• #
  • トップ
  • トラベル
  • 唯一無二の味! 渡部が唸る"鍋焼きラーメン"と1時間以上炒め...

唯一無二の味! 渡部が唸る”鍋焼きラーメン”と1時間以上炒める”カラカラ焼きそば”

トラベル

テレ東

2020.3.11

芸能界のグルメ王・渡部建(アンジャッシュ)が、年間外食600回を誇る食べ歩き界のキング・マッキー牧元から高知県のおいしいものを学ぶ「アンジャッシュ渡部建の教えてグルメ」(テレビ東京で毎週月曜深夜1時30分放送 全5回)。
※第1回目の記事はコチラ

番組でマッキーが渡部に紹介するグルメは「魚」「麺」「皿鉢料理・田舎寿司」「イタリアン」の4つ。それぞれマッキーおすすめの店舗を渡部と共に、5週にわたって訪ね歩く。観光にもおすすめ! 地元民しか知らない絶品グルメの数々に乞うご期待!

「テレ東プラス」では、高知県の公式オウンドメディア「高知家の○○」で配信中の番組オリジナル動画を紹介。未公開映像や高知グルメの魅力をさらに深彫りしたマッキーおすすめ! 究極の逸品などを紹介します。

gourmet_20200311_01.jpg

gourmet_20200311_02.jpg
今回のテーマは「麺」。マッキーが「高知にしかない!」と断言する一品があるのは、高知県須崎市の住宅街にある「まゆみの店」。渡部もビックリの外観だが、どんな麺グルメが飛び出すのか。

gourmet_20200311_03.jpg

gourmet_20200311_04.jpg
店長のまゆみさんが出してくれたのは、土鍋に入った「鍋焼きラーメン」。高知県の須崎市で戦後間もなく生まれた鍋焼きラーメンは、親鳥のガラを使ったスープが特徴のご当地グルメ。「まゆみの店」では、鍋に高知県産の親鳥と北海道北見産の玉ねぎを丸ごと入れて、一晩火にかける。余分な油がなく鶏の旨味が凝縮された黄金色のスープに、地元の醤油で作った特製ダレを合わせ、竹輪とネギと卵をのせれば完成! 渡部、まずはスープをゴクリと一口。

gourmet_20200311_05.jpg
「鳥のコクをすごく感じる! 濃いんだけど澄んだ味で、美味しい」と唸り、続いて麺をすする。「クタクタの麺かと思いきや真逆! ねちっとした食感がスゴい。普通の煮込みラーメンとは違う!」と驚きの表情を。

食感の秘密は麺の茹で方にある。細めのストレート麺をさっと茹で、沸騰したスープの中で鶏の旨味を染みこませることで、独特の食感が生み出される。途中で卵の黄身をつぶし、麺に絡ませて食べるのがマッキー流だが、「もう一つの食べ方がある」とのことで、ごはんを注文。いわゆる「ラーメンライス」というお馴染みの食べ方かと思いきや...。

gourmet_20200311_06.jpg
麺がまだ残っている状態で、土鍋にライスをIN! 炭水化物×炭水化物という禁断の組み合わせに「なかなかヤンチャな食べ方ですね」と言いつつ、「最高! 悪いことしてる感じがたまらない」と嬉しそうな渡部。地元の方は、みんなこうして食べるとのこと。

「まゆみの店」で鍋焼きラーメンを出し始めたのは、今から20数年前。創業当時はお好み焼き屋さんとして営業していたが、現在では1日最高300食も鍋焼きラーメンの注文が入る人気店に。

最後までアツアツで食べれる鍋焼きラーメンを堪能したところで、次なる麺グルメ「焼きそば」が美味しい2店をご紹介。まずは高知県香南市にある「いづみ屋」。マッキーが「ぜひ食べて欲しい!」と勧めるこちらの一品は、一見普通の焼きそばに見えるが...。

gourmet_20200311_07.jpg
実は茹でた麺を一時間以上鉄板で炒め、カラカラにした状態で作るというから驚き! まだ焼きそばの麺が存在しなかった戦後、お客さんの要望で考案されたそう。具材は豚肉・イカ・かまぼこ・千切りキャベツ。炒めた具材に麺を投入したら、かつおのふし粉・ケチャップ・特製ソースで味を馴染ませるが、麺をカラカラにすることで、普通の麺より具材やソースの旨味が染み込むという。

gourmet_20200311_08.jpg
甘辛なソースにケチャップの酸味とふし粉の香ばしさが混ざり合い、唯一無二の味に。父親の代から店を引き継ぎ、奥様と2人で焼きそばを作る店主の竹村さんは、伝統の味を守りつつ、味の改良をしているそうだ。

続いてご紹介するのは、高知県香南市にある「廣末屋」。40年近く続くお好み焼き屋さんだが、人気の焼きそばにはある特徴が。

gourmet_20200311_09.jpg
大量のニラ! それを鷲づかみにして鉄板の上へ。香南市はニラの生産量が日本トップクラスということで、麺の倍近い量のニラを投入するという圧巻の見た目。特製の塩ダレをかけて味付けし、完成。

gourmet_20200311_10.jpg
その名の通り、ニラを豪快に使った「ニラ塩焼きそば」。シャッキシャキのニラは火を通すことで甘くなり、塩ダレとの相性も抜群。途中レモンを絞って味変するのもオススメだ。酸味が加わり、食欲もUP! 高知でぜひ食べたい一品である。

アツアツの鍋焼きラーメンと焼きそばをクリアしたということで、渡部は2つ目の高知家バッジをゲットした。

gourmet_20200311_11.jpg
どこに出掛けてもフレンドリーで、まるでひとつの家族のような雰囲気を体感できる高知県。「楽しもうよ! 飲もうよ! 食べようよ!」を合言葉に、高知の魅力をあますことなく伝える「アンジャッシュ渡部建の教えてグルメ」。次回はどんな名物グルメが飛び出すのか! どうぞお楽しみに!

高知県の公式オウンドメディア「高知家の○○」では、番組の未公開映像を含めたオリジナル動画を配信! 高知グルメの魅力をさらに深彫りしたマッキーおすすめ! 究極の逸品などを紹介します。

※動画はコチラから!

gourmet_20200311_12.jpg
【番組概要】
「アンジャッシュ渡部建の教えてグルメ」

テレビ東京、テレビ大阪、テレビせとうちで、3月に5回(週)に渡って放送されます。いずれも、3分30秒のミニ番組です。

・テレビ東京:
2020年3月2日・9日・16日・23日・30日 毎週月曜深夜1時30分から
・テレビ大阪:
2020年3月3日・10日・17日・24日・31日 毎週火曜深夜1時29分から
・テレビせとうち:
2020年3月3日・10日・17日・24日・31日 毎週火曜深夜1時35分から
※放送時間は変更になる場合があります。

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧