に成功! 卵の黄身が中央にきていたので、綺麗な断面でカットすることができました。

volumesand_20191025_06.jpg
注目の味ですが、人参の食感とさっぱり感がしっかり出ていて、アボカドと生ハムによく合います。卵が全体をまろやかにしてくれるので、味のバランスが抜群ですね。野菜がたっぷり入っているので、2切れ食べるとお腹いっぱいになりました。朝食なら1切れでも十分に満足感と栄養を得られそうです。

コスパ抜群で簡単に作れる「レタスのボリュームサンド」


volumesand_20191025_07.jpg
「卵のボリュームサンドウィッチ」はややスキルが求められる部分があったので、忙しい朝にもスピーディーに作れる萌え断サンドウィッチを、もう一つご紹介しましょう。萌え断ブームのきっかけとなった、レタスがドーンと入ったボリュームサンドウィッチ。2つの具材だけで作ることができ、1人分の食材費は300円もかかりません。

まず、下ごしらえとしてレタスを1枚ずつはがし、水気をよく拭いて食パンの幅に合わせた大きさにカット。サラダチキンは食べやすい大きさに割いておきます。

volumesand_20191025_08.jpg
ここで、よりスムーズに具材をサンドするポイント。食パンの下には、あらかじめラップを敷いておきましょう。あとは、前回と同じように食パン2枚の片面にマヨネーズソースを塗り、サラダチキンを並べます。

volumesand_20191025_09.jpg
続いて、レタスを芯の部分を中心に、キツめにくるくると巻いていきます。巻いたレタスがほどけないように手で押さえながら、サラダチキンの上に載せてください。

volumesand_20191025_10.jpg
最後に残りの食パンでサンドし、すぐにラップでキツめに包みます。15分ほど落ち着かせたら、半分にカット。このとき、ラップごと切ると、具材がズレません。

volumesand_20191025_11.jpg
レタスの綺麗な断面がお目見え!卵のボリュームサンドとは違って、一発で"萌え断"に成功しました。

volumesand_20191025_12.jpg
気になる味は、「シャキシャキの食感が美味しい」と大好評! レタスが入っているのでサラダを用意する必要もなく、簡単にお洒落な朝食が完成です。時短調理にもなるので、忙しい時には便利ですね。ササっと作ることができてリーズナブル。しかも見栄えもいいので、来客時にもおすすめのサンドウィッチです。

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧