• #
  • トップ
  • ライフ
  • レジェンドと呼ばれる"元サッカー日本代表"が田舎町で不便暮ら...

レジェンドと呼ばれる”元サッカー日本代表”が田舎町で不便暮らし! 移住を決意した”驚きのワケ”

ライフ

テレ東

2021.1.9

2021年1月1日に放送した、「ニッポン不便大賞」あえて苦労を選ぶ日本一の"幸せ不便さん"を大調査!。MCにアンタッチャブル、ゲストに森川葵を迎え、不便調査員が"便利なこの時代にあえて不便な生活を送る人たち"を大調査! 彼らは一体どんな生活を送り、ナゼわざわざ大変な道を選ぶのか!? 「日本一幸せな不便さん」探しで驚きの人生ドラマが連発! あえて大変な生活を送る面白いけど感動しちゃう"幸せ不便さん"が続々登場します。

「テレ東プラス」では、「元サッカー日本代表・久保竜彦が栄光を捨て選んだ田舎暮らし...久保が選んだ驚きの第二の人生! そして思わず笑みがこぼれる素敵な不便生活とは!?」の内容を完全プレイバック!

不便調査員・じゅんいちダビッドソンがやって来たのは、東京から約730km離れた山口県光市室積。この港町に元サッカー日本代表の不便さんが住んでいるとのこと。

fuben_20210109_01.jpg
「腹減ったけぇ、魚でも釣ろうと思って」と食料を調達していたのは、元サッカー日本代表のエースストライカー・久保竜彦さん。1990年代後半のサッカーシーンに彗星の如く現れ、日本代表戦では32試合に出場し、11ゴールを記録。同世代の中田英寿や中村俊輔と共にサッカー界を牽引し、無口で素朴なキャラクターも注目され、一躍人気者に。生涯年俸は推定4億円。「歴代最高のフォワード、レジェンドですよ!」とじゅんいちも大興奮します。

久保さんは8年前にプロを引退し、広島市内に住んでいましたが、2年半前に移住。誰もが羨む輝かしい経歴の持ち主ですが、なぜ、わざわざ不便な田舎町に移住したのでしょうか? まずは、その暮らしを見せてもらうことに。

fuben_20210109_02.jpg
3LDKの戸建て賃貸物件で、妻・佳奈子さんと2人暮らし。大学生の長女は神戸で一人暮らし、テニス選手として活躍する次女・杏夏さんは東京で暮らしています。佳奈子さんによると、久保さんはある日突然移住を決意し、2週間後には引っ越し。杏夏さんが海外遠征に行っている間の引っ越しで、「帰って来たら家も学校も変わっていた」というから驚き。

fuben_20210109_03.jpg
久保さんが特に気に入っている場所が、コーヒーの焙煎小屋。現地の知人と共同で使用しており、外観も内装もカフェのようにお洒落。毎週火曜と金曜にマルシェでコーヒーを出しています。将来的にはコーヒー豆を卸す、ショップを出すというビジョンがあるそうで、興味を持ったら何でも手を出すのが久保さん流。こだわりのコーヒーを振る舞ってもらったじゅんいちは、「めっちゃパンチある! 美味いなぁ」と優雅なひとときを過ごします。

fuben_20210109_04.jpg
無口なキャラで、現役の時はインタビューでもあまり喋らなかった久保さん。じゅんいちが「あれってどういう心境だったんですか?」と聞くと、「あまりメシを食わずに試合をやっていたから、終わったら腹ペッコペコで。喋りたくないというより早く食いたかった(笑)」と打ち明けます。

fuben_20210109_05.jpg
焙煎小屋の隣には、知人から借りている畑が。自給自足を目指し、トマトやピーマン、サツマイモなどを育てて食料にしているそう。せっかくなので、久保さん手作りの野菜を収穫させてもらうことに。

fuben_20210109_06.jpg
久保さんが畑作業のために履き替えたのは、現役の時のスパイク。じゅんいちが「用途が変わりすぎてるやろ!」とツッこむ中、沢山のサツマイモを掘り、アルミホイルで包んで焼き芋にします。できたてホクホクの焼き芋は、まるでスイーツのよう! 田舎暮らしをエンジョイしているのはよく分かりましたが、収入はあるのでしょうか?

fuben_20210109_07.jpg
組織や人付き合いが苦手な久保さんですが、もちろんサッカーは大好き。現在も、全国各地のサッカー教室で子どもたちに教えています。「どこでも行くよ。この前は北海道まで行った。自転車、在来線、新幹線、飛行機を乗り継いで、クソ面倒くさかった」と、実に正直(笑)。

fuben_20210109_08.jpg
不便と分かっていながらも久保さんが移住したのは、都会に馴染めなかったから。田舎で生まれ、山で遊んで育った久保さんにとって、都会暮らしは頭がついていかずキツかったそう。さらに、久保さんがこの地にいたい一番の理由は...。

fuben_20210109_09.jpg
なんと塩作り! 久保さんは、港から船で20分の場所にある瀬戸内海の離島・牛島で塩作りに取り組んでいました。島にある塩小屋に興味を持ち、訪ねたのがキッカケで塩作りに没頭。「いつか島に家と塩小屋を作って、野菜も作って、自力で生活できるようになりたい」と語ります。久保さんにとってこの地は、自給自足の夢を叶える理想の場所なのです。

番組ではこのほか、

・超秘境にある"○○めぐり"に魅了されたパワフル主婦に密着! 結婚し子育てをしながら山奥や洞窟の中を突き進むすごい母に密着で、とんでもない絶景を見る!

・埼玉の秘境にアンテナだらけの謎の小屋が! ある趣味のため超不便な小屋をつくってしまった男性に密着!

・普通は住まない"ある商業施設"を自宅にしてしまった家族に密着! 住むにはとっても不便だけど街を巻き込む感動の物語があった!

をお届けします。

この放送は、「ネットもテレ東」で期間限定配信中です!

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧