• #
  • トップ
  • トラベル
  • "天空の城"冬の竹田城跡で行なわれた厳かな式典とは?:空から...

トラベル

BSテレ東

2018.3.9

“天空の城”冬の竹田城跡で行なわれた厳かな式典とは?:空から日本を見てみようplus

sorakara_20180309_video.jpg
【配信終了日:3月15日(木)】動画はこちら


日本全国の空を飛び回り、上空から見て回る新感覚バラエティー「空から日本を見てみよう plus」。いい声でダンディーな"くもじゅんいち"とフランス上空の血が入る"くもみーヌ"がすてきな空の旅をお届けします!


sorakara_20180309_01.jpg


3月8日(木)の放送では、京都福知山〜兵庫城崎温泉の空を巡りました。かつての城下町・福知山をスタートし、"天空の城"竹田城跡を見下ろしながら、1300年の歴史を持つ城崎温泉を目指します。


sorakara_20180309_02.jpg


山陰本線沿いにスタート。駅前には、福知山城がそびえ建っています。福知山城を建てたのは、言わずと知れた武将・明智光秀。城の天守は再建したものですが、石垣の一部は400年前のものがそのまま使われています。石垣の中には、「転用石」と呼ばれる、墓石・供養石などを再利用したものが見られます。石材不足であることや、「自らの遺臣を天下に示すため」という意味が込められていることなどが、理由として考えられているそう。


川を整備したり、商業活動を奨励したりして、福知山を城下町として築いた明智光秀は、地元のヒーローとして御霊神社に祀られています。


sorakara_20180309_03.jpg


さらに進み、兵庫県・朝来市へ。この町に来たら必ず見ておきたい竹田城跡を訪れます。竹田城跡は標高353mに築かれた山城で、朝来市在住の吉田利栄さんが撮影した写真をきっかけに、"天空の城"と称されて昨今ブームを呼んでいます。雲の中に迫力のある城跡があるその光景は、圧巻です。


sorakara_20180309_04.jpg


閉山されている冬の期間に、「竹田城跡 一本松伐採式典」が行なわれました。100年前からのシンボルである一本松が、自然環境の変化により2017年に枯死し、伐採されることになったのでした。切り落とされた松は、バイオリンに生まれ変わるそうです。


sorakara_20180309_05.jpg


さらに進み、豊岡市に入ります。「但馬の小京都」とも呼ばれる、出石地区へやって来ました。ここにはかつて出石城があり、現在では石垣のみ残されています。レトロな町並みの中に「出石永楽館」という近畿地方最古の芝居小屋がありました。テレビなどの普及で1度閉館してしまいますが、明治時代にできたこの建物をそのままに、2008年に改めて開館。今でもたくさんの人から愛されている、歴史ある芝居小屋なのです。


sorakara_20180309_06.jpg


豊岡の市街地へ到着しました。「カバンストリート」というカバンだらけの場所を発見。実は豊岡市は、カバンの生産量が全国1位なのだとか。市内には約90社以上のカバン関連企業があります。柳行李を作っている「たくみ工芸」の職人・寺内さんは、「円山側の河川敷でいい柳が採れたことで、柳行李が工芸品として作られたことが始まり」と教えてくれました。現在、市内で柳行李を手作りしているのは、寺内さん1人だけなのだとか。


sorakara_20180309_07.jpg


さらに進み、今回のゴール地点である城崎温泉に到着です。開湯から1300年という歴史を持つ温泉街には、川が流れており風情が溢れています。すべての宿は内湯の大きさが制限され、宿泊客が外湯巡りを楽しめるように構成しているそう。個性溢れる温泉が多く、飽きることなく外湯巡りが楽しめます。近年、急増している訪日外国人客にも対応できるように、英語学習も温泉街全体を挙げて行なっているようです。


番組では、禁断の金沢グルメも堪能! ここでは紹介しきれなかった冬の金沢の空の旅は、「ネットもテレ東」で現在配信中です。ぜひ、チェックしてください。次回、3月15日(木)は、兵庫県城崎温泉から香住の空を巡ります!

この記事を共有する

関連記事

関連タグ

空から日本をみてみようplus

空から日本をみてみようplus

雲に乗った気分で見てまわる!新感覚バラエティー!くもじゅんいち・くもみーヌ・くも神様を迎え日本中をのんびり飛び回る番組

放送日時:BSジャパン 毎週木曜 夜9時放送

出演者

伊武雅刀、柳原可奈子

カテゴリ一覧