• #
  • トップ
  • グルメ
  • ミスキャンと大学デート:「『好き』って思ったら我慢できなくて...

ミスキャンと大学デート:「『好き』って思ったら我慢できなくてポロポロ出ちゃう」(日本大学 中村安李紗さん)

グルメ

テレ東プラス

2019.12.29

misscam_20191229_00.jpg
ミスキャンとデート(仮想)──というシチュエーションで、大学のいいところや彼女の日常を紹介してもらっちゃう連載企画「ミスキャンと大学デート」。今回は「日本大学文理学部ミスコン2019」で準グランプリを受賞した中村安李紗さんと、下高井戸にある日本大学 文理学部キャンパス内の学食でランチデートしてみました。

CAを目指す日本&中国の美人ハーフ


misscam_20191229_01.jpg
──あれ、日大のキャンパスって、こんなに新しかったんだ?

「そうなの! 緑もたくさんあって、キャンパスらしいから居心地が良くて! 教室やトイレもとにかく綺麗だし。あと学科が多くて沢山の人がいるから、授業でいろいろな人と交流できるのも良いところだと思う」

misscam_20191229_02.jpg

misscam_20191229_03.jpg
──まだ、お昼前なのにこんなに混んでるんだ、学食は......。

「うん、昼はいつも混んでるから、席を取るのが大変なの。このキャンパスには、他にも2つ学食があるんだけど、私はこの『カフェテリア秋桜(コスモス) 』が好きかも」

──大学で何を勉強しているの?

「中国の文化と語学を頑張ってる! 母親が中国人だから中国語は話せるんだけど、読み書きが出来ないから、ちゃんと勉強しようと思って。将来の夢がCA だから、語学はやっておかなきゃ!」

──中国のメイクにもハマってるらしいじゃん! 今日は違うよね?

「うん、違う! 中国メイクは濃いから出歩けない(笑)。日本のメイクより、アイラインやアイシャドウが濃いめなの。インスタで中国美女を漁ってるんだけど、ハーフの私は顔が薄いのか合わなくて。中国の人の顔には合うんだけどなあ」

misscam_20191229_04.jpg
──友達とはいつもどこで遊んでるの?

「ゲーセンによく行くかも。UFOキャッチャーが好きで、お菓子をメインに取ろうとするんだけど、取れそうに見えて全然取れなくて(笑)。気付いたら3,000円くらい使っちゃうこともあって。ホントやめたほうが良いよね(苦笑)」

──そうだね(苦笑)。ちなみに彼氏と一緒に行きたいところは?

「一緒ならどこでも(笑)。でも私、付き合う前から『好き』って思ったら、我慢できなくてポロポロ出ちゃうの。『カッコいい』とか『好き』とか、毎日告白みたいな感じで言っちゃうから、すごく分かりやすいってよく言われる(笑)」

──好きな人に言われて嬉しい言葉とかある?

「そうだなぁ、『来週ここ行こうね!』とか『来年また行こうね!』って言われると、一緒にいる未来を考えてくれている感じがして嬉しいかも。......『ずっと一緒にいようね』だと、『ホントに?』って思っちゃうかな(笑)。近い未来のことを言ってくれたほうが嬉しいかも」

「もやし」が大好きでコスパ抜群のミスキャンパス


misscam_20191229_05.jpg
──お腹減ったし何か食べようよ! いつも学食で何食べるの?

「カレーをよく食べるかも。『オリジナルカレー』っていう定番のカレーの他に、『バラエティカレー』っていう曜日毎に変わるカレーもあるの。中辛でスパイスもきいてて美味しいよ! ラーメンとかスパゲッティもあって迷っちゃう!」

misscam_20191229_06.jpg▲バラエティカレー(温玉キーマカレー)350円(税込)

──キーマカレーにしたんだね。サラダもちゃんと食べてる!

「パスタサラダもあったけど、カロリー的にやめといた(笑)。もやしが好きだから、トッピングにあったらサラダに入れたかったなぁ。ミスコンの時には、もやし料理を晩御飯に毎日食べてたの。もやしときゅうりをごま油で和えて、サラダっぽく食べるのが多くて3キロのダイエット達成! 今はリバウンドしちゃったけど(苦笑)」

misscam_20191229_07.jpg
──普段、家で料理とかするんだ。

「実家暮らしでお母さんが美味しいご飯を作ってくれるから、実はほぼおまかせ(苦笑)。だって本当に料理が上手で、肉まんも小麦粉をこねて、皮から全部手作りで作ってくれるの! コンビニの中華まんも美味しいけど、全然肉汁とか食べ応えが違うと思う」


「自分でよく作るのは、納豆とアボカドの組み合わせとか。普段、納豆を食べるときは必ずアボカドを入れてご飯にかけて一緒に食べるの! 身体にも良いし、ホントにオススメだよ」

機械オンチから"SNS女子"に成長


misscam_20191229_08.jpg
──SNSに中国っぽい衣装の写真をあげてたよね。

「北京に行った時にプロのカメラマンに撮ってもらったの! ミスコンの期間中には、SNSの投稿を頑張ってて、他にも色々な画像をアップしてたかも。でも私、機械オンチだから最初は何もできなくて。LINEをうつのだけでも精一杯だった(苦笑)。母親や友達に助けてもらいながらアプリをインストールして、やっとスタート地点に立てた感じ」

──そういえば、ミスコンに出ようと思ったきっかけって?

「最初は友達に『出なよ!』って言われてて、『無理無理!』って断ってたんだけど、ミスコンの運営の人に声をかけてもらってから、色々考えるようになったの。私、大学の3年間を適当に過ごしちゃったから、『これを大学の間に頑張った!』と言えるようになりたいと思って」

misscam_20191229_09.jpg▲中村さんのTwitterより休み時間の風景

──Twitterでかなりリプ(返信)頑張ってたね!

「最初から、フォローしてくれた人のコメントには絶対返そうと決めてて。会話が途切れるまで、リプするようにしてたかも。(ミスコン期間の)終盤にはみんなコメントしてくれるようになったから、大変だったけど嬉しかったなぁ。でも、ちょっとやり過ぎの日もあって、携帯を触っていた時間が12時間を超える日もあった(笑)」

misscam_20191229_10.jpg▲中村さんのTwitter投稿より

──ミスコンの企画で、来場者に告白する企画もあったけど、どんな告白をしたの?

※客席から選ばれた男性来場者に、ミスキャンパス自らが考えたシチュエーションとセリフで告白する。最も良かった告白内容を、その来場者が決定。

「私が考えたシチュエーションは、こんな感じ」

1.何回目かのデート後に一緒に帰っていて、バイバイしてからお互いに歩き出す。
2.その後で「○○くん待って!」って私が追いかける。
3.「バイバイしたばっかりなのに、もう会いたくなっちゃった」と告白

「今から思うと、めちゃくちゃ恥ずかしいよね(照笑)」

──その告白は選ばれたの?

「残念ながら(笑)。ちょっとあざとい感じだったからかも......。Twitterでも、少しやりすぎの投稿もあったから、今見るとホントに恥ずかしい!」

misscam_20191229_11.jpg
【プロフィール】
中村安李紗
日本大学文理学部中国語中国文化学科3年
日本大学文理学部ミスコン2019 準グランプリ
神奈川県出身
身長150.0cm
キュンとするのは「くしゃっとした笑顔」

Twitter
Instagram

【取材協力】
日本大学 文理学部
住所:東京都世田谷区桜上水3丁目25−40
電話番号: 03-5317-9677

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧