• #
  • トップ
  • ライフ
  • ミレーの名画「種をまく人」が実は2枚存在している!?3つの謎...

ミレーの名画「種をまく人」が実は2枚存在している!?3つの謎をひも解きながら真実に迫る!:美の巨人たち

ライフ

テレ東

2017.11.17 美の巨人たち

美の巨人たち 同じ絵が2枚!?ミレー『種をまく人』が世界で愛される理由
放送日時:2017年11月18日(土)22:00~22:30


山梨県立美術館にある名画が、実はボストン美術館にも!なぜ2枚存在する?農夫を描いただけの絵がなぜパリで大論争を巻き起こした?ミレーが蒔いた"新しい種"とは?


binokyojinn_1117_01.jpg


バルビゾン派の代表ジャン=フランソワ・ミレーは、1850年、パリ政府主催のサロンに出品して見事入選。ミレーの出世のきっかけとなりました。その作品が『種をまく人』。『落穂拾い』『晩鐘』と共にミレーを代表する、あまりにも有名な世界的名画です。ところがこの名画の入選は、パリを二分するほどの波乱を巻き起こしたというのです。農夫を巡るある大論争を...。


そんな物議を醸した『種をまく人』は、実は山梨県立美術館とボストン美術館に所蔵されています。そう...2枚存在するのです。タッチがまるで違うのですが、なぜ同じ絵が存在するのでしょうか?サロン出品作は一体どっち?


描かれているのは、冬を間近に控えた夕暮れ迫る大地を舞台に、種をまく農夫たち。発表されたのは、ミレー一家がバルビゾンに移り住んですぐの頃。よく見ると背景が斜面になっています。しかしバルビゾンは真っ平らな土地。つまりこの農村風景はバルビゾンではないのです。ミレーはどこを描いたのでしょうか?


3つの謎をひも解きながら、名画が語りかけるミレーの真実に迫ります。それらを知れば、彼が世界中で愛される理由がわかるはず


【ナレーター】
小林薫、神田沙也加


【ホームページ】
https://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/


※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

美の巨人たち

美の巨人たち

毎回1枚の絵(時に彫像や建築物)にスポットを当て、そこに秘められたドラマや謎を探る美術エンターテインメント番組。

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧