• #
  • トップ
  • ライフ
  • 「連載Dの感謝」 76歳のニッポンの畳職人がリトアニアで畳を...

「連載Dの感謝」 76歳のニッポンの畳職人がリトアニアで畳を作る:世界!ニッポン行きたい人応援団

ライフ

テレ東

2018.11.18 世界!ニッポン行きたい人応援団

nipponikitai_D_20181119_01.jpg
ニッポンに行きたくてたまらない外国人を世界で大捜索! ニッポン愛がスゴすぎる外国人をご招待する「世界!ニッポン行きたい人応援団」(毎週月曜夜8時~)。毎回ニッポンを愛する外国人たちの熱い想いを紹介し、感動を巻き起こしています。

「テレ東プラス」編集部では、番組では放送しきれなかった"ほのぼの交流感動エピソード"を担当ディレクターに直撃する連載「Dの感謝」をお届けしています。

11月26日(月)夜6時55分放送の2時間スペシャルでは、新企画が登場。ご招待した外国人をお世話してきた日本人が海外まで会いに行く「あの人にもう一度会いたい!内緒で出張応援団!」がスタートします。第一弾は、日本家屋が大好きなリトアニア在住のバルダスさんが登場。バルダスさんが熊本でお世話になった「髙濵畳店」の畳職人・髙濵さんご家族が、リトアニアへ行き畳を製作します。

今回の「Dの感謝」では、前回のジョージアから帰国後すぐにリトアニアに飛びロケに同行した岡本光弘ディレクターに話を聞きました。

nipponikitai_D_20181119_02.jpg

リトアニアで美味しいとんこつ醤油とハンバーガー

――これまでニッポンにご招待した方と、ニッポンでお世話した方、帰国後も交流が続いていることも多いようですが、今回の新企画はどのような経緯で立ち上がったんですか?

「以前からこの企画の話はありましたが、外国人を受け入れてくださった日本人は高齢な方が多いので、海外へ行くのは躊躇されることもあって。今回ようやく実現しました」

――今回、リトアニアに行かれた髙濵さんのご家族は、76歳のお父さんが一度韓国へ行ったことあるだけで、お母さんも息子さんも海外へ行かれたことなかったですよね。

「海外へ行かれたことがないので、食事には気を使いました。現地の食事は美味しくても胃にもたれたりするので、なるべくお米を食べるようにしていました。日本人が経営する日本料理店が一軒あるのでそこに行ったり、中華料理を食べたりして、なるべく日本での食事に近いものを考えました。リトアニア語の通訳さんが北海道大学出身で、日本人の気持ちや生活習慣が分かる人で助かりました」

――76歳のお父さんは、バルダスさんとリトアニア料理のフルコースを食べていましたね。

「そうですね。こちらでもレトルトのおかゆなどを持参していたのですが、お父さんはホテルの朝食でもパンと目玉焼きを食べていました。本音はパン食はイヤだったみたいですが、『生きて行かなあかんから』と(笑)。たくましいです」

――リトアニアで食べて美味しかったものは何ですか?

「リトアニアにはアメリカ文化が入ってきているので、すごく美味しいハンバーガー店に連れて行ってもらいました。バンズも店で焼いていて、パテも本気! アメリカで食べるより美味しかった(笑)。リトアニア人がやっているラーメン店も美味しかったです。日本に来てラーメンを食べ歩いたという店主が作ったとんこつ醤油ラーメンは、チャーシューも煮卵も手作り。日本とほぼ同じで驚きました」

nipponikitai_D_20181119_03.jpg

ニッポンの畳職人がリトアニアで畳を縫う!

――畳を作る際は、リトアニアでは畳床を探すのが大変そうでしたね。

「コルクがあると聞いていたのですが、まさかあんなに薄いコルクしかないとは...。あの薄さだと4、5枚重ねるしかないと話していましたが、それでは強度がなくなる。ようやく見つけた木屑の板は、クッション性もあり、強度もあり、なんとか畳が出来ました」

――バルダスさんの印象はどうでしたか?

「非常にマイペースな人ですね。畳床の材料を買うときも、彼だけは『なんとかなるだろう』と構えていました。髙濵さんが焦りだしてから、やっと焦り始めていましたね」

――バルダスさんの家は、敷地があまりにも大きくて、池までありましたよね?

「あの辺はもうタダみたいな土地の値段だから(笑)。池はユンボを借りて自分で掘って作ったそうです。手先が器用で、物を作るのが大好きなんですよ」

――畳を作る際、畳職人の髙濵さんが針で縫って作業していたのも印象的でした。

「畳店も今はみんな機械化されていますが、神社仏閣を手がけている方は特殊な形状の畳に対応するため手縫い仕上げが出来るんです。髙濵さんも神社仏閣をやっていらっしゃるので、その技術があります。
庭での作業だったので、天気が良くて助かりました。僕らが行った時は、たまたま異常気象だったんですよ。とはいえ髙濵さんが坐骨神経痛持ちなので、無理はできない。お昼を挟んで4時間ぐらいの作業が限度でしたね」

――今後も「出張応援団」はありますか?

「やりたいですね。同じ日に放送するメキシコから来たご夫婦を受け入れてくださった、大衆食堂のご家族はいいんじゃないですかね。80歳台の方ですが、女性は強いから、メキシコにも行けると思います。
また、出張ではないですが、メロンパンを愛するジョージアのギオルギさんの日本移住計画が本格的になったら、またジョージアへ行くかもしれません。今、ギオルギさんの奥さんが日本語の勉強中らしいですよ」

11月26日(月)放送の新企画「あの人にもう一度会いたい!内緒で出張応援団!」では、ニッポンの畳職人がリトアニアへ。どんな畳が出来たのでしょうか? また、メキシコで日本食の大衆食堂を営むカップルをご招待。岐阜・八百津にある昭和8年創業の大衆食堂を訪れ、店の名物メニュー"パーコー"の作り方を特別に教えてもらいます。こちらの同行ディレクター取材「Dの感謝」は、来週11月25日(日)公開!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

世界!ニッポン行きたい人応援団

世界!ニッポン行きたい人応援団

世界で「ニッポンに行きたくて行きたくてたまらない」と願う外国人を探し出し、彼らの熱い想いを取材。彼らの夢~日本で●●したい~を応援するためご招待しようというのが、この番組。彼らが日本でどんな夢を叶えるのか?

放送日時:テレビ東京系列 毎週月曜 夜8時放送

出演者

織田信成、高橋茂雄、眞鍋かをり

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧