• #
  • トップ
  • ライフ
  • アンチエイジングに効果アリ? 飛騨高山が誇るスーパーフード:...

アンチエイジングに効果アリ? 飛騨高山が誇るスーパーフード:昼めし旅~あなたのご飯見せてください

ライフ

テレ東

2019.1.26 昼めし旅~あなたのご飯見せてください~

ニッポンの「リアルなご飯」にスポットをあて、「あなたのご飯見せて下さい」を合言葉に、リポーターが旅を敢行する「昼めし旅」(毎週月~金曜 昼11時40分)。その土地ならではのお昼ご飯や人気店、魅力的なご飯を紹介します。

hirumesi_20190126_01.jpg
1月18日(金)の放送は、岐阜県高山市で昼めし旅。高山は江戸時代高山城の城下町の中心として栄え、今でも古い町並みが残り"飛騨の小京都"とも呼ばれています。その高山が今話題のスーパーフードの名産地として注目を集めているのをご存知でしょうか? いったいどんなスーパーフードなのか...お笑い芸人のキンタロー。さんがご飯調査します。

豪華!飛騨牛のまかないビビンバ丼

町を歩いていたキンタロー。さんは、早速さんまち通り沿いの商店で、高山のスーパーフード「あぶらえ」の情報をゲット。あぶらえとはエゴマのこと。エゴマは血中の中性脂肪を下げ、生活習慣病の予防や美肌効果があると期待されています。飛騨地方では、身の部分から「油」が取れる「エ」ゴマ、ということで、略して「あぶらえ」と呼ばれています。

hirumesi_20190126_02.jpeg
フライパンで炒ってからすると、さらに油が出るとか。すればするほどおいしいそう。
さらに町を歩いて調査してみると、「あぶらえ五平餅」と書いてある看板を発見!

hirumesi_20190126_03.jpeg
あぶらえに砂糖と醤油を混ぜた特製のタレを五平餅に塗って焼きます。高山では昔から食べられていた家庭の味。

引き続きご飯調査をするために、飛騨牛にぎり寿司のお店「坂口屋」へ。社長の坂口竜也さんに、まかないを見せてもらえることに。

hirumesi_20190126_04.jpeg
まかないの前に、お店の名物飛騨牛のにぎり寿司もご馳走になりました。

hirumesi_20190126_05.jpeg
本日のまかないは、にぎり寿司のあまりの飛騨牛を使ったビビンバ。丼ぶりにごはんをよそい、温泉卵と飛騨牛、千切りにしたニンジン、ほうれんそう、もやしのナムル、海苔をのせたら完成。

キンタロー。さんもいただきます。ひと口食べて「お肉がもう、ビビンバの肉じゃない(笑)。おいしい!」と大絶賛!

「坂口屋」は明治23年から続くお店で、竜也さんは五代目。以前は旅館でしたが、甘味処を始めたところ好評で、旅館を辞めて食事一本に力を入れることになったそう。
これからも、老舗の味を守っていってくださいね!

エゴマ油専門店のエゴマだらけ晩ご飯!

エゴマを求めて引き続きご飯調査すると、「飛騨えごま本舗」という看板を発見。中に入ってみると、エゴマの搾油所でした。

hirumesi_20190126_06.jpeg
通販専門であるこちらのお店のこだわりは、一番搾りのみを使うこと。昨年のエゴマブームから注文が殺到し、現在は2週間待ちだそう。厳選されたエゴマ油の値段は、1本(100g)2900円(税込み)です。

できたてのエゴマ油をいただいたところで、お店の高橋敏成さんに、早速例のお願いを...。

「あなたのご飯、見せてくださ~い」

奥様の雪絵さんに了承を得て、交渉成立!

hirumesi_20190126_07.jpeg
奥様とご両親は高山市内で民宿を経営しています。

hirumesi_20190126_08.jpeg
早速台所から良い匂い。生のエゴマを炒って、すり鉢でするところからスタートです。しばらくすっているとペースト状に。そこへ醤油と三温糖とみりんを加えてさらにすります。

hirumesi_20190126_09.jpeg
すり続けること5分、茹でたじゃがいもを和えて完成! こちらは民宿の定番料理だそう。

hirumesi_20190126_10.jpeg
作り置きのエゴマペーストを五平餅に塗ってもう一品。トースターで1分焼いたら出来上がりです。

続いて、「漬け物ステーキ」を作るとのこと。漬け物ステーキとは、冬場凍った漬け物を食べるために始まった飛騨高山地方の郷土料理。

hirumesi_20190126_11.jpeg
1.フライパンを火にかけてオリーブオイルを投入。エゴマ油は火を通すと栄養素が壊れてしまうので、火を使うときはオリーブオイルと使い分けているそう。
2.豚バラ肉を焼き、火が通ってきたら白菜の切り漬けを入れて炒める。
3.溶き卵を回し入れて完成。

hirumesi_20190126_12.jpeg
こちらが高橋家の晩ご飯。

hirumesi_20190126_13.jpeg
ダイコンとさつま揚げの煮物や、「こも豆腐」という飛騨地方の郷土料理も並びました。

漬け物ステーキをいただいたキンタロー。さんは、「豚肉の甘みで漬物の酸味が和らいでおいしい」とコメント。民宿の若い女性客に好評というじゃがいものエゴマ和えも、舌触りがなめらかで美味だそう。

hirumesi_20190126_14.jpeg
さらに、ヨーグルトに自家製のブルーベリーをのせて、ここにもエゴマ油を! ヨーグルトの酸味がまろやかになるようです。

「エゴマはソウルフード」だと語る高橋さん。「飛騨の良質なエゴマをもっと知ってほしい」という思いから「飛騨えごま本舗」を設立しました。これからもおいしいエゴマを作り続けてくださいね!

「テレ東プラス」では、毎週1回、「昼めし旅」から学べるまかない飯を紹介していきます。ルーティーンばかりで昼飯、夕飯に悩んだら...ぜひ一度、「昼めし旅」をのぞいて見てくださいね。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

昼めし旅~あなたのご飯見せてください~

昼めし旅~あなたのご飯見せてください~

ニッポンの「リアルなご飯」にスポットをあて、「あなたのご飯見せて下さい」を合い言葉に「昼めし旅」を敢行!「ご飯」を通してのそこに住む人の人生や物語(ドラマ)を描いてゆきます。

放送日時:テレビ東京系列 毎週月曜~金曜 午前11時40分

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧