• #
  • トップ
  • ライフ
  • 襖の湿度調整・空気清浄機能の秘密は7枚の和紙:世界!ニッポン...

襖の湿度調整・空気清浄機能の秘密は7枚の和紙:世界!ニッポン行きたい人応援団

ライフ

テレ東

2018.12.24 世界!ニッポン行きたい人応援団

ニッポン愛がスゴすぎる外国人をご招待する「世界!ニッポン行きたい人応援団」(毎週月曜日夜8時~)。今回は、日本建築独特の襖、欄間をこよなく愛するフランスの職人がニッポンへ!

nipponikitai_20181224_01.jpg

襖職人が見せる伝統の手法に感動

nipponikitai_20181224_02.jpg
《今回ニッポンにご招待するのはこの人》
フランス・ストラスブールに住む建具職人のアランさん。

8年前、和室を作ってほしいと依頼され、日本の建築に関する資料や本を集めたところ、日本建築独特の「襖」と「欄間」の美しさに一目惚れ! あまりのカッコよさに、寝る時も枕元に本を置いて寝ているほど。

今は本来の作り方ではない方法で襖を作っているため、「本物の技術を学びたい!」ということでご招待。

nipponikitai_20181224_03.jpg
《正伝寺で約400年前の襖に感激》
まずは、約730年以上前に建立された京都・西賀茂にある「正伝寺」。約400年前、徳川家康の命で絵師・狩野山楽が描いた「襖」を見たアランさんは、あまりの凄さに感動。400年朽ちないわけは、和紙の圧倒的な耐久性に秘密があるのだそう。

nipponikitai_20181224_04.jpg
《「襖」作りを学ぶ》
その秘密に触れるべく、東京・大田区蒲田で37年間襖を作っている表具師・春原敏雄さんの元へ。黄綬褒章も受賞した技を見せてもらいます。

襖は、5人の職人が「骨組み」「引手」「襖紙を描く」「枠に漆を塗る」「和紙の下張りと仕上げ」という専門技術を合わせて作るもの。この「下張り」にこそ、「襖」が持つ湿度調整や空気清浄の機能を生む最大の秘密があるのだそう。

まずは、和紙張りに欠かせない、小麦粉からデンプン成分だけを抽出した変色しにくい「生麩のり」を使い、100年以上前の強度抜群の古紙を張る「骨しばり」を。次に、透けるのを防ぐ希少な和紙「名塩間似合紙(なじおまにあいがみ)」を張ります。この和紙こそが、アランさんが追い求めていたものでした!

続いて「蓑張り」。日本の風土に合わせ、のりを全体に塗らずに和紙を蓑のように浮かせて空気の通り道を作ることで、通気性などを良くします。

nipponikitai_20181224_05.jpg
2日目は、さらに和紙を重ねて張り、余分な部分を切り取る作業を行います。こうして7枚もの和紙を重ねることが、「襖」の持つ湿度調整機能や空気清浄機能の秘密なのです。

そして最後に襖紙と引手、漆塗りの枠をつけ、美しい襖が完成しました!

最高峰の彫刻師から学ぶ「欄間」驚きの技

nipponikitai_20181224_06.jpg
《「欄間」作りを学ぶ》
続いては、井波彫刻で有名な富山県南砺市の井波へ。江戸時代より木彫りが盛んで、今でも300人以上の彫刻師がいる町。ここで、名古屋城本丸御殿の復元工事の際、豪華な「欄間」を制作した伝統工芸士の岩倉雅美さんから技術を学びます。

nipponikitai_20181224_07.jpg
《見上げてこそ美しい!透かし深彫りの両面彫り》
2000年の歴史を持つ「越中一宮 高瀬神社」で、岩倉さんが27年前に作った「欄間」を見せてもらうことに。「欄間は正座して見る」という岩倉さんの教えに従ったアランさんは、「座って見ると、奥行きが出て華やかになります」と納得。立体的な井波欄間の真骨頂は、"座って見上げた時の美しさ"なのだそう。

nipponikitai_20181224_08.jpg
《彫刻の表と裏》
「欄間」作りは、まず納められる土地を取材して写真やスケッチにし、それを元に奥行きのイメージも描き込みながら墨絵で何枚か清書をします。彫る技術も大切ですが、実はこの図案を描くのが最重要部分。

表側の工程に対し、「裏側はどうやって彫るんですか?」とアランさんが聞くと、「裏に関しては、作者のアドリブで彫っていきます」と岩倉さん。取材から得たインスピレーションだけで彫る、という事実にアランさんはただ驚くばかり。井波欄間は、計算された表側と、職人の感性の裏側、そんな2つの作品を堪能できる芸術の極みなのです。

nipponikitai_20181224_09.jpg
《200本の彫刻刀を使い分け》
そしていよいよ彫り。岩倉さんは、長さや大きさの異なる彫刻刀を200本以上も使い分けて彫っているのだそう。長年の技術で素早く進む粗彫りに見とれていると、アランさんも特別に挑戦させてもらうことができました。

nipponikitai_20181224_10.jpg
翌日、別件で仕上げ作業中の「欄間」を、見せていただきました。粗彫りを終えるのに1年かかり、仕上げ作業には3ヵ月かかるそうです。

nipponikitai_20181224_11.jpg
別れ際、アランさんは、岩倉さんから憧れの作務衣をいただきました。

「襖や欄間を作る職人さんに、技術だけでなく伝統を守る情熱も教えてもらいました」と語るアランさん。フランスに帰っても、素晴らしい襖を作り続け、ニッポンで学んだ貴重な伝統技術を広く伝えていってくださいね。アランさん、またの来日をお待ちしています!

アルゼンチンからニッポンへ初めての里帰り

nipponikitai_20181224_12.jpg
次回12月24日(月)夜6時55分から放送の3時間スペシャルでは、日本へ帰国したい日系人を追う「ニッポン里帰り応援団」。アルゼンチンでニッポンに一度も帰っていない日系人を捜索し、初の里帰りを応援! 一度もあった事のない父親違いの姉と念願の初対面に感動。また、メキシコで大衆食堂を営む男女の続編も。今回は東京・清瀬の開店と同時にすぐに混雑する大衆食堂で、切り盛りを学ぶ。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

世界!ニッポン行きたい人応援団

世界!ニッポン行きたい人応援団

世界で「ニッポンに行きたくて行きたくてたまらない」と願う外国人を探し出し、彼らの熱い想いを取材。彼らの夢~日本で●●したい~を応援するためご招待しようというのが、この番組。彼らが日本でどんな夢を叶えるのか?

放送日時:テレビ東京系列 毎週月曜 夜8時放送

出演者

織田信成、高橋茂雄、眞鍋かをり

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧