ウィーワークがNY上場 SPACを通じて<モーサテ>

ビジネス

テレ東

2021.10.22

txbiz_202110221200_01.jpg
シェアオフィス大手のウィーワークは21日、SPAC(特別買収目的会社)との合併を通じてニューヨーク証券取引所に株式を上場しました。上場初日は、合併したSPACの前日の終値を13.5%上回る11ドル78セントで、取引を終えました。

ウィーワークは、2019年にも上場を計画していましたが、規模の拡大を急いだ結果経営が行き詰まり、計画の撤回に追い込まれていました。その後は、株主のソフトバンクグループが経営の再建を支援していますが、2021年4月から6月期は9億2300万ドルの最終赤字と厳しい業績が続いています。

※Newsモーニングサテライト


※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

カテゴリ一覧