• #
  • トップ
  • ライフ
  • 男性から女性へ...アイドルそしてツアーガイド...「整形シ...

男性から女性へ...アイドルそしてツアーガイド...「整形シンデレラ」1位サンのその後を徹底取材!

ライフ

テレ東

2020.12.21

12月21日に「気になる1位サンの日常」を放送。「食べログの投稿数1位サン」や「整形コンテストの1位サン」など、世の中の"ちょっと気になる1位サン"の日常を密着取材! 1位であり続けるための異常なこだわりや、なぜ目指したのか...1位サンの半生を解き明かしました。すると、驚きの事実が明らかに! スタジオに、かまいたち、近藤春菜、土屋アンナを迎え、凡人には理解できない"1位サン"の生態に迫ります。

「テレ東プラス」では、「整形コンテストの1位サン」の内容をご紹介。

「湘南美容クリニック」が開催する公開美容整形コンテスト「整形シンデレラ」。1年間に及ぶ面接や合宿審査で、総勢300人の応募者の中から10人のセミファイナリストを選出。選ばれた10名には整形手術が行われ、その費用が全額免除となるコンテストです。グランプリには賞金300万円が贈呈されます! しかし、グランプリになるために大切なのは、外見よりも内面。そんなグランプリの座を手にした1位サンは、その後どんな人生を送っているのでしょうか? 気になる歴代グランプリ3名のいまを直撃取材しました。

1人目は、約3年前、第2回グランプリに輝いた馬場汐音さん(26)。

no1_20201221_01.jpg
手術したのは全6ヵ所で、総額約200万円。一体なぜ整形したのでしょうか?

no1_20201221_02.jpg
実は汐音さんは元男性。幼い頃から性別に違和感があり、声変わりが始まると喉を殴るなどし、体に対する嫌悪感と戦い続けてきました。そして21歳の時、タイで性転換手術をすることに。その後は「ゴツゴツした見た目を変えたい」と整形コンテストに応募し、ぶっちぎりの評価でグランプリの座を手に入れました。

no1_20201221_03.jpg
そんな彼女が1位サンになってわかったのは「女性らしさを求めていたけど、ステレオタイプの女性らしさや男性らしさにとらわれること自体がもったいない」ということ。嫌っていた自分の体を好きになり、ポジティブに考えることができるようになったそう。

no1_20201221_04.jpg
いまは筋肉質な体格を活かし、遊園地やショッピングモールの忍者ショーなどアクションの仕事で活躍しています。

続いては、第4回グランプリの尾上七海さん(23)。元々整形願望があった七海さんは、重い一重まぶたのせいで、学生の頃好きだった人に「どこを睨んでいるの?」と言われたことを機に整形を決意。

no1_20201221_05.jpg
まぶた・涙袋・目頭切開など12ヵ所を整形し、無料になった費用はなんと約700万円!
そんな七海さんは、大阪ではちょっと有名なアイドルグループ「メルヘンヌ」のメンバー。"一緒に飲めるアイドル"をコンセプトにした、アイドルステージ「大阪メルヘン」に出勤し、ショーの後はお客さんとお酒を楽しみます。

no1_20201221_06.jpg
ファンの人気投票でCDデビューすることができたり、給料も上下するそうですが、実は七海さん、整形前からアイドル活動をしていました。「アイドルが整形って大丈夫なの?」という心配をよそに、七海さんは「ありだと思います!」と明るく笑います。整形前は片手で数えられるほどしかいなかったファンが、整形後は両手で数えられる人数に増加。給料も10万円から15万円にアップしました。

no1_20201221_07.jpg
しかし、ファンの数や給料以上に変わったのが、メイクにかける時間。整形前は二重にするため、メイクに3〜4時間かかっていましたが、現在は30分ほどに短縮。女子としてこれはかなり大きな変化です!

no1_20201221_08.jpg
最後は、第1回グランプリの笹野千枝里さん(23)。東京・浅草を舞台に、ライブ形式で観光を行う「バーチャルツアーガイド」として働いています。

no1_20201221_09.jpg
鼻筋にはセラミックを入れ、鼻先には耳の軟骨を移植し、合計8ヵ所の整形手術を受けた千枝里さん。総額400万円の費用が無料になりました。

グランプリの賞金300万円を手にした千枝里さんは、そのお金でロサンゼルスにダンス留学。「向こうには、LGBT系の子が結構多くて、理解を深めようと思ってLGBTのことを調べていくうちに、自分はアセクシュアルだと気づいた」と話します。

no1_20201221_10.jpg
LGBTに詳しい心理カウンセラーの村上裕さんは、「アセクシュアルとは、生理的に性的欲求や興奮が自発的に起きない性質のことを指します。アセクシュアルの方々は、異性の友人に対し、大切に思っている気持ちを素直に表現しているだけなんですけど、それがアセクシュアルじゃない人にとっては恋のサインに見えてしまう」と解説。千枝里さんにも、親友だと思っていた男性から告白されてしまい、困った過去がありました。

「過去に好きになった異性はいなかったのか?」そう聞いてみると、千枝里さんは「男性に対してカッコいいと思うことはあるんですけど、その子と付き合いたいとかは1ミリもなかった。付き合ったことは1度もない」と話してくれました。美容整形を通し、"アセクシュアルである"という自分の内面気づくことができた千枝里さん。「これを含めて私という人間だから、理解してくれないなら近くにいなくていい」と、自分らしい道を歩んでいます。

番組ではこのほか、「記憶力の1位サン」「食べログの投稿数1位サンの日常を紹介!
この放送は、「ネットもテレ東」で期間限定配信中です!

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧