• #
  • トップ
  • ライフ
  • 83歳の若手芸人「めいどのみやげ」ティーチャが長生きできるワ...

83歳の若手芸人「めいどのみやげ」ティーチャが長生きできるワケとは?

ライフ

テレ東プラス

2018.9.28

nenkinchan_20180928_01.jpg


御年83歳のティーチャ(ピン芸人では"年金ちゃん")。教員を定年退職後、2008年に実の娘であるサッチィーと「めいどのみやげ」というコンビを結成。現在、芸歴10年目の"若手芸人"です。


「やりたいと思ったことはトライしてみる!」と挑戦を恐れないティーチャはエネルギーがみなぎっています。なんでそんなに若々しいの? ティーチャに若さの理由と原動力を伺いしました。横にはもちろん相方のサッチィーがいます!



いつもゼロからスタート。年下の雑用をした過去も


nenkinchan_20180928_02.jpg


――現在83歳の"若手芸人"ティーチャさん。アドバイスをくれたクック井上さんらはお笑いの世界では先輩ですが、人生で考えればずっと年下ですよね。"年下先輩"からのアドバイスに耳を傾けるというのは難しくありませんでしたか?


ティーチャ「抵抗は全くありませんでしたよ。だって、ゼロから始めていますから。26歳で劇団に入った時も年下の先輩のために雑用をしていましたし、教員になったのも一般的には遅い歳でした。私はいつも、年下の先輩方に育てていただいてきたんです」


――年下の先輩方と飲みに行ったりもするそうですね?


ティーチャ「はい。とても楽しいですよ。飲み会は元気がもらえます。たとえば敬老の日は、午前中に舞台に出て打ち上げに出て、一度家に帰って、夜中12時半に大宮で集まって朝5時まで飲んでいました」


サッチィー「先輩がいじってくれるんです。たまにふざけて叩くふりをしたりして」


ティーチャ「そうそう。ツッコんでくださったら、みなさんが忘れたころに『イテっ』っていうのがお決まりです。駆け出しのころは始発まで一緒に飲んでいました。さすがに80代になってからは、2時くらいになると『もう帰ったら?』と気を遣ってくださって。本当にありがたいです」



ネタ中膝が痛くてなかなか立ち上がれない。あれはリアルガチ


nenkinchan_20180928_03.jpg


――「めいどのみやげ」の主なネタは世代間ギャップと戦争ネタです。ティーチャさんとサッチィーさん、どちらがネタを書く担当なのでしょうか?


ティーチャ「サッチィーがネタを書いて、そこに私の思い出話を加えています。浅草のような年配のお客さんが多い場所では、進駐軍や防空壕の話を出すと必ず笑いが取れます」


――ネタ覚えは大変ではありませんか?


ティーチャ「覚えられるのは覚えられるんです。でもね、この歳になると『出てこない』んですよ。『忘れる』と『出てこない』は違うんですよね。舞台の上でセリフを忘れてしまった時はアドリブで乗り切っています。これは大映の時、筋書だけで演技をしていた経験が生きています。


――お話をしていても頭の回転もよく、とってもお元気でいらっしゃいます。老いを感じることはあまりないのでは?


ティーチャ「いやいや、最近膝がガクッと悪くなりまして。階段も上るときはいいのですが降りるときが少し怖くてね。一つ間違えたら大けがをするので気を付けて歩いています。膝が痛くてなかなか立ち上がれない『ターミネーター』というネタがあるのですが、あれは"リアルガチ"です(笑)」


――腕につけているものは?


nenkinchan_20180928_04.jpg


ティーチャ「血圧計です。これと老眼鏡は舞台に上がときの必須アイテム。最近の平均血圧は、上が120で下が60。教員時代は下が70でした。芸人の時の方が健康です(笑)」


――膝のために何か飲んでいますか? グルコサミンとか。


ティーチャ「飲んでいません(きっぱり)」


サッチィー「ちょ、ちょっと! そこで飲んでいるって言えば何かCMいただけるかもよ?」


ティーチャ「ああ、そうか(笑)」


サッチィー「まあ、飲んでいないって言った方が、どんなCMでもできるから間口は広がるからね」



芋焼酎とお客さんの笑顔とストレスフリーな生活が元気の源


nenkinchan_20180928_05.jpg


――体力づくりはどのように?


ティーチャ「週に2回、ジムに通っています。5キロのダンベルで筋トレをするのと、5キロくらいの自転車こぎ。15分前漕ぎをして、5分逆回しに漕いで終わりです」


サッチィー「逆回しってなに? 初めて聞いたよ」


ティーチャ「ペダルを後ろに漕ぐんだよ。膝が痛くなるからクールダウンのためにね。思えばほかの人、誰もやってないなあ」


――それ、ネタになりそうですね。


サッチィー「そうですね。打ち上げにいってもこういう新鮮な驚きが多くて、それがネタにつながることもあるんですよ」


――元気の素は、ずばり?


ティーチャ「芋焼酎ですね(即答)。長生きの人はしょっちゅう飲んでいるでしょう?」


サッチィー「ここでは、『お笑い』とか『舞台』って言うんじゃないの?」


ティーチャ「あはは。そうか。芋焼酎は僕のガソリン。漫才でお客さんに笑ってもらうのが元気の源ですね。あとはストレスをためないこと。私はやりたいことを毎日やらせてもらっているのでストレスはそもそもありませんけどね。何歳になっても『やりたい』と思うことをやるのは大切ではないかと思います」


nenkinchan_20180928_06.jpg


――芸人としての目標を教えてください。


ティーチャ「『日曜チャップリン』(テレビ東京)にもう一度出たいです。2018年1月に出していただいたのですが、最近出演者のレベルが高くなってしまって...」


サッチィー「あとは『M-1グランプリ』ね。毎年挑戦させていただいていて3回戦まで行ったことがあるので、今年はそれ以上の成績を狙いたいです」


ティーチャ「そうだね。あとは『キングオブコント』も。審査員の松本人志さんに『挑戦者の最高年齢また更新!?』ってまた言ってもらいたいですね(笑)。まだまだ、やりたいことばかり。へこたれてはいられませんよ!」


nenkinchan_20180928_07.jpg


所属事務所のサンミュージック相澤社長(69歳)よりもひと回り以上も年上のティーチャ。


「この歳までやりたいことをやって、元気に頑張っている姿はステキですよね。私もティーチャに負けないように頑張ろうと思っているんですよ」と相澤社長も尊敬の眼差しを送るほど。


最後にいつまで芸人を続けますか?と聞くと「出来るだけ長く舞台に立ち続けたいです。落語は私くらいの歳の方も現役でバリバリやっていらっしゃるのですが、漫才は少ないんです。周りに迷惑かけない程度に頑張りたいですね」と現役続行を宣言。


若さの秘訣はへこたれない精神のようです。


【プロフィール】
めいどのみやげ
父・ティーチャと娘・サッチィーからなるお笑いコンビ。サンミュージックプロダクション所属。2008年結成。ピン芸人として父・ティーチャが「年金ちゃん」、娘・サッチィーが「娘のサッチィー」としてもそれぞれ活躍中。
公式ブログ:https://ameblo.jp/meidonomiyage/
公式Twitter:https://twitter.com/meidonomiyage3

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧