• #
  • トップ
  • ライフ
  • 極貧生活から1億円豪邸暮らしへ!「感謝はしてるけど」野球少年...

極貧生活から1億円豪邸暮らしへ!「感謝はしてるけど」野球少年が明かす胸中:家、ついて行ってイイですか?(明け方)

ライフ

テレ東

2021.7.13 家、ついて行ってイイですか?(明け方)

7月12日(月)に放送した「家、ついて行ってイイですか?(明け方)」(毎週月曜深夜)では、埼玉県のバッティングセンターで出会った、しょうだみらいくん(14歳)のお家について行くことになります。

homeii_20210713_01.jpg【配信終了:7月27日(火)】動画はこちら

みらいくんの野球教室が終わるのを待って、お母さんのちはるさん(51歳)が運転する車でお家に向かいます。「野球でプロに行くので。野球中心の生活をしている」というみらいくん。「勉強はしない。野球でプロ行くんで勉強はしない」と言い切ります。

さらに、「プロ野球は観ない、今は中学野球をしているので、中学野球にしか興味ない」と、目の前のことにまっしぐらに突き進む様子が伺える言葉がバンバン飛び出します。

homeii_20210713_02.jpg
みらいくんが「広いほう」というお家は、本当に広かった! 築3カ月・6SLDKにして1億円!!家具や家電のスケールも大きく、約150万円の業務用の洗濯機、飲食店並みの厨房、業務用の冷蔵庫、さらに85インチの超大型テレビなど度肝を抜かれます。

homeii_20210713_03.jpg
洗面所には岩盤浴マシンまで設置。疲労を回復するために利用しているそうです。浴室には別に扉が...。野球の練習で汚れたユニフォーム姿のまま、外からお風呂に直行できるようにとの配慮からだそうです。

homeii_20210713_04.jpg
さらに廊下にはうんていが! 「妹(ゆめほちゃん・9歳)がやる。僕はやらない。怖くてできない」。

homeii_20210713_05.jpg
みらいくんの部屋には、リトルリーグの北関東大会で優勝した盾と一緒に、これまで使用してきたグローブが飾られています。気になるみらいくんの野球の腕前ですが...「U-15の日本代表候補。関東では35人ぐらい。キャッチャーをしています」...スゴい! 今後の進路は「甲子園に行ったほうがプロになりやすいから甲子園で活躍したいけど、高校野球で大事にしたいのはプロへの準備。野球に集中するために、寮のある高校で寮生活をしたい」と、語ります。が、お母さんが作った特大チーズハンバーグを食べて「いつも変わらず美味しい」と、子どもっぽい笑顔を覗かせる一面も。

homeii_20210713_06.jpg
ここで、お父さんのこうすけさん(39歳)が帰宅。現在は従業員30人を抱える社長さんですが、15年前に「みらいが生まれた年にトラック1台で始めた」会社だそう。

創業時はリーマンショックの影響を受けて「燃料費もすごく高くて、お金がなくて。灯油も買えない、燃料も入れられない」状態。そのため灯油を500円分だけ買って本当に寒いときだけつけたり、高速道路も料金所で「車検証で」というと後払いができるので入金されてから払ったりと、まさに自転車操業だったそうで、ひどいときには水道もガスも電気も止められてしまったことも。そうした状況が10年も続いたといいます。

homeii_20210713_07.jpg
お仕事が軌道に乗っている今、寮生活できる高校を希望するみらいくんのために「1年ちょっと一緒に住めると思って建てた。余裕はないけど、みらいが出ちゃうからちょっと無理した」と、ちはるさん。ゆめほちゃんは「広くなったから嬉しい」と無邪気に喜びます。

一方でみらいくんは正直な気持ちを話します。「まだ、僕の夢は叶っていないから感謝はあるけど言いたくはない。夢が叶ってから感謝の気持ちを言いたい。全部終わってから。メジャー行って野球を引退したら...感謝の気持ちを伝える。40歳ぐらい」。

ちはるさんは「死んでる!」と叫んだあとに、「まだローン払ってるね」と大爆笑。

ご両親に感謝を伝えるその日まで、日本を代表する野球選手になって活躍してくださいね! 応援しています!!

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

家、ついて行ってイイですか?(明け方)

家、ついて行ってイイですか?(明け方)

終電を逃した人に、タクシー代を払う代わりに「家、ついて行ってイイですか?」とお願いし家について行き、それぞれの家で発見される素敵な人生ドラマを追いかけます。

放送日時:テレビ東京系列 毎週月曜 深夜3時55分

出演者

ビビる大木、矢作兼

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧