• #
  • トップ
  • ライフ
  • ロンドン出身の木版画職人が見つけた東京"浅草"の魅力

ロンドン出身の木版画職人が見つけた東京”浅草”の魅力

ライフ

BSテレ東

2018.9.23 ワタシが日本に住む理由

nipponsumu_20180923_01.jpg


「日本に住む」ことを選んだ外国人にスポットをあてる「ワタシが日本に住む理由」(毎週月曜夜9時~)。伝統文化や伝統工芸、四季折々の光景、和食の味、日本人の性格など、日本人が気づかないニッポンの魅力を、彼らの生活ぶりとあわせて紹介します。


9月17日(月)の放送では、イギリス・ロンドン出身のデービット・ブルさん(66歳)の暮らしぶりを追いかけました。フルート奏者を目指していたデービットさんの運命を変えたのは、街でたまたま見かけた日本の木版画。その魅力に衝撃を受けて木版画職人の道へ進み、1986年に日本移住を決意。今では日本在住32年となり、4年前には念願の浅草に自分の店を開きました。


東京の下町・浅草で腕を振るうデービットさんが、日本の"いいところ"を人情たっぷりに紹介してくれました!



浅草の商店街を彩るシャッターアート


nipponsumu_20180923_02.jpg


「素晴らしい歌舞伎の絵柄。すごく丁寧に描かれてるし、Wonderful!」とデービットさん。浅草寺境内にある像でも有名な九代目市川團十郎の「暫」を描いたシャッターの前で「有名な團十郎のシーンですよ。英語で『暫』...Wait a Minute!」(デービットさん・以下同)



木版画


nipponsumu_20180923_03.jpg


「Japanese Woodblock Prints」=日本の木版画との出会いは、トロントでふらりと立ち寄った街のギャラリー。「(当時は)歌川広重も葛飾北斎もわからなかった。でもその時、頭の中に(木版画職人の)"タネ"が入ったんですよ」と衝撃を語るデービットさん。その後、見よう見まねでカッターナイフで彫ったという作品も見事!



源氏絵巻


nipponsumu_20180923_04.jpg


30歳だった1981年、3ヶ月の予定で初来日。またもや偶然、運命に導かれるようにデパートのギャラリーで木版画と再会。「源氏絵巻を題材にしたその作品の美しさは「Unbelievable! トロントで見た時と同じくらいの経験」だったとか。



葛飾北斎の墓


nipponsumu_20180923_05.jpg


「時々、挨拶します」という北斎の墓には特別な思いがあるというデービットさん。浅草に店を構える直前、開業資金が不足。その時手がけていたのは、北斎の「冨嶽三十六景」の中でも人気の高い「波裏」という作品でしたが「彫刻刀が何回も欠けたことがあったし、板が曲がったり紙が変になったり」とトラブル続き。苦しんでいたデービットさんは、スタッフに勧められて北斎の墓参りへ出向くことに。北斎が大好物だったという大福を手土産に「ありがとうございます」と墓前で北斎に語りかけると、それからというもの「仕事はスムーズになった」そうです。デービットさんは「(北斎は)私の仕事のルーツ」「You must remember your roots.(ルーツを忘れてはいけない)」と力を込めます。



版木職人との絆


nipponsumu_20180923_06.jpg


デービットさんがお世話になった版木職人の島野愼太郎さんはすでに他界。外国人のデービットさんが日本の木版画に打ち込む姿に感銘を受けていた島野さんは、惜しむことなくデービットさんに協力。島野さんの版木を使って10年がかりで百人一首を彫っていましたが、完成目前で島野さんは帰らぬ人に。奥様の洋美さんはデービットさんに向けて「ここまで出来たこと、お父さん生きてたら喜ぶわよ」と顔をほころばせます。



味噌汁


nipponsumu_20180923_07.jpg


週一で通ういきつけの店は、おみそ汁専門店「MISOJYU」。「(メニューの)トップから順番でThis week,This week,This week...。全部食べたいんです!」



浅草六区


nipponsumu_20180923_08.jpg


デービットさんが店を構えているのは浅草六区。顔なじみでもある六区通り会会長の河野通夫さんから「六区を頼みますよ!」と檄を飛ばされつつ、がっちり握手。



浅草に開いた店「木版館」


nipponsumu_20180923_09.jpg


2階は4年前にオープン、1階部分は2ヶ月前に出来たばかりで、その内装は「僕とスタッフといっしょに全部手作りです」とのこと。店内にはデービットさんの彫った作品が100種類以上並んでいます。海外からの注文も多く、現在300人待ちの大人気!



和紙


nipponsumu_20180923_10.jpg


「日本の和紙はすごく丈夫で厚みがある。摺った力で(押された箇所が)薄くなります。摺った部分が平らになって、残った和紙が立体的になるから(凹凸を指さしながら)本当に雪みたいでしょ?」


デービットさんが好きな日本...いかがでしたか。「ワタシが日本に住む理由」では、これからも外国人の目から見た"ニッポンの魅力"をたくさん紹介していきます。

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

ワタシが日本に住む理由

ワタシが日本に住む理由

はるばる海外から日本にやってきて、日本で職を持ち、生活をしている外国人たちの「日本に住むと決めた理由」とは?毎回、一人の外国人が登場。外国人から見た日本の良さ、そして、私たちの知らなかった日本を再発見する番組です。

放送日時:BSジャパン 毎週月曜 夜9時放送 

出演者

高橋克典、繁田美貴アナウンサー

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧