町工場の大ヒット鍋「バーミキュラ」極秘開発中の意外な調理器具とは?:ガイアの夜明け

ガイアの夜明け【 町工場の「鍋」が食を変える! 】

【12月17日(火)夜10時放送】 海外メーカーの鍋が大きく売り場を占めている中、海外メーカーと肩を並べるメイド・イン・ジャパンの「鍋」をめぐる町 工場の熱い戦いを取材する。 「ガイアの夜明け」過去回が見放題! 見逃した方は、テレビ東京ビジネスオンデマンド(BOD)へ。 https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/ #ガイアの夜明け

ビジネス

テレ東

2019.12.17 ガイアの夜明け

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。12月17日(火)の放送では高価格でも人気を集める調理器具の市場へ。自社製品で挑む町工場の挑戦を取り上げる。技術の粋を結集し、課題を乗り越える新商品開発の現場に密着した。

「バーミキュラ」新商品開発に極秘密着!


日本の製造業を支える町工場。予期せぬ元請けからの受注減や値下げ要求など、先行きが不透明な中、自社の強みを生かした自社製品の開発へと舵を切り、成功している会社が現れている。

名古屋市を流れる運河のほとりに12月にオープンした新名所が「バーミキュラビレッジ」。バーミキュラは食材から出る水分だけで"無水調理"ができる鋳物ホーロー鍋で、多くのライバル商品が並ぶ高級調理器具市場の中でも高い人気を集めている商品だ。

gaia_20191217_thum1.jpg
ここではその"バーミキュラ"の全てが体験できる。例えば、レストランで出される料理は全部バーミキュラで調理するという徹底ぶり。ほかにも、料理教室が開かれるキッチンスタジオや、ここでしか買えない限定品を販売する直営のショップを備え、オープン以来連日大盛況が続いている。

gaia_20191217_02
バーミキュラを開発したのは名古屋市にある会社「愛知ドビー」。戦前から続く鋳物工場を引き継いだ3代目社長の土方邦裕さんと弟で副社長の智晴さんが、精密加工の技術を活かしてバーミキュラを開発し、2010年に販売を始めた。当初は下請けの仕事と並行していたが、現在は下請け仕事をやめ、バーミキュラの製造に特化している。バブル崩壊時には倒産の危機にも直面した会社を一大調理器具ブランドに成長させた2人は、次の展開を見据え、あるものを極秘で開発していた。

gaia_20191217_03
4月上旬。本社で進めていたのは新製品の開発会議。楕円形のオーバル鍋や食パンを焼くための型など、開発中の新製品が並ぶ中、満を持して運ばれてきたのはなんとフライパン。フライパン市場はリーズナブルなアルミや鉄製が中心で、中でも軽さを売りにした商品が売れ筋。土方兄弟は、バーミキュラ・ブランドの新たな主力商品とするべく、通常は重くて敬遠されがちな鋳物製のフライパンで勝負をかける。

gaia_20191217_04
フライパンのデザインを託されたのは、2年前に「愛知ドビー」へ転職してきた松本和也さん。レーシングカーの開発経験もある新進気鋭のデザイナーだ。これまでにない鋳物のフライパンのデザインを目指す松本さんを悩ませたのは、やはり軽量化の問題。軽くするために薄くする必要がある。目指すのは、厚さ1.5ミリの実現だ。通常のバーミキュラの鍋の厚みの半分となる、未知なる領域への挑戦が始まった。

gaia_20191217_05
「全然ダメだ...」フライパンの試作を進める工場では、土方兄弟のため息が漏れる。1.5ミリの鋳物製フライパンの実現という社運を賭けた開発は困難を極めていた...。

"空気以外何でも削る" 町工場が究極の鍋に挑戦


三重県に、"第二のバーミキュラ"を目指す会社がある。従業員55人の「中村製作所」。ロケットや潜水艦などにも使われる精密部品を作ってきた、精巧な削りの技術を持つ町工場だ。ここが開発したのが、余熱調理ができると評判の土鍋「ベストポット」。四日市の伝統工芸品「萬古焼(ばんこやき)」を削りの技術を駆使して蓋と鍋の隅間をなくし、高い蓄熱性能を実現した土鍋だ。

gaia_20191217_06
社長の山添卓也さんは、大学卒業後、先代の父・勝美さん支えるため「中村製作所」に入社。しかしその直後に亡くなってしまった父の後を受け、24歳の若さで会社を継ぐ。さらにその8年後には、リーマンショックの影響で仕事が激減、売り上げが一時9割も減る事態に。これを機に、職人だった父の「空気以外、何でも削ります」をモットーに、自社商品の開発に乗り出した山添さん。チタン製の判子や、金属から削りだしたワイングラスなど開発し、やがて土鍋を削った「ベストポット」にたどり着く。

gaia_20191217_07
「ベストポット」の販売台数は、1年半で約4000個。だが、事業の大きな柱にするためにはまだまだ売り上げを伸ばす必要がある。そこで、知名度向上のために、定期的に料理体験会を開催していたが、イベントスタッフや参加者のアンケートでは「IH対応」を望む声が多く寄せられる。若い層を中心にIHを利用する家庭が増えているが、陶器で作られた「ベストポット」は電気に反応しないため使うことができない。ニーズがあると睨んだ山添さんは、早速IHでも使える「ベストポット」の試作に取り掛かった。しかし開発はそう簡単ではなかった。その時に救いの手を差し伸べたのは...。

gaia_20191217_08
町工場を守るため、自社製品の開発に挑戦する若き経営者たちの熱き戦いを追った「ガイアの夜明け」は今晩10時から放送。どうぞお見逃しなく!

過去の放送が見たい方は、ビジネスオンデマンドへ!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

ガイアの夜明け

ガイアの夜明け

事実はニュースで、真実はガイアで。江口洋介がナビゲートする経済ドキュメンタリー番組の決定版。

放送日時:テレビ東京系列 毎週火曜 夜10時

出演者

【案内人】江口洋介【ナレーター】杉本哲太

人気の記事POPULAR ARTICLE

カテゴリ一覧