• #
  • トップ
  • ライフ
  • 京都におばあちゃん3人だけの集落があった! バイクで爆走!平...

京都におばあちゃん3人だけの集落があった! バイクで爆走!平均92歳の収入源は? 年に一度の祭りはどうする?:ナゼそこ

ライフ

テレ東

2019.12.15 世界ナゼそこに?日本人

naze_20191215_01.jpg
世界で活躍する知られざる日本人を取材し、ナゼそこで働くのか、ナゼそこに住み続けるのかという理由を波瀾万丈な人生ドラマと共に紐解いていく「世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝~」(毎週月曜夜9時)。「テレ東プラス」では、毎回放送した感動ストーリーを紹介していく。

バイクで走るおばあちゃんに配慮した看板を発見!


日本には、ナゼそこに? と思わずにはいられない、究極の秘境で暮らす人々がいる。今回は平均年齢92.6歳! 京都の山奥で暮らすパワフルなおばあちゃん3人組に注目。原付バイクで疾走し、伝統のお餅やお菓子を作って生計を立てる3人の、笑顔の絶えない生活に密着した。

東京から4時間、京都府の綾部駅。ここから路線バスで1時間かけ終点に着くも、目指す集落はここから約15km先。徒歩で向かう途中に謎の看板が! 高齢のおばあちゃんがバイクで走るので車はゆっくり走るようにと書かれている。1時間半ほど山道を歩き、民家と原付バイクを発見。本当に90歳のおばあちゃんがバイクに乗るのか?!

naze_20191215_02.jpg
民家で声をかけると、おばあちゃんが顔を出した。この方が3人組の1人、岩﨑キクノさん(96歳)。他の2人は渡辺ふじ子さん(93歳)と細見恵美子さん(89歳)。この2人は姉妹で、実はキクノさんも親戚にあたり、いとこ同士なのだ。

キクノさんにバイクについて聞くと、乗ってみせてくれるという。杖をつきながら、おぼつかない足取りで歩いてバイクにまたがると、狭い山道を疾走! 予想外の速さにスタッフが見失ってしまう。

3人が暮らす古屋集落が最も賑わったのは昭和30年代で、15世帯70人が暮らしていた。しかし年々人は減り続け、今はおばあちゃんたち3人だけ。それぞれひとり暮らしをしている3人は、山奥でどんな生活をしているのだろうか?

伝統的なトチモチ作りもお昼寝も一緒


naze_20191215_03.jpg
朝食を終えたキクノさんが、バイクでやって来たのは古屋公民館。3人集まって、何やら作り始めた。栗に似たトチの実をもち米と混ぜた伝統的なお餅、トチモチだ。3人はトチモチやトチの実のお菓子を作り、販売して生計を立てている。

スタッフが、トチモチ作りを仕事にし始めたのはいつからかと聞くと、なぜか最高齢のキクノさんが工程の説明を始める。するといちばん耳のいいふじ子さんが「いつから始めた言うとんのや」とツッコミ、すかさず恵美子さんが「9年前」と絶妙な掛け合い。

naze_20191215_04.jpg
お昼には持参したお弁当やトチモチのぜんざいを食べ、食後は川の字になってお昼寝。午後にはトチの実入りのクッキーを作るが、一向に焼き上がらない。なんとふじ子さんがオーブンのスイッチを押し忘れていたのだ! なんだかんだあっても、こうして3人で作業をしている時がいちばん楽しいのだそう。

年に一度のお祭りの後は、お楽しみのビール


ある朝、鎌を手にした3人は神社に集合。この日は集落の守り神、庚申様のお祭りで、毎年3人で大掃除をしている。神社の周りや屋根の草を刈りすっかり綺麗になったが、神様にお供えするお酒、お神酒を忘れた様子。「(前に)供えてあるものがある」「正月のお神酒や」「大丈夫か?」「死なへん」とテンポよく会話が進むが、結局お神酒はなしに。

naze_20191215_05.jpg
参拝の後は食事会。恵美子さんの子どもたちも帰省し賑やかな会になった。おばあちゃんたちも美味しそうにビールをグビリ。キクノさんは「3人ともいっぱい飲みます」と笑う。

naze_20191215_06.jpg
大正からほぼ1世紀。青春、結婚、最愛の人との別れのすべてをこの集落で経験した3人。不便でも、自然豊かなこの土地以外に住むことは考えられないという。ふじ子さんが「100まで生きよう思うとります」と笑えば、恵美子さんは「気分はまだ20歳」と。

京都の限界集落には、90歳を超えても明るく元気に生きる、3人の仲良しおばあちゃんたちがいた。

naze_20191215_07.jpg
次回12月16日(月)夜9時放送の「世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝~」はかわいい映像満載! 中国政府の全面協力のもと、日本のテレビではほとんど取材されたことがない中国・成都市のパンダ飼育研究基地で、中国初の外国人パンダ飼育員となった日本人女性に密着。海外のテレビはおろか地元中国のテレビでさえめったに撮影を許されない「新生児ブース」に、今回特別に「ナゼそこ」のカメラが潜入!生後3か月の超かわいいパンダの赤ちゃんを至近距離で撮影することに成功!しかし、実は彼女には「思い出すのも辛い」と涙ながらに語る悲しい過去が。その過去にこそ、中国で外国人として唯一パンダの飼育を許された理由が隠されているという。いったい彼女に何があったのか?

日本人飼育員の驚きの半生に迫るとともに、世界初公開となる夜のパンダ基地の模様や、赤ちゃんパンダ生後100日までの貴重な記録と生誕100日を祝うお披露目会の裏側も大公開!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

世界ナゼそこに?日本人

世界ナゼそこに?日本人

世界で活躍する知られざる日本人を紹介する新番組。ナゼ海外で働くのか?日本から遠く離れた土地で働く理由を波欄万丈な人生ドラマをまじえて紐解いていく!

放送日時:テレビ東京系列 毎週月曜 夜9時放送

出演者

【MC】ユースケ・サンタマリア、新井恵理那

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧