• #
  • トップ
  • トラベル
  • 「カツオの刺身×にんにくスライス」アンジャッシュ渡部が「引っ...

「カツオの刺身×にんにくスライス」アンジャッシュ渡部が「引っ越したい!」と絶賛する魚グルメ

トラベル

テレ東

2020.4.1

芸能界のグルメ王・渡部建(アンジャッシュ)が、年間外食600回を誇る食べ歩き界のキング・マッキー牧元から高知県のおいしいものを学ぶ「アンジャッシュ渡部建の教えてグルメ」(テレビ東京)。番組でマッキーが渡部に紹介するグルメは「魚」「麺」「皿鉢料理・田舎寿司」「イタリアン」の4つ。それぞれマッキーおすすめの店舗を渡部と共に訪ね歩く。

高知県の公式オウンドメディア「高知家の○○」では、番組の未公開映像を含めたオリジナル動画を配信中! 高知グルメの魅力をさらに深彫りしたマッキーおすすめ!究極の逸品などを紹介します。

gourmet_20200401_01.jpg
第一回「芸能界のグルメ王・アンジャッシュ渡部建が高知家の〇〇動画に登場!第一弾はウツボにカツオ!?「高知の魚グルメ」だ」
第二回「高知のグルメを食べ歩き『アンジャッシュ渡部建の教えてグルメ』web動画公開!第2話は「高知の麺グルメ」だ」
第三回「高知のグルメを食べ歩き『アンジャッシュ渡部建の教えてグルメ』web動画公開!第3話は「高知の名物グルメ」だ」
第四回「高知のグルメを食べ歩き『アンジャッシュ渡部建の教えてグルメ』web動画公開!第4話は「高知のイタリアン」」

そして最終回のグルメは...「魚PART2」。高知市内一番の繁華街で2人が向かったのは...マッキーが自信を持って勧める「ゆう喜屋」。その日仕入れた魚で料理を決めるこだわりの店。

gourmet_20200401_02.jpg

gourmet_20200401_03.jpg
「ここに来たら魚の概念が変わる」というマッキー。まずは「ぶりの土佐ぬた」から。

gourmet_20200401_04.jpg
渡部は「うわぁ~ぶりの身がきれい!ツヤツヤ!このさしの入り方」と早速感動。ニンニクの葉をすりおろしたたれにつけていただくが、「これはうまい!」とこの表情。

gourmet_20200401_05.jpg
大将曰く「太平洋のぶりなのでちょっと筋肉質」だそう。噛む度に脂が口の中に広がる。

gourmet_20200401_06.jpg
お次はコオロこと石鯛をポン酢で。一見淡泊に見えるが、優しい甘さで脂がのっていると渡部。続いては...「かつおの刺身」。

gourmet_20200401_07.jpg

gourmet_20200401_08.jpg
あまりのおいしさに鼻が膨らむ渡部(笑)。マッキーもしてやったり! 舌にまとわりつくようにねっとりとした"優しさのあるかつお"を存分に味わう。そして〆は...

gourmet_20200401_09.jpg
もちろん「さば寿司」! 「さばの身に根性があるでしょ?」とマッキー。しょうが、ごま、ゆずのしゃりと合わせて...。新鮮な高知の魚をいただき大満足な渡部だった。

昼飲みが堪能できる人気スポットへ!


ここでは、さらにマッキーおすすめの名店を2つ紹介する。60軒以上のお店が並ぶフードコート「ひろめ市場」へ。高知の名物と共に昼からお酒が楽しめる人気スポットだ。

gourmet_20200401_10.jpg
最初に紹介するのは土佐料理「司食堂」。

gourmet_20200401_11.jpg
高知の郷土料理「土佐天」や「うつぼの唐揚げ」などがあるが、マッキー一押しは...「焼きさば寿司」。

gourmet_20200401_12.jpg
さばと一緒にゆずを使った酢飯も焼いているのでほんのり温か。お酒との相性もGOODだ。

2つめのおすすめは、魚屋さんがお料理を出す「魚兼」。魚屋の前にテーブルがあり、立って食べるという"魚版角打ち"だそう。店主は京都の料亭で修業をしており、週末だけ料理を出すという。マッキーのおすすめは...色鮮やかな「おまかせ定食」。

gourmet_20200401_13.jpg
料亭を思わせる美しさとその数。

gourmet_20200401_14.jpg
瀬戸内で捕れた「鯛の昆布〆」は鯛の肝を巻き、より深い味わいに。潮汁やご飯ももちろん鯛だ。

gourmet_20200401_15.jpg
揚げ物は「あこや貝の小柱、ゆり根、銀杏の具沢山かき揚げ」。他にも「からすみのサラダ」「千枚漬けのお寿司」「自家製ぬか漬け」「土佐ジローの玉子サンド」など、地元の食材にこだわった料理が並ぶ。全10品で、お値段は1100円! ただし土曜限定だ。

これまで高知グルメの魅力を存分に堪能してきた渡部は「最高でしたね! どのお店も...。そして人が温かい。世知辛い芸能界なんで、何かあったらこっちに引っ越します(笑)」と〆の感想を。高知県の魅力をまだまだ知りたい方はコチラから!

gourmet_20200401_16.jpg

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧