• #
  • トップ
  • ライフ
  • いしだ壱成が田舎町に完全移住していた! キッカケとなった衝撃...

いしだ壱成が田舎町に完全移住していた! キッカケとなった衝撃的な事件とは?

ライフ

テレ東

2020.10.7 世界ナゼそこに?日本人

naze_20201007_01.JPG
10月8日(木)夜7時58分からは「ナゼそこ? あなたの知り合いに秘境で暮らす人いませんか? 2時間SP」を放送!

秘境に住む人知りませんか? 路線バスの終点...その先にある集落にひっそり暮らす96歳おじいちゃん激動人生▽いしだ壱成が地元・石川で聞き込み! 秘境集落で暮らす90代夫婦

【秘境に住む人捜索! 数珠つなぎ】
『あなたの知り合いに秘境で暮らす人いませんか?』と、街ゆく人から聞いた情報を頼りに、秘境に住む人を数珠繋ぎに探していく大好評企画。 今回は新潟・長野の県境に暮らす秘境人を紹介! さらに、自らも2年前に田舎町に移住したという俳優のいしだ壱成が地元・石川県で聞き込み! いしだの移住の理由にも迫ります。

バスの終点の先にある集落


新潟と長野の県境にある集落を目指して新潟県の越後湯沢駅から長野県最北の栄村へ向かい、バスの終点「百ノ木(もものき)」へ。その先には一体どんな人が住んでいるのか。さっそく聞き込み開始! 百ノ木の先に3つの集落が点在しているとの情報を入手し、まずは現在地から一番近い出浦(いでうら)集落へ向かう。

◆1人目

naze_20201007_02.jpg
人口わずか14人の小さな集落「出浦集落」に到着。最初に出会ったのは、山本三代喜(みよき)さん(75歳)。東京で車の整備士として働いていたというが、5年前、ある理由でたった一人、この集落に移住し、未経験ながら農業を始めたという。本を読み、見よう見まねで始めたにもかかわらず、今では10種類以上の野菜を栽培。収穫した作物は農協にも卸しているそう。しかし一体なぜ、東京から新潟の山の中にやって来たのか。その理由とは?

◆2人目

naze_20201007_03.jpg
三代喜さんの友人からの情報で、出浦集落からさらに山奥に入った下日出山(しもひでやま)集落に、たった一人で秘境生活を送っているという山本芳一さん(66歳)を訪ねることに。この辺りの集落は同じ名字の人が多いため、区別するため屋号で呼び合っているそう。ちなみに芳一さんの屋号は「上」。「上の芳一」などと呼ばれているのだとか。聞けば、家は子供の頃にお世話になったご夫婦が90歳の時に建てたもの。完成後間もなくご夫婦が相次いで亡くなり、後を継ぐ人がいなかったため、当時は別の場所に住んでいた芳一さんが譲り受け、この家で暮らすことになったのだとか。家の裏手ではユウガオという野菜を栽培。ひも状に向き、2日ほど干せば、巻き寿司などに使われるかんぴょうになるという。

◆3人目

naze_20201007_04.jpg
芳一さんから、山を越え、県をまたいだ長野の山奥の集落にたった一人で暮らしている人物がいるとの情報を得て、五宝木(ごほうぎ)集落へ。

3人目の秘境人・福原義隆さん(69歳)に話を伺っていると、そこへ一人のおじいちゃんが現れた。義隆さんの父・勇一(ゆうかず)さん(96歳)だ。この集落に来た時はもともと勇一さんが一人で住んでいたが、現在は親子2人で暮らしているのだとか。息子・義隆さんはこの辺りに自生している山菜を直売所に卸し、父・勇一さんは手作りの草履を販売し、生活費の一部にしているという。手先が器用な勇一さん、なんと2階建ての自宅も手造りなのだそう。

家の中へ案内されると、部屋の真ん中に大きな味噌樽が! 樽の中には亡くなった奥様が生前作った味噌が...。果たして15年以上放置されていた手作り味噌の味は!?

五宝木集落とは別の集落で生まれた勇一さんは、なぜこの地に住むことになったのか。そして、夢だった料理の道を進み、自分のお店を持つほどになった義隆さんが山奥の集落に帰ってくることを決意した理由とは?

日本海の秘境・石川県の山奥にひっそりと暮らす90代の夫婦


俳優・いしだ壱成が地元・石川県で秘境人探しに挑戦! 実はいしだは10年ほど前から「鶴来(つるぎ)」という田舎町で暮らし始め、2年前に完全移住したという。そのキッカケとなったのは、ある衝撃的な事件だというが...その前に、まずは本題の秘境人探しへ。

naze_20201007_06.jpg
やって来たのは、朝市で有名な輪島市。海女さんたちが暮らす離島の情報を入手するが、取材NG。市役所で紹介してもらった「樽見集落」という秘境集落に住む90代の宮本さんご夫婦を訪ねることに。日本海に面した門前町から細く険しい山道を登り続けた先にひっそりと佇む、住民わずか3人の樽見集落。幼い頃に屋久島に移住し、電気や水道のないジャングルのような場所で自給自足のサバイバル生活を送っていたといういしだが「小学校の頃を思い出す」と懐かしむこの秘境集落にはどんな人が暮らしているのか。

naze_20201007_07.jpg
宮本宏さんは昭和4年生まれの91歳。妻・ミカノさんは、ひとつ年下の90歳。さっそくお二人の山奥生活に密着してみると...いきなり驚きの光景が! なんと宏さんが屋根の修理や解体作業をし始めたのだ。それが終わると今度はショベルカーを駆使して道路の除草作業。たとえ山奥であろうと何でもできてしまう宏さんだが、唯一太刀打ちできないのが、野生のイノシシ。丹精込めて育てた行者ニンニクを荒らされてしまい、畑は壊滅状態に。電気柵を設置するなど対策を行なっているという。周りにはスーパーも何もなく、不便な山奥での生活だが、そもそもお二人の出会いとは? そして今回、秘境人探しをしてくれたいしだは、なぜ東京から石川県の田舎町に移住したのか? その理由に迫るため、ご自宅に伺うことに!

naze_20201007_05.jpg

【ゲスト】
劇団ひとり、トリンドル玲奈、大野拓朗

naze_20201007_08.JPG

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

世界ナゼそこに?日本人

世界ナゼそこに?日本人

世界で活躍する知られざる日本人を紹介する新番組。ナゼ海外で働くのか?日本から遠く離れた土地で働く理由を波欄万丈な人生ドラマをまじえて紐解いていく!

放送日時:テレビ東京系列 毎週木曜 夜9時放送

出演者

【MC】ユースケ・サンタマリア、新井恵理那

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧