• #
  • トップ
  • ライフ
  • 塩マグロにローストビーフ!鮮魚店&精肉店の絶品まかない:昼め...

塩マグロにローストビーフ!鮮魚店&精肉店の絶品まかない:昼めし旅~あなたのご飯見せてください

ライフ

テレ東

2019.2.13 昼めし旅~あなたのご飯見せてください~

hirumesi_20190210_01.jpeg
ニッポンの「リアルなご飯」にスポットをあて、「あなたのご飯見せて下さい」を合言葉にリポーターが旅を敢行する「昼めし旅」(毎週月~金曜 昼11時40分)。その土地ならではのお昼ご飯や人気店、魅力的なご飯を紹介します。

hirumesi_20190210_02.jpg
1月30日(水)の放送は、千葉県浦安市で昼めし旅。作家・山本周五郎「青べか物語」の舞台となった浦安は、昭和40年頃まで海苔の養殖やアサリ漁が盛んだった漁師町。現在も、地元・千葉産の海苔を扱うお店をはじめ、当時の面影が町の至るところに残っています。そんな浦安で、具志堅用高さんがご飯調査します。

鮮魚店ならではの絶品まかない!浦安巻き&塩マグロ

海苔の問屋や関西風うなぎの蒲焼のお店などでご飯調査をお願いするも、立て続けに交渉が失敗してしまった具志堅さん。

hirumesi_20190210_03.jpeg
ふと見つけた魚屋さんに入ると、店主の森田釣竿さん・典子さんご夫婦が出迎えてくれました。「鮮魚 泉銀」は、全国各地の知り合いの漁師さんから鮮度抜群の旬の魚を直接仕入れているという昔ながらのこだわりの魚屋さん。具志堅さんも石垣島でお母さまが魚屋を営んでいたことを話し、大いに盛り上がったところで例のお願いを...。

「あなたのご飯、見せてくださ~い」

「簡単なものでよければ」と交渉成立! まずは、昨日残ってしまったマグロの赤身を取り出して一品。

hirumesi_20190210_04.jpeg
1.マグロの両面に塩を振ってなじませる。
2.10~15分くらい放置して水気が抜けてきたら塩を洗い流す。
3.水気をふき取り、食べやすい大きさに切ったら塩マグロの完成。

この塩マグロ、スーパーで値引きされていたり、色が変わっているマグロでやってもおいしくなるそう。

続いて、三番瀬海苔を使ってもう一品。

hirumesi_20190210_05.jpeg
1.海苔の上にご飯を乗せる。
2.鰹節と醤油を乗せて巻き、端をギュッとつぶしてご飯が落ちないようにすれば完成!

「忙しいときはこれ」と典子さん。昔の浦安の漁師さんなどが仕事中によく食べていた「浦安巻き」という巻物だとか。

hirumesi_20190210_06.jpeg
こちらが本日の泉銀のまかない。
ねっとりした食感の塩マグロに、ソウルフード・浦安巻き、さらに地元の名物であるアサリの佃煮など、いかにも漁師町らしい海の幸を生かした料理が並びました。

hirumesi_20190210_07.jpeg
浦安巻きは、シンプルだからこそ海苔がおいしくないとダメなのだそう。具志堅さんも「海苔がおいしい。鰹節と合うな~」と大満足。

hirumesi_20190210_08.jpeg
塩マグロは、すでに塩味がついているのでわさびだけでいただきます。
「口の中でとろける」と具志堅さん。これからも地域密着の魚屋さんをがんばってくださいね!

酢豚風あんかけご飯&黒毛和牛のローストビーフ

hirumesi_20190210_09.jpeg
続いて、「黒毛和牛」の文字に惹かれてお邪魔したのは「丸秀精肉店」。

hirumesi_20190210_10.jpeg
ご主人・増田豊則さんのおすすめは手作りのお惣菜だということで、具志堅さんはコロッケを購入。熱々つのコロッケをおいしくいただいたところで、早速例のお願いを...。

「あなたのご飯、見せてくださ~い」

無事に交渉成立! 営業中のため、順番にまかないを食べるそうです。

hirumesi_20190210_11.jpeg
1.豚バラ肉・豚もも肉・鶏もも肉という3種類の肉を塩で下茹でする。このひと手間でお肉がやわらかくなり、余分な脂と臭みが抜けておいしくなるそう。
2.1の肉を切ったニンジン・パプリカとともにフライパンで炒める。
3.野菜に火が通ったら、醤油・みりん・酢などで作った自家製のタレを絡めて炒める。
4.水溶き片栗粉でとろみをつけ、丼ぶりに盛ったごはんにかけたら酢豚風あんかけご飯の完成。

hirumesi_20190210_12.jpeg
さらに、お店で人気の黒毛和牛のローストビーフも並びます。

hirumesi_20190210_13.jpeg
こちらが本日の丸秀精肉店のまかない。
お肉をふんだんに使った、精肉店ならではの豪華なまかないです。

hirumesi_20190210_14.jpeg
カメノコという後ろ足の付け根部分の希少なお肉を使ったローストビーフは、何もつけずに食べてもおいしいそうで「やわらかい、甘い!」と具志堅さんも感動。

hirumesi_20190210_15.jpeg
酢豚風あんかけご飯もいただいた具志堅さん、「肉がやわらかくて、味が染みていておいしい」と目を細めます。

祖父の代から続く精肉店を、小学生のころには継ぐことを意識していたという増田さん。これからもおいしいお肉とお惣菜で地元を盛り上げてくださいね!

「テレ東プラス」では、毎週1回、「昼めし旅」から学べるまかない飯を紹介していきます。ルーティーンばかりで昼飯、夕飯に悩んだら...ぜひ一度、「昼めし旅」をのぞいて見てください。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

昼めし旅~あなたのご飯見せてください~

昼めし旅~あなたのご飯見せてください~

ニッポンの「リアルなご飯」にスポットをあて、「あなたのご飯見せて下さい」を合い言葉に「昼めし旅」を敢行!「ご飯」を通してのそこに住む人の人生や物語(ドラマ)を描いてゆきます。

放送日時:テレビ東京系列 毎週月曜~金曜 午前11時40分

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧