全国の農家が競う”絶品”グランプリ!メロン農家の父娘 涙の大逆転劇:ガイアの夜明け

ガイアの夜明け【 争奪!“絶品”グランプリ~新時代の農家“スター誕生”~ 】

【10月15日(火)夜10時放送】 地方の農家と異業種をコラボ、農作物を“売れる商品”にし日本全国さらには世界まで打って出ようというプロジェクトがある。“スター農家”が誕生する瞬間に密着! https://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/ 「ガイアの夜明け」過去回が見放題! 見逃した方は、テレビ東京ビジネスオンデマンド(BOD)へ。 https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/

ビジネス

テレ東

2019.10.15 ガイアの夜明け
現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。10月15日(火)の放送では、全国の農家が絶品グルメで競うコンテストを徹底取材。"零細メロン農家の父娘"の挑戦と転機を追う。

"父のメロン"のおいしさを伝えたい


世界でも高いレベルを誇る日本の農産物。しかし高齢化や後継者不足に加え、年々消費者が求めるレベルが上がっていることもあり、ただいいものをつくっているだけでは生き残れない現実がある。そこで7年前から、地方の生産者と異業種をコラボレーションさせ、無名の農作物を売れる商品へと生まれ変わらせる取り組みが始まっている。

gaia_20191015_01
それが「にっぽんの宝物」グランプリ。全国各地の生産者たちが異業種とコラボし、グルメ商品を開発して競い合う大会。まず生産者はセミナーに参加する。そこでは、農家だけでなくホテルのシェフやデザイナーなども同席。そこで出会った異業種の人たちとコラボし、今までにない商品づくりにチャレンジする。商品を開発したら、7地域で開催する地方大会に出場。そこで勝ち抜いた商品は、全国大会に進出できる。さらに勝ち抜けば、最後はなんと、シンガポールで催される世界大会に出場することができる。

各大会でグランプリを獲得しても賞金は出ないが、生産物や技術を国内外に広くアピールすることができる。「オオヤブデイリーファーム」(熊本県合志市)が製造している「ミルコロエイジングヨーグルト」も、昨年のグランプリ獲得を機に全国へ販路を広げた。ジャージー牛から絞った新鮮なミルクから製造し、上はクリームチーズのように濃厚、下はさっぱりとした味わいの2層構造になっているのが人気の商品だ。

gaia_20191015_02
同じく大会で特別賞を獲得した「沢渡の"茶大福"」(高知県仁淀川町)をつくる茶農家・岸本憲明さん(37)の生活も一変した。茶葉を皮にも餡にも練りこんだ茶大福は、年間10万個を販売するヒット商品に。販売前の年商は約80万円だったが「今は100倍くらいになった。大きな転機になった」と言う。

gaia_20191015_03
この「にっぽんの宝物」を主催するのは羽根拓也さん(52)。本業は企業向けの人材育成に携わっている一方で、「にっぽんの宝物」はほとんど自費で手がけている。その思いを「日本の地方には隠された宝物がある。少子高齢化でいいものを継げず生業(なりわい)にできない人が増えてきている。すごくもったいない。売れる成功事例を作りたい」と語る。

gaia_20191015_04
今年も全国各地で大会に向けたセミナーが開催され、各生産者がしのぎを削る。6月、長崎県島原半島のセミナー会場では、総勢47人の参加者が集まった。生産者やパティシエ、デザイナーなどが名刺を交換。羽根さんに促されてそこかしこでコラボの話がまとまり、新たな商品開発を模索していく。そんな中、参加者の一人「栄木農園」(長崎県雲仙市)からイチゴを持参した栄木志穂さん(40)は、本当に出品したいものが他にあるという。

gaia_20191015_05
「"父のメロン"のおいしさを伝えたい」と熱く語る志穂さん。志穂さんの父・栄木正孝さん(66)がつくる「雲仙グリーンメロン」は、同じ品種のものでも、他のメロンよりはるかに大きく糖度が高いと評判。しかし、妻と2人でつくっているため年間約800個の生産が限界で、地元の常連客向けに販売している。

gaia_20191015_06
志穂さんは正孝さんのメロンづくりを継ぎたいと考えているが、正孝さんは「(志穂さんは)雑だから(継がせたくない)」と認めてくれない。そのため、志穂さんは別のビニールハウスでキュウリやイチゴを育てている。志穂さんが暮らすのは畑のすぐそばの実家で、シングルマザーとして3人の息子を育てながら、農業との両立を続けている。

gaia_20191015_07
「私は所得が300万円くらいしかない。きつい。どうにかならないかとわらをもつかむ気持ちで見つけたのが『にっぽんの宝物』だった」と志穂さん。正孝さんにメロンの出品を訴えたものの、返ってきたのは「全国の人に食べてもらうほどの個数はない」とのつれない返事。

なんとかして現状を打破したい...諦めきれない志穂さんは、セミナーで知り合った創業102年の酒蔵を訪れ、コラボ商品の開発に乗り出す。そして6月下旬「にっぽんの宝物」グランプリ島原大会当日。7つの地方大会で70チームが争い、27チームが全国大会へと駒を進めることができる。200年続く農家と100年続く酒造が生み出した異色のコラボ商品は、果たしてどんな評価を受けるのか?

そして、出場に消極的だった父・正孝さんに志穂さんの思いは届くのか。番組では、グランプリ出場をきっかけに、思いがけない展開が待ち受ける親子2人の感動ドラマに密着した。

gaia_20191015_08
番組では地方大会だけでなく、全国大会、さらには世界大会の様子も紹介。無名だった農作物が「宝物」に生まれ変わり"スター農家"が誕生する瞬間を、今晩10時からの「ガイアの夜明け」で放送。どうぞお見逃しなく!

過去の放送が見たい方は、ビジネスオンデマンドへ!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

ガイアの夜明け

ガイアの夜明け

事実はニュースで、真実はガイアで。江口洋介がナビゲートする経済ドキュメンタリー番組の決定版。

放送日時:テレビ東京系列 毎週火曜 夜10時

出演者

【案内人】江口洋介【ナレーター】杉本哲太

人気の記事POPULAR ARTICLE

カテゴリ一覧