• #
  • トップ
  • ライフ
  • 「片付けは一生続くから! 死ぬまで...」空間プロデューサー...

「片付けは一生続くから! 死ぬまで...」空間プロデューサー・安東英子が語る! 肝に銘じたい”片付けの新たなる極意”

ライフ

テレ東

2020.3.20 スゴイ!お片付けバラエティお家を丸ごとダイエット~家のモノぜんぶ出す!~

家の中にあるモノをぜ~んぶ可視化! プロ集団のアドバイスで、「いるモノ」「いらないモノ」を徹底的にふるい分け、モノであふれた"太ったお家"を3日間でダイエット。さらに不要品は処分するだけでなく、キレイで売れそうなモノはその場でフリマアプリにどんどん出品して売却していく。

20200320_homediet_01.jpg
3月20日(金)夜6時55分からは、大好評のお片付け番組「お家を丸ごとダイエット~家のモノぜんぶ出す!~」第3弾を放送。家にいる時間が増えた今だからこそ、暖かくなった春だからこそ、お片付けのチャンス! 

そこで「テレ東プラス」は、2019年12月に放送された第2弾で、「95歳おばあちゃん 1人暮らし実家の片づけ」を担当した安東英子(美しい暮らしの空間プロデューサー)さんを取材。番組で、ミリ単位でこだわる仕事人として、愛ある片づけをレクチャーする安東さんに、新生活を始める社会人、学生の方はもちろん、心機一転!散らかったお部屋を片付けたい皆さんに向け、今すぐできる片付けや収納のコツを伺いました。

20200320_homediet_02.jpg

片付けは整理整頓すること。捨てることが目的ではない...


──第1弾の放送で「まだ使えるから...」と、モノをため込むご家族を担当された安東さん。「使えるかではなく、使うかどうか。片付けは一生続くから! 死ぬまで...」という安東さんの名言にドキッとした視聴者は多いと思います。実際、番組への反響も多かったと伺いました。

「そうですね。"刺激を受けて片付けを始めた!"という感想をたくさんいただきました。特に第2弾で私が担当させていただいた95歳の菊さんのお宅を見て、『歳を取ったら動けなくなる...テレビを通して再確認した』とおっしゃる方は多かったですね」

──95歳で一軒家に1人暮らししている菊さんのお宅は、S字フックが20個以上もぶら下がっており、機能をはたしていない手すりや、部屋の至るところから現れるハサミなど、モノにあふれていましたよね。

20200320_homediet_03.jpg

20200320_homediet_04.jpg
菊さんのお宅を見て「実家と一緒」と、危機感を感じる方も多かったのではないでしょうか。
安東さんが菊さんの普段の生活や動線をしっかりチェックした上で、「ここにモノを置かない」、「見た目はアレだけど、置いといたほうがいい」などを判断。さらに「いるもの」「いらないもの」は菊さんの意思を尊重し、ミリ単位で整理する姿は圧巻でした。家族だからといってむやみにモノの配置を変えたり捨てたりしてはいけない...と、とても勉強になりました。

「最近は片付けることが整理整頓ではなく、"捨てる"になりつつありますよね。だから『片付けよう!』と子ども世代に言われると、親御さんたちは『捨てられてしまう...』と思ってしまい、『私が死んでからにしてちょうだい!』と頑なになってしまう。子どもたちが良かれと思って取った行動が揉める原因になってしまったという話をよく聞きます」

──そうならないためにはどうすれば良いのでしょうか。

「私は『整理整頓しようか!』とお声がけするようにしています。整理整頓する中で、いらないものは処分していく。片付けの目的は暮らしやすい空間を作ることであり、捨てることが目的ではないですから

さて、4月は新生活を始める社会人や学生も多い...ということで、後半は、安東流! 新生活の収納アドバイス&お片付け論をご紹介!

1.実家は物置じゃない! 実家の部屋をキレイにしてから引っ越すこと!

「実家を出て一人暮らしをする方は、絶対に自分の部屋を整理してから出てください。実家を物置代わりにし、趣味のものを残していく方はとても多いのですが、実家は物置じゃありません(笑)。『全部捨てていいから!』と、親に後片付けさせるのも極力控えて欲しい。実際、親御さんが2階の子ども部屋から荷物を入れた大きな段ボールを運び、階段から転倒するという事例もあります。

新生活で快適な生活を送ろうと思うのであれば、まずはお世話になった実家をキレイにすることから始めましょう。そして親も子どもに『片付けてから出て行ってね』とビシッと言う! 子ども世代の皆さんも、ぜひそういう意識で旅立って欲しいものです」

2.新居では、作りつけのスペースを100%活用する!

「まずは部屋に備え付けてあるクローゼット、キッチンや洗面台の中にあるスペースを整理し、100%有効活用した上で収納グッズを購入しましょう。収納初心者の方は、新居で生活を始めてから、サイズを測って収納グッズを購入してください」

20200320_homediet_05.jpg
「同じく、収納の肝になるのが引き出しです。クローゼットであればまずは洋服をかけ、空きが出たスペースにピッタリ収納できる棚を置きましょう。今は高さや深さ、奥行きや幅など多彩なサイズの引き出しが販売されているので、場所や用途に合わせて組み合わせみてください」

3.見せる収納は危険がいっぱい! きちんと収納すれば、掃除もラクに

「最近は "見せる収納"がおしゃれキッチンの主流になりつつありますが、これはとても危険。お玉やトングをぶら下げておけばたしかに使いやすいのですが、お玉を取ろうと手を伸ばして洋服に引火してしまうケースや、フライパンを取ろうとしたらアツアツのシチュー鍋に落としてしまい大やけどをしてしまったというケースもあるので、コンロ周辺のぶら下げ収納は特に止めたほうがいいですね。しまう収納は安全性にもつながります。

『掃除は面倒くさいからやらない』と言う方の部屋は、だいだい面倒くさい部屋になっているもの(笑)。面倒くさい部屋とは、モノが出しっぱなしの部屋。しまう収納であれば、モノはすべて引き出しや棚や家具の中に入っているので、例えばキッチンであればコンロ周りも気軽に拭くことができます。新生活を始める方は、今が習慣づけをするいいチャンス! 今から習慣化しておけば、将来歳を重ねてもきっとリバウンドしないお家になるはずですよ」

──安東さん、ステキなお話をありがとうございました!

【安東英子 プロフィール】
一般社団法人「日本美しい暮らしの空間プロデュース協会」理事長。株式会社「IN.THE.HOUSE」代表取締役。10代のころから、部屋づくり・家づくりに興味を持ち自己表現の場とする。主婦歴や子育ての経験を経て住まいの空間プロデューサーとして活動開始。独自の収納方法だけにとどまらず、柔軟な発想力で各家庭のライフスタイルに合った新築やリフォームのプランも提案。2001年に福岡のテレビ局で部屋を大変身させるコーナーを担当し、話題に。著書「運命を変える収納術!」(主婦と生活社)ほか多数。公式サイト

安東さんも出演する「お家を丸ごとダイエット~家のモノぜんぶ出す!~」は、いよいよ明日夜6時55分放送! 今回はどんなダイエットが展開されるのか!

▼総重量約7トン!実家から持ち帰った両親の遺品が片付けられない!結婚して独立した長男の荷物もそのまま!埼玉県春日部市で暮らす3人家族がお家を丸ごとダイエット!

▼前回12月の放送でお家のダイエットに成功した「8人大家族」と「95歳おばあちゃん」のお宅の"3カ月後メンテナンス"を実施!両家はリバウンドせず暮らせているのか!?

20200320_homediet_06.jpg
すぐに役立つお片付けのヒントが満載です。番組をどうぞお楽しみに!


(取材・文/船桂子)

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

スゴイ!お片付けバラエティお家を丸ごとダイエット~家のモノぜんぶ出す!~

スゴイ!お片付けバラエティお家を丸ごとダイエット~家のモノぜんぶ出す!~

家に溜まった不要なモノを片付けたいけど、日々の生活でお手上げ状態…。 そんな悩める人たちのため、プロの手を借りて、たった3日間でお家をダイエットする企画。 プロの「いる・いらない」のアドバイスを参考に、全てが可視化された我が家のモノを家族一丸となって取捨選択していく。

放送日時:テレビ東京系列 3月20日(金・祝)夜6時55分

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧