• #
  • トップ
  • ライフ
  • ビル内に病院から飲食店街まで1つの街が...テレビ初公開! ...

ビル内に病院から飲食店街まで1つの街が...テレビ初公開! ハイパーレスキューの”秘密施設”に潜入:緊急出動!ニッポンを守る特殊部隊SP

ライフ

テレ東

2020.2.2 日曜ビッグバラエティ

hyper_20200202_image023 - .jpg
2月2日(日)夜7時54分放送の「日曜ビッグバラエティ」では、人命救助や潜入捜査を行う特殊部隊の裏側を見せる「緊急出動! ニッポンを守る特殊部隊SP」をお届け。番組に先駆け、人命救助の精鋭部隊「ハイパーレスキュー」が日々訓練する "秘密施設"をご紹介! これはテレビ初の潜入となる。

hyper_20200202_image002 - .jpg
日本全土を幾度となく襲う地震や、日々の生活でいつ起こるかわからない火災に事故。そんなあらゆる命の危機に駆けつける特殊部隊が「ハイパーレスキュー」だ。ハイパーレスキューとは東京消防庁が1万8000人の中から選抜した人命救助の精鋭部隊で、その数は465人。発足のきっかけは1995年の阪神・淡路大震災で、以後の大規模災害に対応するため編成された。

hyper_20200202_image003 - .jpg
人命救助に特化したハイパーレスキューは、2004年の新潟県中越地震では土砂崩れの中、92時間生き埋めだった少年を救出し、20011年の東日本大震災でも数多くの人命を救った。今回はそんな同隊の特殊訓練に独占密着する。

hyper_20200202_image004 - .jpg
番組取材班が元プロレスラー・佐々木健介とともに訪れたのは、都内に配備されている5つの部隊のうち、立川エリアを管轄する「第8ハイパーレスキュー」。同隊の安永豊・一部 部隊長の案内のもと、いよいよテレビ初公開の"秘密の訓練施設"の全貌が明らかとなる。

hyper_20200202_image005 - .jpg
立川消防署(東京都立川市)の敷地内にある巨大な建物。「ここが訓練場です」と安永さんは建物を指す。中に入ると目に飛び込んでくるのは本物の電車だ。安永さんによると、以前に都営三田線で走っていた車輌だという。

hyper_20200202_image006 - .jpg
また地下1階には左右にテナントが並ぶ地下街を模した空間。

hyper_20200202_image007 - .jpg
地下2階には、線路を設置した駅のホームを再現したフロアが。

hyper_20200202_image008 - .jpg
さらに3階はデパート、4階は飲食店街、5階は病院、6階はアパートと、フロアごとにさまざまな場所を再現していて、どんなシチュエーションでも人命救助訓練ができるようになっている。まるで1つの街がこの建物内に集約されているようだ。

hyper_20200202_image010 - .jpg
番組では、やはりテレビ初公開となる人命救助訓練も取材。この日に行われたのは、狭い通路と煙で活動が困難な中、迅速に救助するための訓練だ。

2階建ての建物を想定し、隊員たちはどこに何人の要救助者がいるのか知らされていない。また今回は特別に、佐々木も要救助者の1人に扮する。これは安永隊長からの"お願い"によるもの。普段の訓練で使うのは重さ40キロの人形で、佐々木のような体重約103キロの巨体を対象にすることはなく、隊員にとってもよい機会なのだという。

hyper_20200202_image009 - .jpg
電気が消えると建物内は闇に包まれ、いよいよ訓練を開始。4人チームのうち、救助を担当する2人が視界のない中で、自分の位置を見失わないために左側の壁を触りながら室内を進む。壁の位置を確認しながら移動することで、部屋の構造を把握できるからだ。

hyper_20200202_image011 - .jpg
さて、訓練開始からわずか2分。早くも要救助者の3人(うち2人は人形)のうち、1人目を発見。外に連れ出すと、すぐさま隊員らは現場に戻る。1秒が命取りになるため、休むヒマはない。

9分後には2人目の要救助者を発見。残るは佐々木1人だ。12分後、隊員が2階の部屋の奥、ベッドの脇で倒れている佐々木を発見する。

hyper_20200202_image001 - .jpg
ちなみに、なぜ佐々木を部屋の奥のほうにいるよう指示したかについて、安永隊長が説明してくれた。「怖くてついつい、押し入れの中や、浴槽の中に逃げようとする人もいるんですよ。そういう個室に行ってしまうと、完全に逃げ遅れてしまいます」とのこと。つまり、多少のやけどの危険があっても、外を目指すのが、助かるための重要なポイントなのだ。

hyper_20200202_image0014 - .jpg
103キロの巨体を隊員1人が足を持ち、もう1人が後ろから脇を抱えて運搬し、そのまま階段を下り1階へ。出口を目指す。このとき後ろの隊員は腕の力だけで支えていた。これも鍛え抜いたハイパーレスキューならでは!

こうして逃げ遅れた3人を無事に救出。佐々木は「本当に意識のない状態のつもりでグタッとしていたから(隊員は)けっこうキツかったと思うんですけど、必死に『助けてあげよう』という気持ちが伝わった」と話した。隊員側も「より実践的な訓練ができてよかった」と満足顔だ。

hyper_20200202_image0012 - .jpg
続いては、真っ暗な穴に逆さまの状態で侵入していき、中にいる逃げ遅れた人を救出する訓練。使用するのは屋上に作られた深い穴だ。マンホールを再現したこの穴はビル6階分、深さ15メートルで、のぞき込んだ佐々木も思わず「うわっ」と声を漏らす。

hyper_20200202_image0013 - .jpg
ためしに佐々木が宙づりになるも、頭に血がのぼり2分でギブアップ。

hyper_20200202_image0022- .jpg
そんなハードな訓練を、土屋(※土の字は正しくは土に点)智史副士長が行う。ビル6階分の高さを1本のロープに釣られて降下を開始。1分40秒で15メートル下にある要救助者(重さ40キロの人形)のもとに到着し、固定を始める。「大丈夫ですか。頑張ってください」と声かけも忘れない。全身の筋肉を駆使して姿勢を維持しながら、4分後には上昇を始めた。そして5分40秒で救出は無事成功!

hyper_20200202_image0017 - .jpg
「救助活動。車両ドア施錠中。子どもが取り残されている」。取材中、館内のスピーカーから放送が流れた。人命救助の出動要請だ。指令が入りわずか1分でレスキュー車に乗り込み緊急出動する隊員ら。

hyper_20200202_image015 - .jpg
向かったのは、駐車場に停まった1台の車で、幼児が閉じ込められているという。母親が車内に鍵を置いたまま外に出てしまい、自動ロックがかかり開けることができなくなったというのだ。

hyper_20200202_image0018- .jpg
そこで隊員たちはノコギリを使い、1秒でも早く救出するため、扉のフレームごと切断。鍵を開けることに成功した。出動から20分。幼児を無事救出した。どんなときでも命の危機に迅速に駆けつける。それがハイパーレスキュー部隊なのだ。

hyper_20200202_image0020- .jpg
番組ではこのほか、密輸や密航、密漁など、海上での外国人犯罪捜査を行う専門集団「国際捜査官」や"海猿"シリーズのモデルとなった「特殊救難隊」などを紹介する。

災害や緊急事態、事件の際、命がけで私たちを守る"知られざる特殊部隊の精鋭"たち。彼らは普段、どんな過酷な訓練をして、どんな能力で我々を守ってくれているのか。さらに緊迫の出動現場にも密着する。

【番組内容】
▼人命救助のスペシャリスト「ハイパーレスキュー」
秘密の訓練施設にテレビ初潜入! さらに緊急出動にも密着、緊迫の人命救助現場を追った!

▼"海猿"のモデル「特殊救難隊」
わずか37人の超精鋭部隊。門外不出の記録映像! 奇跡の救出劇をテレビ初公開!

▼あおり運転を取り締まる「警察航空隊」
逃走犯やあおり運転に空から目を光らせるスーパー部隊。取り締りに密着し、検挙現場の一部始終を撮影することに成功!

▼密輸や密航、密漁など、海での外国人犯罪捜査を行う専門集団「国際捜査官」
オホーツク海のパトロールにテレビ初密着! すると謎の不審船を発見、潜入捜査を開始。不審船のクルーVS. 国際捜査官の緊迫のやり取りの一部始終をカメラが捉えた!

▼新人女性消防士の過酷訓練に密着
新人隊員に向かって放水!? 就寝中も気を抜けない半年間の超過酷な訓練に完全密着!

【MC・出演者】川島明(麒麟)、夏菜、新井美羽
【VTR出演者】佐々木健介
【ナレーター】梶裕貴、沢城みゆき

【番組公式HP】https://www.tv-tokyo.co.jp/sun/

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

日曜ビッグバラエティ

日曜ビッグバラエティ

心あたたまる人情物語から愉快なバラエティまで多彩な企画満載でお届けします!

放送日時:テレビ東京系列 毎週日曜 夜7時54分

出演者

【MC・出演者】川島明(麒麟)、夏菜、新井美羽 【VTR出演者】佐々木健介 【ナレーター】梶裕貴、沢城みゆき

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧