• #
  • トップ
  • ライフ
  • ギリシャの元重量挙げ選手が日本のバーベルメーカーに就職!:ワ...

ギリシャの元重量挙げ選手が日本のバーベルメーカーに就職!:ワタシが日本に住む理由

ライフ

BSテレ東

2018.4.1 ワタシが日本に住む理由

「日本に住む」ことを選んだ外国人にスポットをあてる「ワタシが日本に住む理由」(毎週月21:00~)。伝統文化や伝統工芸、四季折々の光景、和食の味、日本人の性格など、日本人が気づかないニッポンの魅力を、彼らの生活ぶりとあわせて紹介します。


3月26日(月)放送に登場したのは、日本在住9年のアナスタシオス・パッパスさん。ギリシャ出身で元重量挙げ選手だったパッパスさんは、墨田区にある世界最高水準のバーベルを作る「ウエサカ ティー・イー」で働いています。


nipponsumu_20180401_01.jpg



アテネ五輪が引き寄せた日本との縁


パッパスさんが10代の頃に触れた日本文化はアニメ「伊賀野カバ丸」。主人公が大きな口で焼きそばを食べるシーンがお気に入りで、日本のイメージは「焼きそばと忍者」だったとか。学生時代に重量挙げの道に進んだパッパスさんは、ギリシャ国内の選手権にも出場。18歳で3位、20歳で2位という好成績を収めました。


nipponsumu_20180401_02.jpg


ホテルに就職した後、パッパスさんは英語を勉強するつもりでしたが、アメリカにいる親戚から「これからは日本語を勉強するといい」「世界には日本語を話せる人が少ないから新しい仕事にも繋がるかもしれない」というアドバイスが。仕事の面で役に立つことはもちろん、"アニメ「伊賀野カバ丸」を日本語で見てみたい"という思いも手伝って、パッパスさんは日本語習得を目指し始めます。


ちょうどその頃、ギリシャでは2004年にアテネ五輪が開催され、パッパスさんは重量挙げのボランティアスタッフとして働くことに。その時に作業のお手伝いをした相手が、現在パッパスさんが働いているウエサカの社長だったのです。


同じく2004年には、後に妻となる美紀さんともインターネットを通じて交際をスタート。お互いの国を行き来しながら遠距離恋愛を続けて2009年に結婚し、パッパスさんは日本に住むことを決意しました。結婚後、パッパスさんのもとにウエサカの社長から「うちで働いてみないか」というお誘いの電話が。アテネ五輪での出会いをきっかけに、パッパスさんにとっては願ってもないチャンスが舞い込みました。


nipponsumu_20180401_03.jpg



昔気質の職人とともに下町で働く日々


現在、パッパスさんが働いているバーベルメーカー「ウエサカ ティー・イー」は、世界中でたった5社しかない国際ウエイトリフティング連盟の公認メーカー。重量の誤差はわずか0.03グラム以下、重りを繋ぐバーのゆがみは0.03ミリ以下、そして画期的な「2ピースセンターパーツ方式」などの技術力を誇ります。


製品の組み立てや梱包、海外向けの営業なども任されているパッパスさんは、東京の下町で職人たちとともに毎日を過ごしています。昔気質の職人は気難しそうなイメージもありますが「仕事をちゃんとやっていれば認めてもらえて仲良くなれる」とパッパスさん。職場の工場長も「昔の日本人みたい」「思いやりがあって、ほかの人のことも考えてくれる」とパッパスさんの人柄を表現します。


nipponsumu_20180401_04.jpg


また、妻の美紀さんと過ごす自宅では、庭でバーベキューを楽しむ良き夫の一面も。「家族を大事にしてくれる」というパッパスさんの人間性が結婚の決め手になったという美紀さん。パッパスさんは好きな漢字として「家」を挙げ、「家族を大事にしないのはダメな男」と笑顔で語っていました。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

ワタシが日本に住む理由

ワタシが日本に住む理由

はるばる海外から日本にやってきて、日本で職を持ち、生活をしている外国人たちの「日本に住むと決めた理由」とは?毎回、一人の外国人が登場。外国人から見た日本の良さ、そして、私たちの知らなかった日本を再発見する番組です。

放送日時:BSジャパン 毎週月曜 夜9時放送 

出演者

高橋克典、繁田美貴アナウンサー

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧