• #
  • トップ
  • ライフ
  • 中村梅雀が語る! めでたい時に食べる"究極メシ"と忘れられな...

中村梅雀が語る! めでたい時に食べる”究極メシ”と忘れられない思い出の味...:めでてぇ~メシ

ライフ

BSテレ東

2019.10.22 祭りだ!祝いだ!めでてぇ~メシ

iwaimeshi_20191022_01.jpg
日本各地の祭りや催事を番組独自の視点で取り上げた「祭りだ!祝いだ!めでてぇ~メシ」が、BSテレ東で10月22日(火曜)夜8時からスタート! ハレの日に向けて心血を注ぎ準備と訓練に挑む人々を追いながら、彼らがハレの日に食べる「祭りメシ」「祝いメシ」を紹介していきます。"お祭りとお祝い"にかける人々の熱い思いを食を通して伝えるヒューマンドキュメントを、ぜひお楽しみください!

今回「テレ東プラス」では、番組でナレーターを務める中村梅雀さんを直撃! 番組の見どころに加え、梅雀さんがハレの日に食べる「めでてぇ~メシ」について伺いました。

祭りの奥深さは違うレベルにある


iwaimeshi_20191022_02.jpg
──収録を終えての感想をお聞かせください。

「日本にはまだまだ僕の知らない"びっくりな祭り"があるもんだ! そう思いました。この番組は、観光客が潜入できないところまでカメラが入っていく。お祭りの当事者に密着するんですね。次世代を担う若者たちが、地元の祭りに真摯に取り組む姿に感動しました」

──初回は、新潟県小千谷市で約400年続く「片貝まつり」に参加する青年に密着取材しています。この青年は、新成人として参加するお祭りに向け、6年前から準備を重ねてきたそうですが、"準備に6年"と聞いて驚きました。

「若い世代は周りの協力もありながら大変な苦労をして、地元のお祭りを受け継いでいくわけです。準備のためにプライベートの時間を削り、重みや歴史を継いでいく...。お祭りそもそもの起源は捧げものであり、生贄であったのかもしれない。そう考えるとその奥深さは違うレベルにありますよね。日本の祭りは特殊なものだなと改めて感じました。そして、こうしたお祭りに若者が携わっているのを見ると嬉しくなります。祭りで若者たちがモリモリ食べる"醤油赤飯"も実においしそうでした。ぜひ一度食べてみたいですね」

──梅雀さんご自身が、俳優として次世代に繋いでいきたいものはありますか?

「時代劇ですね。このまま消滅してしまうのでは...と危惧しています。ノウハウを分かっている人間がいるうちに、なんとかしないといけない。時代劇という100年近い歴史の中で、いろんな役者さんたちが作りあげてきた映像の世界の美学。そして、美しく見せるための小道具や美術がここで途切れるとゼロになってしまいます。職人さんたちの素晴らしい伝統技術が......。職人さんの仕事は、10年以上続けてやっとまともになり、20年、30年経って初めてその技術の真髄に入っていくわけですよね。時代劇が消滅しないように、なんとか繋いでいきたいと思っています」

iwaimeshi_20191022_03.jpg

飯はコミュニケーションの根源、食はとんでもなく大切


──番組では、お祭りの日に食べる特別なご飯「めでてぇ~メシ」も紹介していきますが、梅雀さんがハレの日に必ず食べるものはありますか?

「大きな仕事が終わると、ご褒美として家族と必ず一緒に行くイタリアンレストランがあります。そこで絶対に食べるのが"キャビアの冷製カッペリーニ"。いつもお任せですが、このお店はとてつもなくデリケートな味つけで、その日の温度や湿度、お客さんの体調に合わせて味つけを変えてくださるんです。まず、シェフのその姿勢にやられますね。その後は、きのこやあさり、イカ墨など旬の素材を使ったリゾット。そして、野菜や牛のほほ肉を使ったパスタ。僕は欲張りなので、メインはラムと牛肉、鶏のカツかソテー、あればウサギなどジビエ系のお肉を盛り合わせにしてもらいます。そして、それぞれの料理に合わせて出てくるワインがまた素晴らしい! 忙しくてお店に行く時間がないときは、自宅で妻が"めでてぇ~メシ"を作ってくれます」

──梅雀さんが、実に美味しそうに説明されるのでお腹が鳴ってしまいました(笑)。奥様が作るお料理でお好きなものは?

「和食の煮物系は、出汁、塩加減が絶妙で素晴らしいんですよ。イタリア系だと肉の焼き方が最高に上手くて...。妻は、自ら僕が好きなお店に行って、シェフに料理を習ってきたりしています。もちろんお店のようにはいきませんが、その気持ちが嬉しいですよね」

iwaimeshi_20191022_04.jpg
──素敵なご夫婦ですね! 奥様がうらやましいです(笑)。ちなみに、子どもの頃、定番だった「めでてぇ~メシ」はありますか?

「年に1回、誕生日に食べさせてもらえたのがイチゴのデコレーションケーキ。3歳の頃から通っているケーキのお店で、千疋屋で修業された方が作ったデコレーションケーキとアップルパイが素晴らしかったです。今でも忘れられないですね。でも、忘れられないとい言えば......"めでてぇ~メシ"からだいぶ話がそれてしまいますが、子どもの頃の忘れられない味があるんです」

──ぜひ、お聞かせください。おいくつの頃のお話ですか?

「小学校1年生でした。小学校の帰りに校門の前で売っていたひよこをたくさん買ったら、それが自宅の庭ですごく大きくなってしまったんですよ。5羽のニワトリが、毎日"♪コケコッコー"と鳴くし、庭を走り回って大変なことに......(笑)。するとある日、学者の叔父が突然現れて、ニワトリを全部キレイにさばいちゃったんです。"供養なんだから、全部食べなくちゃいけないぞ!"と言いながら......。

僕は泣きながら家を飛び出してしまったんですけど、夜になるとやっぱりお腹が空いてしまうんですよね。家に帰ると食卓には、見事な鶏のもも焼きが並んでいました。"食べなさい!"と言われて泣きながら食べたら......"こんな味、食べたことない!"と言うほどあまりにも美味しくて(笑)。その味がいまだに忘れられないですね。でもそれと同じくらい、ニワトリをさばいている叔父の後ろ姿を映像で思い出してしまいます(苦笑)」

──小学生には衝撃的な出来事ですね。でも、その後も鶏肉が食べられるのは、やっぱりその味がおいしかったからなのでしょうね。梅雀さんにとって「飯」はどういう存在ですか?

「"美味しいご飯を食べるために頑張る。今日は何を食べようかな?という気持ちで1日頑張る"という価値観があります。そしてご飯を食べる時の"おいしいね。作ってくれてありがとう"という会話が、どんどん人間同士の繋がりを強くし、嬉しいパワーとなっていく。飯はコミュニケーションの根源、食はとんでもなく大切だなと思います」

──番組で紹介する「めでてぇ~メシ」を見ながら、家族で友人同士で、お互いの「めでてぇ~メシ」について盛り上がってほしいですね。最後に、読者へメッセージをお願いします。

「地元のお祭りに思い入れがある方もたくさんいらっしゃると思いますが、"全国各地にこんな祭りがあるんだ。こうしてお祭りは受け継がれていくんだ"と、番組を通じて知っていただきたいですね。お祭りを伝承させてくための独特な食文化や生活習慣があり、僕はその部分にとても惹きつけられます。ライブ感、達成感を一緒に味わえる番組なので、ぜひご覧ください!」

iwaimeshi_20191022_05.jpg
めでてぇ~メシだけでなく、衝撃のにわとり事件でさえも、最後は「美味しかった」と楽しくお話ししてくださった梅雀さん。こだわりを持って、一食一食を大切に食事されている方なのだなという印象を受けました。

(取材・文/船桂子)

【中村梅雀 プロフィール】
1955年12月12日東京、四代目中村梅之助の長男として生まれ、1965年初舞台。1980年前進座創立50周年に二代目中村梅雀となる。2007年劇団を退団して、フリーに。2020年、主演映画「山中静夫氏の尊厳死」(2019年・長野県佐久市先行公開)が、全国順次公開予定。

そして、いよいよ今夜8時からスタート! 「祭りだ!祝いだ!めでてぇ~メシ」(BSテレ東 毎週火曜夜8時)では、約400年続く新潟県小千谷市「浅原神社秋季例大祭奉納大煙火(通称:片貝まつり)」をクローズアップ。

祭りの目玉は、四尺玉という直径約120cm、重さ400キロ超の世界最大級を誇る超巨大花火の打ち上げで、これには、町民から新成人たちへ祝福の意味が込められているとか。そして新成人たちには、この花火を見るため「成人玉送り」という町を練り歩く通過儀礼が課されています。番組では、新成人のリーダー「にぎわ長」を務める藤塚祥吾さんに密着取材。

iwaimeshi_20191022_06.jpg
そして、"めでてぇ~メシ"は、この地方の名物「醤油赤飯」を紹介します。中村梅雀も思わず「食べたくなった!」という逸品の全貌は、ぜひ番組でご確認ください!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

祭りだ!祝いだ!めでてぇ~メシ

祭りだ!祝いだ!めでてぇ~メシ

祭りを愛する男女の、ハレの日にかける意気込みや心血注ぐ準備と訓練を追います。また、彼らの血となり汗となる祭りメシ、宴に供される祝いメシ、地元の海の幸・山の幸てんこ盛りな料理から、家族の真心がこもった特別な応援料理、勝負の一膳なども紹介。お祭りとお祝いにかける人たちの熱い思いを、食を通して伝えるヒューマンドキュメント。高精細4K映像でお送りします。

放送日時:BSテレ東 火曜 夜8時放送!

出演者

【ナレーター】中村梅雀

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧