• #
  • トップ
  • トラベル
  • ひょう、カミナリ...道がない? 田中律子は最強のマドンナだ...

ひょう、カミナリ...道がない? 田中律子は最強のマドンナだった! 「バス旅」神回の名シーンを完全プレイバック!

トラベル

テレ東

2020.2.26

2月19日(水)、水バラ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 特別編!新宿~新潟ふれあい珍道中」を放送。今回は、太川陽介が厳選した第13弾「新宿→新潟」編を秘話と共にお届けした。バス&宿がない! 暴風&豪雪...超絶トラブルの連続! 太川&蛭子を待ち受ける衝撃のラストとは...? 「テレ東プラス」では、神回と呼ばれたバス旅の名シーンを振り返る。

今回は、太川陽介&蛭子能収が、マドンナに田中律子を迎え、3泊4日で東京・新宿から新潟を目指す。冒頭太川は「路線バひょう、カミナリ...道がない? 田中律子は最強のマドンナだった! 「バス旅」神回の名シーンを完全プレイバック!スの旅で何が一番難しいか...。やはり県境をどうやって越えるか。しかも峠越えの時どうするか! これがとても難しいんです。あの峠を上手く越えられるのか? (宿に)泊まれるのか? ハラハラドキドキ始まります!」とコメント。

bustabi_20200226_01.jpg
まずは新宿駅で待ち合わせた太川、蛭子、田中だが、田中は「歩く気満々ですよ!」と爽やかにスノーブーツで登場し、接着剤でとめ、今にも壊れそうな蛭子の靴を心配。

bustabi_20200226_02.jpg
旅の途中、腹ごしらえにラーメン店で「揚げ餅 つけ麺」を頬張る蛭子。袖には汁が飛び、餅が伸びすぎてなかなか切れない蛭子を優しい笑顔で見守る田中。

bustabi_20200226_03.jpg
もちろんバス内でも積極的に行動。マドンナ自らバスルートをリサーチします!

bustabi_20200226_04.jpg
1日目は、バスの乗り継ぎでミラクルを起こしたものの埼玉県熊谷市で宿泊することに。今度は夕食でオム焼きそばを頬張る蛭子。「おいしい?」と母親のごとく優しい声をかける田中。これに気を良くしたのか、蛭子は「卵と麺の絶妙なバランス...」と珍しく食レポを。

bustabi_20200226_05.jpg
2日目は埼玉から群馬へ。県境を越えると...3人揃って「入ったぞ!」とガッツポーズ。

bustabi_20200226_06.jpg
午後4時過ぎ、渋川を目指す。バス内ではふくらはぎを入念にマッサージする田中。

bustabi_20200226_07.jpg
この日は伊香保温泉で宿泊し、馬刺しやステーキに舌鼓を打つ。

bustabi_20200226_08.jpg
3日目。バスは群馬県永井までしか行かず、いよいよ3人は歩いて三国峠を越えることに。トンネル内に入ると、早速この雄たけび!

bustabi_20200226_09.jpg
5キロ歩いたところで日没。さすがに道幅も狭くなり、さすがの最強マドンナも...

bustabi_20200226_10.jpg
フードをかぶって、走り去る観光バスにこんなおねだり(笑)。歩くのは無理なので、宿が取れたらバスで迎えに来てもらう秘策を。だが結果...

bustabi_20200226_11.jpg
緊急事態にマドンナ田中がこんな提案を!

bustabi_20200226_12.jpg
どうやら田中、近くにある貝掛温泉の女将と仲がいいとのこと。そこで電話してみると...なんと! 休館日であるにもかかわらず、寝るだけならいいとのこと。さすが! 最強のマドンナは持ってます! 待つこと30分でご主人と女将が到着。「本当にありがとう!」と泣きながら抱きつく田中。

bustabi_20200226_13.jpg
4日目となる翌朝、女将がお手製のおにぎりまで持たせてくれました! 車内で仲良くモグモグ...。

bustabi_20200226_14.jpg
貝掛温泉から新潟県小出、そして長岡へ。するとあられやひょうが降り、大きな雷まで! 天気は一気に荒れ模様に。

bustabi_20200226_15.jpg
新飯田まではバスがあったものの、運転手さんによれば休日ダイヤでその先のバスはないとのこと。3人が諦めかけた瞬間、車内で運転手さんから「これなら間に合うかなぁ」と救いの一言が。

bustabi_20200226_16.jpg
なんとこのバス、新飯田に着いたら燕駅行きのバスになるという。そして燕駅まで向かうと、今度はなんと白根行きの最終バスに乗車することが出来た。まさに奇跡!

さらに白根健生病院前につくと...なんと19時15分発、新潟駅に向かうバスが!

bustabi_20200226_17.jpg
ゴールの時...。乗車バス36本、走行距離約450km、合計運賃15320円。「芸能生活29年(当時)...こんなにつらい仕事は初めてでした(笑)」と田中。やはり彼女は、ことごとく運を持っている最強のマドンナだった!

bustabi_20200226_18.jpg
そして今晩よる7時は、「水バラ もう一度見たい!ローカル路線バス乗り継ぎの旅 特別編」をオンエア!

bustabi_20200226_19.jpg
大人気シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」、リーダー太川陽介がおススメする厳選回をピックアップ! 今回は第15弾を放送! 太川陽介&蛭子能収に、さとう珠緒をマドンナに迎え、3泊4日で山形県・米沢市から本州最北端・青森県大間崎を目指す! 超絶トラブルの数々を乗り越えゴールなるか! 7年の時を経て太川陽介が語る、バス旅第15弾の秘話も必見です!

どうぞお楽しみに!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧