• #
  • トップ
  • ライフ
  • これだけはそろえよう! 「防災セット」最低限必要な15個

これだけはそろえよう! 「防災セット」最低限必要な15個

ライフ

テレ東

2018.10.21 なないろ日和!

近年、日本列島は地震や大雨による水害など自然災害に見舞われています。防災への意識が高まる中、本当に必要な防災グッズを用意していますか?


毎回さまざまな専門家がレギュラー出演中の生活情報番組「なないろ日和!」(毎週月~木 午前9時28分~放送中)から、防災アドバイザーの岡部梨恵子さんが登場。東日本大震災で住んでいた地域が液状化したことで「ライフラインが止まると大変」ということを実感し、防災に対する意識が変わったという岡部さん。防災のプロに「本当に必要な防災グッズ」を教えていただきました。


nanairo_20181021_01.jpg

※岡部さんのスマホには、ストラップ代わりにホイッスルが。緊急時に必要なホイッスル(左)や、スマホの充電池(右)は、スマホなど常に身につけているものに付けておくことが大事。



非常持ち出し袋はどんなものがよい?


nanairo_20181021_02.jpg


災害にあったとき避難所で最低限不便な思いをしないために用意する「非常持ち出し袋」。約3日分の必要なものを入れておきましょう。


【ポイント1】難燃性で夜には光るものを
「非常持ち出し袋は、燃えにくい"難燃性"のものを。夜には光るタイプのものがいいですね。
最近は背負うリュックタイプだけではなく、カートで引けるものもあります。カートの場合は、がれきの上でも壊れないようにタイヤは頑丈なものがオススメ」(岡部さん、以下同)


【ポイント2】重さは6kgまで
「重くて逃げる速度が遅くなってしまうのは本末転倒。遠くまで歩くことや女性が持つことも考えて6kgまでに抑えておきたいです」



最低限必要なものはこの15個!


nanairo_20181021_03.jpg


非常持ち出し袋に入れておくべきものは全部で15個。どれも軽くて小さいものを用意しましょう。


【生活用品】
ブランケット
「防寒はもちろん、避難所など人目のあるところで着替える際や、屋外で用を足さなければならない時に目隠しにも使えます。
見落としがちですが、大事なのは音がしないこと。シャカシャカ音がするものは、想像以上に気になります。避難所は様々な状況の方との共同生活になるので、周りの迷惑にならないようにしましょう」


レインスーツ&レインコート
「破れてしまっては意味がありません。100均などの安価なものではなく、厚手のものを用意しましょう」


軍手
「防水で滑り止めのある保護用グローブと、布製の軍手の2種類あると便利。保護用グローブは、がれきやガラスが突き刺さるのを防止してくれます」


マスク
「防塵マスクと通常のマスク、2種類必要です。土砂災害などの際、有害な農薬や化学薬品が混じった土やほこりは防塵マスクでしっかりと防ぎましょう。通常のマスクは、避難所で生活する際、病気の予防などに役立ちます」


ホイッスル
「ヘリコプターが上空にいても音が届くものを選びましょう。緊急の場合に使用するものですから、普段からしまっておくのではなく、身の回りに備えていなければ意味がありませんね。例えば、スマートフォンなど家の中でも外でもいつも持ち歩いているものにつけておくと便利です」


スマートフォンの充電器
「連絡、情報収取の要となるスマートフォン。手動で回すタイプ以外に電気や乾電池などで動くものがあるので、最新のものをチェックして用意しましょう」


アイマスク&耳栓
「夜中にトイレに行く人もいるため真っ暗にはならない避難所。十分な睡眠を確保するのが難しい中、これらがあると避難所生活のストレスが減ります」


【食糧】

「ペットボトルで1人1日最低2Lは欲しいところ。エコノミー症候群の予防や衛生面を確保するために必要です」


バランス栄養食
「周囲に配慮して、目立たず匂わず音がたたないものがオススメです。また、災害時は空腹に気づきにくくなってしまうので、飴などをなめて自分が空腹だということに気づかせるようにしましょう。避難はエネルギーを使います」


【衛生用品】
非常用トイレ
「値段で判断してはダメ。重要なのは、臭いが絶対に漏れないものを選ぶこと。便の臭い成分"スカトール"を封じ込められるものは少ないんですよ。そこでオススメしているのが、ストーマパウチなど医療用のフィルムでできている某メーカーさんのもの。防臭のビニール袋は、普段からペットのふんや生ごみの処理、汚れた下着を入れるなどに使うこともできます」


ラップ
「洗い物を出さないよう皿に敷いて使用するのはもちろん、洋服の上から巻くと防寒にもなり、怪我したときはガーゼの上から巻くと包帯代わりに、手が折れた場合はダンボールなどで固定して三角巾の代わりにもなります。また、引き出して引っ張ればロープ代わりにも使えます。
安いものは経年劣化してしまうので、長年使えるものにしましょう」


歯磨きシート&糸ようじ
「避難中はついダラダラと食べてしまいがちで、子供の虫歯が増えるという問題もあります。水を使わずにスッキリできるものを用意しましょう」


ウェットシート
「夏はもちろん冬でも皮膚を清潔に保たないと感染症を引き起こしてしまう可能性もあります。できるだけ清潔にしておきましょう」


綿棒
「手が不衛生なので目に何かが入ったときや薬を塗るときに便利。1本ずつ小分けになっているものをオススメします」


サプリ
「体力や免疫力が落ちているので、カプセルではなく吸収しやすい液体のものにしましょう。実は被災地のトイレ事情を調査すると、消化も吸収できずカプセルがままの状態で出てきてしまうのです。カプセルの場合は、中の粉末を液体に溶かしてから飲むと吸収しやすくなります」



これを元にオリジナルの防災セットを作ろう


上記の15個以外にも、家族構成や年齢、性別で必要になるものは異なってきます。


「最低限はセットになっているものを購入して、あとは自分が本当に必要なものを足してオリジナルの非常用持ち出し袋をつくっていきましょう。必要と思うなら同じものを2つ入れておくことも大事。最低限のものでいっぱいになっていてはダメなので、スペースに少し余裕があるものを購入しましょう」


「非常用持ち出し袋を買って満足してはダメ」と岡部さん。食品は賞味期限があるため定期的に再確認をしますが、そうれはないグッズは買ったらそのままということも多いです。
「防災グッズは進化を続けています。防災専門家のWebを見たり、休みの日には家族でホームセンターの防災グッズ売り場に出かけてチェックしたみたり、常にアンテナを張るようにしていきましょう」


取材協力:岡部梨恵子さん。防災アドバイザー。被災地の取材も行い、本当に必要なものや使ってオススメできるものを徹底調査。災害時の調理など独自のメソッドを確立し、全国で防災セミナーを開催。


オフィシャルHP http://okabekataduke.info/


岡部梨恵子さんも出演する「なないろ日和!」は、今後もあらゆる専門家が出演し、生活に役立つ情報をお届けしていきます。毎週月~木曜9時28分からのOAも要チェックです!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

なないろ日和!

なないろ日和!

薬丸裕英と香坂みゆきのMCでお送りする生活情報番組!ともにアイドル、そして今は良き父親、母親になっている両氏ならではのトークをリラックスしてお楽しみください!

放送日時:テレビ東京系列 毎週月曜~木曜 朝9時28分

出演者

薬丸裕英、香坂みゆき、山内乃理子 他

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧