• #
  • トップ
  • ライフ
  • 江戸時代にも文春砲があった!? 江戸のおもしろウソホント

江戸時代にも文春砲があった!? 江戸のおもしろウソホント

ライフ

テレ東

2019.3.10 なないろ日和!

ウワサ好きは人間の性(さが)。実は、江戸時代にも文春砲があった!? 江戸時代の寿司は、コンビニのおにぎり感覚!? デリバリーやインスタント食品も充実!? さらに現代と同じく、江戸は男性の未婚率が高く独身者があふれていた!?

毎回さまざまな専門家がレギュラー出演中の生活情報番組「なないろ日和!」(毎週月~木 午前9時28分~放送中)から、今回は、"お江戸ル(お江戸のアイドル)"で歴史作家の 堀口茉純さんが登場。歴史の授業では教えてくれない「江戸のおもしろウソホノト」を紹介します!

nanairo_20190310_01.jpg

【江戸のウソホント1】江戸時代にも文春砲があった!?

将軍家のゴシップを書いた「三王外記」
「徳川綱吉、家宣、家継の三人の将軍を"三王"として、その時代の出来事を書いた『三王外記』という本がありました。内容は、"家臣の側室に手を出して子どもが生まれた"という将軍家のスキャンダル。こうしたゴシップが人々の興味になっているところは、まさに"文春砲"(笑)。昔から人は有名人のウワサ話が好きなんでしょうね」

【プラス1ポイント】
"江戸"と"平成"は似ている!
「江戸時代は平和で戦での死への危機感がなかったので、みんなのんびりしていました。だからこそ、娯楽が発達した時代。また、天災に見舞われることが多く、江戸は地震と火事が頻繁に起きていました。どこか"平成"と似ているかもしれませんね。平和だったからこそ、和食の原型となった食文化をはじめ、浮世絵や歌舞伎など、江戸のカルチャーが育ったのです」

【江戸のウソホント2】デリバリーやインスタント食品があった!?

nanairo_20190310_02.jpg
ご飯のおともはデリバリーで!
「江戸の武士たちはお給料を米でもらっていたので、必然的に江戸の町に米が集まってきました。日本各地で飢饉が起きていても、江戸では庶民でも白米が食べられたんです。男性は1日5合ぐらい食べていたそうです。

副菜は、家に来る行商から買っていました。今でいうデリバリーですね。江戸湾(東京湾)の新鮮な魚やお惣菜、お湯を入れるだけのお味噌汁もありました。江戸では納豆汁が人気で、ワカメのお味噌汁にひきわり納豆を入れて食べていたそうです」

寿司はコンビニのおにぎり感覚
「今では高級なイメージのお寿司、天ぷら、うなぎは屋台で食べられる手軽な食べものでした。お寿司は、ご飯に具を乗せて味も付いているから、そのまま食べられます。握りこぶしぐらいの大きさで、値段は8文ぐらい(160~200円)なので、コンビニのおにぎりのような感覚ですね」

【プラス1ポイント】
意外なところからそば文化が発展
「精米された白米を食べる習慣が広まり、ビタミンB1不足から脚気になる人が多く、"江戸患い"といわれていました。そんな中、一食そばにすると、何か体の調子が良いぞ...と気付いたのか、自然とそばを食べる習慣ができたそうです。その時代、栄養に関する詳しい知識もないでしょうが、人間の知恵ってすごいと思いますね」

【江戸のウソホント3】現代人の働き方改革は江戸に学べ!?

nanairo_20190310_03.jpg
日の出とともに起き、日の入りとともに寝る
「江戸の人々は、現代人のようにがむしゃらに働くことはありませんでした。とてものんびりしていたみたいです。日の出とともに起床し、日の入りとともに仕事が終わる。火事が多いので、夜に火を使ってまで仕事をしません。仕事が終わると銭湯に行き、帰宅してご飯を食べ、早い人は19時、20時頃には就寝。とても健康的ですよね」

【プラス1ポイント】
宵越しの金は持たないのが粋
「江戸の人々は、基本的に"今日一日楽しく暮らせればいい"という考え方。家族を養えて、たまに遊びに行ったり、美味しいものが食べられたらそれでいいと思っているので、必要以上に働かなかったんです」

【江戸のウソホント4】江戸時代も未婚率が問題になっていた!?

江戸は独身男性天国!
「江戸時代の中頃では、江戸の男女比率は7:3と圧倒的に男性が多く、必然的に未婚の男性も多かったそうです。女性が少ないため、周囲の村から女性を誘拐するなど治安が悪くなったので、遊郭を作ったと言われています。一人で生活する男性が増えたので、上記のデリバリーのような行商や屋台などの食文化も発達しました」

【プラス1ポイント】
身分違いの恋や玉の輿はあった!?
「武士と町民の娘のような身分違いの結婚が全くなかったわけではありません。その場合は、まず娘を武家と養子縁組し、釣り合いが取れてから結婚という形を取っていました。江戸の人たちは"分相応"という考え方を持っていたので、長屋で生まれたら同じ長屋育ちの異性と夫婦になるというのが一般的。あえて高望みはしませんでした」

江戸の人々の生活をのぞいてみると、意外と現代と似ている点が多いことに驚き! 今も昔も人間はゴシップ好きなんですね(笑)。江戸の始まりは400年前、終わりは150年前。幕末の人たちから見ると、400年前の江戸初期の人々より、150年後の現代人の方がずっと近いのかもしないですね。


取材協力:堀口茉純さん。2007年、時代劇で女優デビュー後、2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得し、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ルほーりー」として注目を集める。お江戸ル、歴史作家、時代劇女優、歴史タレント、プロ歴女、歴史の水先案内人(ガイド)として活動。著書「吉原はスゴイ」「江戸はスゴイ」(PHP新書)など多数。江戸の名優たちと"芝居国"の歴史をわかりやすく解説する最新刊「歌舞伎はスゴイ」(PHP新書)が、3月16日(土)発売。
オフィシャルHP:https://hoollii.com/

堀口茉純さんも出演する「なないろ日和!」は、今後もあらゆる専門家が出演し、生活に役立つ情報をお届けしていきます。毎週月~木曜9時28分からのOAも要チェックです!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

なないろ日和!

なないろ日和!

薬丸裕英と香坂みゆきのMCでお送りする生活情報番組!ともにアイドル、そして今は良き父親、母親になっている両氏ならではのトークをリラックスしてお楽しみください!

放送日時:テレビ東京系列 毎週月曜~木曜 朝9時28分

出演者

薬丸裕英、香坂みゆき、山内乃理子 他

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧