• #
  • トップ
  • ライフ
  • 止まらない鼻水の原因...花粉症とは限らない?:主治医の小部...

止まらない鼻水の原因...花粉症とは限らない?:主治医の小部屋

ライフ

テレ東

2019.4.10 主治医が見つかる診療所

shujii_kobeya_20190410_thum.jpg
「主治医が見つかる診療所」(毎週木曜夜7時58分から)は、医師や病院の選び方のコツや無理なくできる健康法など、医療に関するさまざまな疑問に第一線で活躍する医師たちが答える、知的エンターテイメントバラエティ。

今回WEBオリジナル企画「主治医の小部屋」に寄せられたのは、長引く症状が気になる体のこわばりと、鼻の症状についての質問です。早速、同番組のレギュラー・中山久德医師に相談してみましょう!

Q:30代女性です。以前から朝起きると手がこわばり、体の節々に痛みがあります。しばらくすると動ける程度に回復するので、「朝だから」「寒いから」と気にしないようにしていましたが、長年祖母が「リウマチ」を患っていることもあり、だんだん不安になってきました。この年齢でリウマチを発症することはありますか。また早めに治療すれば進行を抑えることはできますか。

―― リウマチとはどんな病気ですか。30代でもなることがあるのでしょうか。

「関節リウマチというと、ある程度年齢を重ねた方の病気と思われがちですが、30歳代で発症することも十分あります。最も関節リウマチになりやすいのは40歳代で、その前後の30~50歳代が好発年齢です。男女比はおよそ1:4であり女性に起こりやすい病気なので、30歳代の女性でなんらかの関節の症状が現れたら、関節リウマチも疑うことも考えてもいいですね。

関節リウマチの症状としてまず現れやすいのは手のこわばりと関節痛です。朝起きた後に生じることが多く、手が開きにくくなったり、閉じにくくなったりするため、例えば包丁がうまく握れない、離しにくいなど朝の家事や身支度に支障が出たりします。関節の痛みは初めは1か所ぐらいから始まって徐々に広がり、進行すると複数の関節、しかも左右に症状が及びます。この左右対称に症状が出るのが、関節リウマチの典型例。だからといって、片側だけが痛い=関節リウマチではないということではありません。関節リウマチの初期だからそこだけにとどまっているという可能性もありますので、疑わしいと思ったら専門医に診てもらうことをおすすめします」

―― この相談者の場合、ご家族に関節リウマチの方がいるようですが、遺伝したりするのでしょうか。

「遺伝要因もあります。関節リウマチは、いまだ"これが原因"と限定されるものがなく、複数の要因が重なって起こる病気と考えられています。そのうちの一つが遺伝です。この方のように祖母が関節リウマチなら "リウマチのなりやすさ" を受け継いでいる可能性はありますが、必ず発症してしまうというわけではないのです。現在のところ、喫煙、歯周病のある人は関節リウマチを発症しやすいことがわかっているので、それらが重なることでさらに関節リウマチになるリスクが高まると考えたほうがいいですね。

また、今は亡くなっている高齢だった血縁者にリウマチの人がいたと聞いている場合、それが関節リウマチを指しているのかは怪しいです。昔は関節が痛む病気を、すべてリウマチと呼んでいたんですね。関節リウマチは背景に免疫の異常があります。本来は外敵から身を守るべき免疫が自分自身を攻撃してしまう病気(自己免疫疾患といいます)。これとは異なり、加齢によって軟骨がすり減り、関節の節々が痛む変形性関節症も以前はリウマチと言われることもありました。女性ですと、閉経後に多くの人がしばしば関節の痛みを訴えますよね。これら原因がわからない関節の痛みをひっくるめてリウマチと呼んでいたので、昔にリウマチと言われていた人は関節リウマチではない可能性があります」

―― 関節リウマチと変形性関節症の痛みを見分けるのは難しいと思いますが、わかりやすい違いはありますか。

「同じ指の関節が痛いという症状であっても、どの関節に痛みがあるのかによって、おおよそ関節リウマチかそうでないものかがわかります。特に人さし指から小指にかけての第1関節が曲がってしまって、骨ばって腫れて痛い人は、関節リウマチの可能性がかなり低いですね。関節リウマチの場合、第1関節に症状が現れることは稀なんです。ほとんどはへバーデン結節と呼ばれる変形性関節症と考えていいでしょう。第2関節になると、関節リウマチでも変形性関節症(ブシャール結節)でも起こってくる。指の付け根の第3関節(親指の場合は第2関節)の痛みなら、関節リウマチを考えやすくなります」

―― 関節リウマチの症状は、必ず手指から現れて全身に広がるのでしょうか。発症しても進行を抑えることはできるのでしょうか。

「関節リウマチは小さい関節から障害されることが多いので、手の指や足の指の関節から発症しやすいといわれています。一方で年齢が高くなると膝や肘、肩など大きな関節から起こってくることもしばしばあります。

関節リウマチというと、関節が曲がって動けなくなり、いずれ寝たきりになるというイメージを持つ人も多いですよね。でも今は診断技術も進み、優れた治療薬も開発されているので、早い段階で関節リウマチと診断し、適切な治療を早期に開始すれば、免疫異常による炎症を抑えて関節の破壊を食い止めることが十分に可能です。関節に障害を残すことなく日常生活を送れる人がほとんどですね。

ちなみに、関節リウマチかどうかは関節症状の他に血液検査と画像検査でおおよそわかります。血液検査では免疫異常の有無と、炎症の程度を調べます。さらに関節が実際にどのようになっているかを診るために、レントゲン検査で関節破壊の有無を調べます。すでに骨の破壊が認められてしまうと、すでに関節リウマチはかなり進んでいる状態なんですね。発症早期の関節の炎症を見るには超音波検査やMRI検査が有用です。

関節リウマチは、残念ながら生活習慣の改善のみでよくなる病気ではありません。壊れた関節を元に戻すことはできないので、心配ならば様子を見るよりも早めに専門医のいる医療機関を受診することが大事ですよ」

shujii_kobeya_20190410_01.jpg
Q:最近急にくしゃみ、鼻水が止まらなくなりました。熱っぽくも感じます。市販の風邪薬を飲みましたが、1週間経っても治まりません。「これはもしかして花粉症?」とも思いましたが、副鼻腔炎という似た症状が現れる病気があると聞きました。初期段階で「風邪」「花粉症」「副鼻腔炎」を見分けるポイントはありますか。

―― 花粉症と風邪の症状の違いはやはり時期的なことでしょうか。

「同じ時期にくしゃみや鼻水が出る、鼻がつまるなどの症状が出るようなら、花粉症であることが多いと思いますね。花粉症と風邪(急性上気道炎)の症状は大変似通っていますが、花粉症に合って風邪にないものの一つに目のかゆみがあります。それ以外の鼻の症状、咳、喉の痛み(かゆみ)はなかなか症状からは判断しにくいですね。熱についても実は花粉症で出ることがあるんですよ。花粉症は英語で"hay fever"、直訳すると"干し草熱"。つまり発熱する病気とも言われているんですね。ただし、風邪と違って微熱にとどまり38度超えることはまずありません。また、風邪なら1週間から長くても10日ほどで症状が治まりますが、花粉症はアレルギーの原因となる花粉が舞う期間はずっと症状に悩まされるので、症状が長く続くことも違いの一つですね」

―― 副鼻腔炎も似た症状のようですが、どんな病気ですか。どんなときに副鼻腔炎を疑ったほうがよいですか。

「ここでいう副鼻腔炎はおそらく急性副鼻腔炎で、多くはウイルスによって喉・鼻あたりに炎症が起こり、その炎症が副鼻腔という場所に波及して起こります。副鼻腔とは鼻を中心に顔の奥にあるいくつもの空洞。副鼻腔は鼻腔(鼻)とつながっているので、風邪などで鼻腔に起きた炎症が副鼻腔まで広がってしまうのです。症状は、鼻水、鼻づまりなどで、鼻汁が鼻の奥からのどのほうにたれ落ちる(後鼻漏)と、気道や肺に入らないように咳を出すようになります。一見風邪が長引いているようにも見えますよね。

ただし副鼻腔炎の場合、副鼻腔のある顔の奥が痛い、頬や両目の間の奥が痛いということがしばしばあります。風邪で頭痛を伴うことはありますが、こういうところが痛くなることはあまりないので、この場合は副鼻腔炎を疑ったほうがよいかもしれませんね。いつも鼻の奥に不快感があったり、嗅覚障害を伴うこともあります」

―― 副鼻腔炎の場合は治療が必要ですか。

「風邪はウイルス感染のため抗生物質は効きませんが、ウイルスが波及して表面の粘膜が弱くなったところに細菌感染を起こした副鼻腔炎は、抗生物質で抑えることで比較的早く治ります。そのままにしておくと慢性副鼻腔炎になり、相当治療が厄介になるので注意したほうがいいでしょう。

急に花粉症になったのか副鼻腔炎なのか気になるようなら、鼻水の性状を見てみてください。水のようにサラサラしたものなら花粉症、少し粘性のある色のついたものなら副鼻腔炎の可能性が高いですよ」

――中山先生、ありがとうございました。

【中山久德医師 プロフィール】
1965年 東京都生まれ。1988年 早稲田大学商学部卒業 1996年 国立山形大学医学部卒業 東京大学医学部付属病院物療内科(現、アレルギーリウマチ内科)入局
東京大学医学部付属病院、東京都立駒込病院アレルギー膠原病科を経て国立相模原病院(現、国立病院機構相模原病院)リウマチ科医長
2012年 そしがや大蔵クリニック開業
内科総合専門医、リウマチ専門医、骨粗鬆症認定医

shujii_kobeya_20190410_02.jpg
今回お話を伺った中山先生も出演する「主治医が見つかる診療所」。明日4月11日(木)の放送は、「低いとキケン?平熱を上げる方法」「キケンな眼の病気の早期発見法」の2本立SP! 平熱が低いと、肌荒れが進む&代謝が低下し、がん細胞まで活発に?低いと実は怖い「平熱」のアップ方法を大公開!さらに、年を重ねると起こる目のかすみ。もしかしたらただの老眼ではなく、失明を招く危険な目の病気の可能性が?危険な病気の予備群を発見し、「目からウロコ」の新常識をご紹介します!

テレ東プラスでは、今後も健康にまつわるさまざまなお役立ち情報をお届けします!

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

主治医が見つかる診療所

主治医が見つかる診療所

医者や病院の選び方、病気に応じた治療方法…医療に関する様々な疑問に、スタジオに集結した現役医師たちが一挙お答えします。新しいスタイルの“医者を選べる”知的エンターテイメントバラエティ番組です。

放送日時:テレビ東京系列 毎週木曜 夜7時58分

出演者

【司会】草野仁、東野幸治  【アシスタント】森本智子(テレビ東京アナウンサー) 【ゲスト】 飯尾和樹(ずん)、大桃美代子、鈴木亜美、髙田延彦、ビビる大木 ※五十音順【番組主治医】秋津壽男(循環器内科)、上山博康(脳神経外科)、中山久德(内科・リウマチ科)、南雲吉則(乳腺外科・形成外科)、姫野友美(心療内科)※五十音順【ゲスト講師】荒井宏幸(眼科)、今津嘉宏(漢方内科)、平松類(眼科)※五十音順【VTR出演医師】石原新菜(内科)

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧