• #
  • トップ
  • ライフ
  • 23キロ減でおデブ芸人から高橋一生に......コーヒールン...

23キロ減でおデブ芸人から高橋一生に......コーヒールンバ平岡の人生が変わった話

ライフ

テレ東プラス

2020.2.24

coffeerumba_20200224_00.jpg
2018年1月17日──突如ダイエットの神が舞い降りてきたコーヒールンバ平岡は、ブログで「バターコーヒーダイエット挑戦宣言!!」をする。1ヶ月に2キロという緩やかなペースの減量により、大きなリバウンドもなく、1年かけて彼は23キロのダイエットに成功した。

その痩せて変貌した容姿が話題だ。ファンをはじめ、ネットでは「やだ、高橋一生にしか見えない」と騒然となっている。そんな高橋一生......いや、平岡佐智男に、コーヒーダイエットの前後での心境の変化を訊いてみた。

「デブはモテる」を鵜呑みに、本能の赴くまま食す


coffeerumba_20200224_01.jpg
平岡は芸人であるため、容姿も含めて"オモシロイ"と思われることを上位に考えていた。デブ上等とばかりに、「一日中、ナチュラルに暴飲暴食してましたね」と言う。

そんな平岡の"おデブ時代"の一日をまとめてみた。

【朝】
11時頃起床 朝ごはんは食べない
【昼】
食べ放題レストランは確定
安くて旨い中華料理の食べ放題をヘビロテ
デザートにコンビニでアイス買うこと確定
ブログを書くことを理由にカフェへ
【夜】
晩ご飯に焼肉食べ放題が多い
【深夜】
お菓子を寝る1時間前まで食べている
時にはおにぎりを握ったまま寝ている
就寝は2〜3時

coffeerumba_20200224_02.jpg
ダイエット宣言をした日のブログにも書いてあったが、今まで「太ってる方が仕事ある」「太ってる方がモテる」「ていうか、平岡さんぐらいの太り方が1番モテる」という言葉を疑わず、デブ道を邁進していたようだ。その心境の変化について聞いてみると......。

──なぜダイエットを? 芸人であれば「太っている方が仕事はある」のでは?

「実は健康面が一番大きかったんですよ。血圧が高かったんです。あんまり言うと心配されちゃうと思って言わなかったんですけど、一番高い時で180ありました」

──血圧180! それはマズいですね。減量した今、体調はどうですか?

「おかげさまで正常値に近い140ぐらいにまで戻すことができました。そうしたら『痩せたね』の次に、『顔色がいい』と言われることが多くなって。仕事なので"オモシロイ"も大事ですけど、やっぱり健康が第一ですよ。『痩せる』というより『健康になる』という意識の方が強かったですし、自分の得意とするコーヒーでダイエットができるというところが、1年以上も楽しく続けて来られた理由だと思います」

太っていた時代とは"真逆の人間"に! ダイエットから学んだこと


coffeerumba_20200224_03.jpg
この写真、もはやコーヒールンバ平岡ではない。ただのスリムなステキ男子だ。体重が減って体が軽くなると、都心のオアシスでヨガを嗜もうとするぐらい、心も軽くなるというのか?

23キロの減量に成功し、見栄えと共にどんな変化があったのかを率直に訊いてみた。

──とにかく見た目が別人です! イケメンになりましたけど、モテますか?

「はい(即答)! 『高橋一生に似てる』と1日で最高8回言われたことがあります(笑)」

coffeerumba_20200224_04.jpg
──ずいぶん調子に乗ってますね。でも確かに高橋一生さん、似てるかも......。それにしてもスリムな体を手に入れて、何が一番変わりましたか?

「痩せたことで『好きな服が着られる!』といった喜びや楽しみはもちろんあります。『とうとう俺もスキニーパンツ履ける!』とか、『ユニクロのSが入る!』とかね。でも一番大きな収穫といえば、生活時間の改善と自分の身体に真剣になる意識が変わったこと。今までまったく身体のことを考えずに生活してきたので、『ゴメンナサイ』って謝りたいです」

そんな平岡の最近の生活を訊くと、おデブ時代とは全然違うスタイルが見えてきた。

【朝】
7時頃起床
スペシャリティコーヒーを使ってバターコーヒーを飲む
一息ついてブログを書く
読書
観葉植物に太陽の光と水をあげる
【昼】
お腹が空いたらお昼ごはんに
【夜】
野菜とお肉たっぷりのお鍋中心の食事
0時には就寝

coffeerumba_20200224_05.jpg
「食べる物が自分の体を作る」ということ。平岡は、第一にそれを学んだと真剣なまなざしで語る。

「痩せる」よりも大事な「健康」。だからしっかり学び始めた


coffeerumba_20200224_06.jpg
コーヒーダイエットを通じて、平岡が最も変わったことといえば「身体のことに関する勉強」を始めたことだろう。痩せるとはどういう仕組みで、身体はどう成り立っているのか。

これまでも平岡は、"がむしゃらなダイエット"を何度か試み、その度にリバウンドを経験してきたという。それはがむしゃらという"無理"が、結局のところ継続不可能だったということだ。

coffeerumba_20200224_07.jpg
──がむしゃらなダイエットを続けていた平岡さんと、今の平岡さんでは何が違うのでしょうか?

「どうすれば自分の身体と心をコントロールできるのか、本で勉強したことが大きかったです。コーヒーダイエットも『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』という本がきっかけで始めました。今となっては『自分の身体のことを全然わかってなかったなぁ』と、本当に思わされますね。『これは〇カロリー、あれは〇カロリー』って、以前は数字ばかり気にしていたんですよ。もちろん、それも大事な指標なのですが、タンパク質と糖質だったら同じカロリーでも食べている栄養素が違うわけです。摂取カロリーや消費カロリーを、数字として追いかけるだけじゃだめなんですよね」

──それに気づいてから、食生活はどう変わりましたか?

「夕食は基本鍋にしているんですが、野菜もたっぷり摂りますけど、お肉も300gとか結構食べています。これなら満腹になるまで食べても痩せられる。もし果物やスイーツを同じカロリーだけ食べていたら、痩せなかったと思うんですよね。ダイエット中は"好きな物を食べる"ことと"減量する"ことを、できる限り両立させたいじゃないですか。それができないから"ダイエットは辛い"となってしまう訳ですけど、自分の身体を通じてある法則を見つけたんです!」

──法則ですか! その法則に従えば、先ほどの"好きな物を食べながら減量できる"につながるんですね?

「その通りです(笑)。それは『4-3の法則』と勝手に命名したものなんですけど、週7日のうち4日勝てれば、毎日我慢しなくても減量はできるんです。残りの3日間は『ダイエット中なのにちょっと食べ過ぎちゃったな』なんて、思い通りにいかなくても大丈夫。この法則にしたがえば、誰でも無理せずにダイエットできるのではないでしょうか」

このようにコーヒーダイエットを通じて得た知識と実体験を、平岡は講演やセミナーで語っている。「楽しく痩せて健康になる」ことは、"なんとなく"では実現しないと、平岡自身が一番よく知っているからだ。

coffeerumba_20200224_08.jpg

coffeerumba_20200224_09.jpg
現在は、コーヒー芸人としての活動に加え、バターコーヒーダイエットでの成功体験を普及する活動も精力的に行っている。平岡のブログやインスタでも、その情報を惜しげもなく提供しているので、「ダイエットしたい」「健康になりたい」と思う人はぜひチェックしてみよう。

とにもかくにも、コーヒールンバ平岡が高橋一生になれて本当にめでたしである。

coffeerumba_20200224_10.jpg
【プロフィール】
コーヒールンバ平岡佐智男
松竹芸能所属のお笑い芸人
1982年7月17日
血液型: O型

「RADIO EXPO~TBSラジオ万博2020~」
開催日/2月10日(月)、11日(火・祝)
開場・開演/10日(月) 17:00開場/18:00開演/終演21:00(最終入場20:30)
11日(火・祝) 9:00開場・開演/終演18:00(最終入場17:30)
会場/パシフィコ横浜 展示ホールA~D
神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
主催/TBSラジオ
お問い合わせ/TBSラジオ イベントダイヤルTEL03-5570-5151(平日10時~12時、13時~17時)

「松竹芸能新宿角座」にてライブ出演中

オフィシャルブログ

インスタグラム
sachio_med_kaffe

平岡の「バターコーヒー協会」Facebook非公開グループ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧