• #
  • トップ
  • トラベル
  • "泊まる"から"暮らす"へ。流行の発信基地を目指すホテル「ザ...

“泊まる”から”暮らす”へ。流行の発信基地を目指すホテル「ザ・ミレニアルズ」

トラベル

テレ東プラス

2019.10.2

millennials_20191002_00.jpg
動くベッド、専用ホームシアター、フリービールなどなど......。テクノロジーを駆使して独自の取り組みを行うホテル「ザ・ミレニアルズ」が、国内外で大きな話題となっています。

「ザ・ミレニアルズ」のコンセプトは"ミレニアル世代のためのライフスタイルホテル"だそうです。今回は「ザ・ミレニアルズ渋谷」でアシスタントマネージャーを務めるアクセルさんに、なぜこのようなホテルが生まれたのか?背景や独自サービスの狙い、将来のホテル像などについて伺いました。

カラオケ施設を改装して生まれたホテル


millennials_20191002_01.jpg
──現在、3都市で展開されているそうですね。どのようにして「ザ・ミレニアルズ」が生まれたのでしょうか?

最初にオープンしたのは京都店になるのですが、実はここ、以前はカラオケ施設だった場所を改修して作られているんです。「この施設を使って何かしませんか?」とご提案いただいたところから始まり、試行錯誤を重ねて現在のカプセルタイプのホテルになりました。

カラオケという特性上から窓がなかったので、弊社が別事業として展開しているソーシャルアパートメントの住宅や一般的な個室タイプのホテルにするのは難しい。ただ、繁華街で立地は良かったので、「ゆっくりくつろげる個室はないけど、寝るだけなら快適」というミレニアル世代の若者に受け入れられやすいスタイルのホテルを目指しました。

その後の反響がとても大きかったため、渋谷と福岡にも「ザ・ミレニアルズ」をオープンしています。

millennials_20191002_02.jpg▲「ザ・ミレニアルズ福岡」のラウンジ

──東京、京都、福岡のホテルは、それぞれ内装が異なるようですが、どのようなテーマで作られているんですか?

京都はシックで落ち着いた、京都の街に似合うデザインに。渋谷はネオンやサイネージテーブルなどで変化のある様子、渋谷らしいハイテク感を表現しています。そして、2019年7月にオープンしたばかりの福岡は、3つの中でもっともラグジュアリーな雰囲気と広々としたスペースを誇ります。

「ザ・ミレニアルズ福岡」は、弊社が手がける新ブランドのライフスタイルホテル「THE LIVELY福岡」内にあり、同ホテルのレストランやバーなども利用できます。

テクノロジーで叶える未来の「ライフスタイル」とは


millennials_20191002_03.jpg
──ライフスタイルホテルという位置づけで展開されていますが、一般的な客室とどのような違いがあるのでしょうか?

「宿泊+αの価値提供」をコンセプトにしていて、客室ではテクノロジーを駆使した体験を提供しています。チェックインする際に1部屋に1台のiPodをお渡しして、ドアの開閉やお部屋内の操作はすべてiPodで行うことができます。

また、ベッドは可動式を採用しており、ベッド以外にソファにも変形します。このベッドには独自の目覚ましシステムがあり、設定した時刻になるとベッドを傾けて起こしてくれます。タイマーで明かりを点けることもできるので、ベッドの傾きと明かりの点灯で確実に起きられると好評なんです。

millennials_20191002_04.jpg
また、一部の部屋には専用ホームシアターがあり、ベッドに横になりながら大画面で動画や映画を鑑賞できます。寝心地の良いベッドでくつろぎながら、周囲を気にせず自分だけの時間を楽しめるということで、こちらも大変人気です。

ホテルは世界中の「人・情報・機会」が集まる交差点へ


──どのホテルも共用部分にこだわりがあり、寝ている以外の時間も充実しそうですね。共用部分では、どのような工夫がされているのでしょうか?

当ホテルでは施設の20%を共用部分に使っていて、心地よい時間を過ごせるように工夫を凝らしています。集中して作業ができるコワーキングスペースや、旅人同士での交流や飲食ができるラウンジが完備されていて、毎日17:30~18:30にはフリービールのサービスが提供されています。

millennials_20191002_05.jpg
──フリービールはお酒が好きな宿泊者にとっては嬉しいサービスですよね。みなさん、どのように利用されていますか?

ちょうどディナーに行く前の時間帯なので、友人同士でおつまみを持ち寄って話に花を咲かせたり、初対面の旅人同士が乾杯を交わして仲良くなったり、お酒が入ったことで程よく肩の力が抜けて、カジュアルな会話を楽しんでいる方が多い印象です。

──「ザ・ミレニアルズ」では、今後どんな展開を見据えていますか?

目前の展開としては、来年頭に台湾・台北に新施設がオープン予定です。台湾を皮切りに、グローバル展開に力を入れていきます。

今後、ホテルは泊まるだけに留まらず、新たな可能性を生む場所になると思っています。暮らす、仕事をする、食事をする、料理をする、あるいはファッションやライフスタイルの流行が生まれることもあるでしょう。人、情報、機会が集まる交差点のようなイメージですね。「ザ・ミレニアルズ」のさらなる発展を、ぜひ楽しみにしていてください。

【取材協力・一部写真提供】
ザ・ミレニアルズ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧