• #
  • トップ
  • ライフ
  • 肩こりは自分で癒せ! プロが教える、どこでもできる肩こりマッ...

肩こりは自分で癒せ! プロが教える、どこでもできる肩こりマッサージ4選

ライフ

テレ東プラス

2019.12.20

katakori_20191220_00.JPG
ピキっ! 肩が痛い! パソコン作業をしていると悩まされる肩こり。ひどくなると腕を回せなくなるなど、肩こりは対策すべき課題。そこで家やオフィスでできるセルフマッサージを「羅・安心堂」の店主であり、整体師の銭耀勲さんに伝授してもうらいましょう! これで肩こりとおさらばできる・・・かも?

katakori_20191220_01.jpg▲「羅・安心堂」の店主、銭耀勲さん

マッサージ(1)後頭部をほぐし肩だけでなく目もスッキリ


1つ目は後頭部をほぐすマッサージです。
後頭部を手の平で上から下に撫でていくとストーンと落ちる箇所があります。

katakori_20191220_02.JPG▲後頭部の下辺のこの辺りをマッサージ

この後頭部下辺を母指球(親指下の丸く膨らんだ部分)にあてます。

katakori_20191220_03.jpg

katakori_20191220_04.JPG
母指球であてたら、皮膚を集めるようなイメージで内側に寄せます。

katakori_20191220_05.JPG
保持した皮膚を上にグーっと持ち上げ7~10秒ほどフリーズ。

katakori_20191220_06.JPG
やってみると頭がスッキリし、気持ちいいーと感じるほど。
ポイントは頭皮を集め、膜を引っ張るようなイメージで持ち上げること。

katakori_20191220_07.jpg
これを3~5セット繰り返してください。
このマッサージは疲れ目にも効くので、終えたら周囲がワントーン明るくなるという嬉しい特典も。

マッサージ(2)首の後ろを刺激して痛気持ちいい


重たい頭を支える「頸椎(けいつい)」は首後ろ部分に7個が重なってできています。この頸椎の下には、12個の「胸椎(きょうつい)」が連結。2番目のマッサージは「頸椎」と「胸椎」を意識したものです。

後ろ首をなぞるとコツンと当たる部分を発見。

katakori_20191220_08.JPG
この当たった部分は、「頸椎の6番目」となります。
この頸椎の6番目から下に2つ「頸椎の7番目」「胸椎1番目」を指で押さえます。

katakori_20191220_09.jpg
指で押さえ、椎骨を動かなくした状態で頭を左右に振る&左右に倒すと、「痛気持ちいい」感覚が到来。たまに「ポキッ!」となる場合がありますが、それは緩んだ合図!
ただし、力任せに頭を振ったり、倒したりしないようにしてください。あくまでも日常の動きのようにすることがポイント。

katakori_20191220_10.jpg
これを続けていると、手で押さえている部分の稼働域が広がり、肩こりが軽減されます。このマッサージは、10往復ほどすればOKです。

マッサージ(3)「烏口突起」「胸鎖関節」をタッチして腕を回す


鎖骨を外側に向かって指でなぞると最初に触れる突起があります。それが「烏口突起」。そして胸骨と鎖骨がつくる関節を「胸鎖関節」と言います。

katakori_20191220_11.jpg
まず「烏口突起」に手を当てます。そして内側に5~6周ほど腕をグルグル。
内側が終われば同じ回数分、外側を回します。

katakori_20191220_12.jpg
「烏口突起」の次は「胸鎖関節」を触り、同じように腕を回していきます。

katakori_20191220_13.JPG
腕を回していると、「烏口突起」が動いている様子が分かりますので、それを感じることがポイント。一方、「胸鎖関節」は動きが分かりにくのいで、感じられなくても気にせずマッサージをしてくださいね。

マッサージ(4)内旋を解消する


肩が内側に向いていることを「内旋」と呼びます。パソコン作業は前かがみになりやすいため、内旋になってしまうことも。この内旋、実は肩こりの原因になるんです。4番目のマッサージは内旋を解消する効果あり!

katakori_20191220_14.JPG▲内旋になった状態(これは極端な場合です)

まず壁に対して真正面に立ち、90度になるよう腕を伸ばします。

katakori_20191220_15.JPG
続いて手首を外に180度回します。

katakori_20191220_16.jpg
その姿勢のまま伸ばした腕の反対側へ、身体を向かせます。いたたた~と感じたら効いている証拠。この体勢で10秒ほどフリーズ。この一連の動きを2~3回繰り返します。

katakori_20191220_17.JPG

テレビを観ながらセルフマッサージを


katakori_20191220_18.JPG
どのマッサージも仕事の合間や家でテレビを観ながらできるものばかり。「肩こりは万病の元」と唱える専門家もおり、肩こりが身体にもたらすダメージは計り知れないもの。だからこそ隙間時間を使ってセルフマッサージをしてみてはいかがでしょうか。

最後に本日の講師である銭耀勲さんからメッセージが!
「今回紹介したマッサージをしても肩こりが治らない場合、専門家に相談することも治療の道。私も相談にのりますので気軽にお問い合わせください。一緒に治しましょう!」

【取材協力】
「羅・安心堂」
住所:東京都新宿区新宿1-5-3 YKB御苑 102号室
TEL:03-6457-4068 (完全予約制)
営業時間:11:00~20:00 受付終了

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧