• #
  • トップ
  • ライフ
  • ノーベル賞有力候補!「TIME」誌が絶賛する<世界の50人に...

ノーベル賞有力候補!「TIME」誌が絶賛する<世界の50人に選ばれた女性>

ライフ

テレ東

2021.8.10 23時の密着テレビ「レべチな人、見つけた」

8月10日(火)夜11時6分からは、23時の密着テレビ「レべチな人、見つけた」を放送。ディレクターが「世の中に1%くらいしかいないだろう」というレベル違いなすごい人「レベチさん」に密着し、ビートたけしと国分太一にプレゼンする。

「テレ東プラス」では、放送の中から「TIME誌が絶賛!世界の50人に選ばれた女性」の内容を先取りでご紹介!

今回紹介するのは、アメリカのニュース雑誌「TIME」で「世界の発明50」に選ばれたレベチさん。早速、都内在住のレベチさんに会いに行くことに。
発明の内容について話を聞くと、飛び出したのは「ボディシェアリング」なる単語。その意味は、体の動きや体験をみんなで共有することらしい。「実際にやってみましょう」とレベチさんが取り出したのは、機械がついた白いパッド。

rebechi_20210810_01.jpg
レベチさんとスタッフは同じ機械とパッドを腕に装着。そして実験スタートするが、驚き! レベチさんが手を動かすと、全く同じようにスタッフの手も動く。体の動きを分け合うこと、これぞ「ボディシェアリング」!
スタッフは決してレベチさんの動きを真似しているのではなく、「勝手に握らされる」と語る。「今までで一番凄い人出てきた!?」とスタジオの太一も興奮。

真似していないことを証明すべく、目隠しとヘッドホンで耳をふさぎ、完全シャットアウト状態で改めて確認することに。ボディシェアリングは、自分が動かした筋肉のデータを他の人に送信し、全く同じ動きをさせることができる機械なのだ。

rebechi_20210810_02.jpg
レベチさんが棒を動かすと、見えていないにもかかわらず、ほぼ同時にスタッフの腕が動き、小さな棒でタンバリンを叩く。完全に動きが一致!

rebechi_20210810_03.jpg
腕に巻く機械とパッドに仕込まれたセンサーが電気刺激を与えて筋肉を収縮させ、手指の動作を制御する。この装置を作り上げたレベチさんは、ノーベル賞に近い研究者として、世界で注目されている。

rebechi_20210810_04.jpg
筋肉の仕組みを知るために生物学を3年間学び、電流の強さがわからず、何度も火傷やケガを繰り返した後にボディシェアリングを発明。今後は、この技術を伝統文化の保存やケガ人のリハビリに役立てたいと考えている。

番組ではこの他、「日本でただ一人◯◯を職業にしちゃった女性」をお届けする。8月10日(火)夜11時6分放送! 23時の密着テレビ「レべチな人、見つけた」をどうぞお楽しみに!

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

23時の密着テレビ「レべチな人、見つけた」

23時の密着テレビ「レべチな人、見つけた」

“世の中に1%くらいしかいないだろう!”という“レベチな人”を探し出し、“レベチな部分”をたけしさん・太一さんにプレゼンする番組

放送日時:テレビ東京系列 毎週火曜 よる11時6分~11時55分

出演者

【MC】ビートたけし、国分太一

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧