• #
  • トップ
  • トラベル
  • 「田中要次&羽田圭介が生む絶妙なバランスが癖に...」ロケ後...

「田中要次&羽田圭介が生む絶妙なバランスが癖に...」ロケ後に愚痴を言うのはどっち?番組Pを直撃:ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z

トラベル

テレ東

2021.6.4 土曜スペシャル

6月5日(土)夜6時30分からは、土曜スペシャル「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z16弾 岡山後楽園~山口錦帯橋」を放送!

dosupe_20210604_01.jpg
今回のルートは、日本三名園の一つである岡山後楽園をスタートし、3泊4日で目指すゴールは日本三名橋の山口錦帯橋!! 坂のまちとして有名は広島県「尾道」と、日本一の縁結びの聖地と言われるパワースポット、島根県「出雲大社」の2ヵ所がチェックポイント! 必ず立ち寄らなければならないが、どちらから攻めてもOKというルール。

しかし...そんな一行に立ちはだかるのは、強敵・中国山地! どこから北上し、どこで南下するのか...! 田中要次、羽田圭介、マドンナ・梅宮アンナの運命は? そして今回放送される第16弾より、新ナレーターとして津田健次郎が登場します。

「テレ東プラス」は、番組を担当する青山海太プロデューサーを直撃! 今作の見どころはもちろん、田中&羽田のコンビぶりやロケの舞台裏まで話を伺いました。

dosupe_20210604_02.jpg

田中&羽田の人柄の良さが、マドンナの新たな魅力を引き出している


――約半年ぶりのオンエアで、シリーズ第16弾となりました。現在8勝7敗ですが、まずは今回の見どころから教えてください。

「ロケは4月の中旬に行いました。今回の舞台となる中国山地は、山越えをしながら進まなければなりません。標高が上がって急に寒くなったり、天気も変わりやすいので、みなさん大変だったと思います。オープニングで"山登りが趣味"と言っていたアンナさんが"本当に寒いんですけど!"と嘆くシーンもありました(笑)。Zに関して言うと、瀬戸内を通るルートは初。乗り継ぎルートも面白いですし景色もキレイなので、旅気分で楽しんで頂ければと思います。人が少ない出雲大社は珍しいと思いますし、羽田さんは初めて訪れたようで、写真をたくさん撮っていたのが印象的でした」

――マドンナは梅宮アンナさん。時折つらそうな表情をされていることもありましたが、どんな時も明るく、マドンナとしてふさわしい逸材だなと感じました。

「そうですね。アンナさんは本当に早寝早起きで、夜は9時、10時に寝て、朝5時ぐらいに起きるという生活を送っているそうなんですよ。なので、バス停で"寒いんですけど~"とつぶやいた時も、そこそこ夜だったので早く寝たかったのかなと(笑)。

以前、土スペ枠で放送した『街道歩き旅』(2011年)に出演して頂いたことがありましたが、その時も"靴が合わなくて足が痛い"というアクシデントがあった中、ずっと明るくお話されていたんですよ。マドンナの条件として、"絶対にゴールしたい"という気持ちと、体調面を含め最後まで続けてもらえる方という点が挙げられるので、絶対に言い訳しない、弱音を吐かないアンナさんはマドンナにふさわしい方だなと。あと、幅広い世代の方から"アンナちゃん頑張って~!"と声かけていただいて、アンナさんはものすごく喜んでいました」

dosupe_20210604_03.jpg
――シリーズが始まって4年が経過しました(※2016年の特別編を除く)。初歩的な質問で恐縮ですが、番組に田中要次さん、羽田圭介さんをキャスティングした経緯をお伺いしたいのですが...。

「実はシリーズが始まる前に、要次さん、羽田さんで特別編を1回放送しています。チーフプロデューサー曰く、要次さんは、他の土スぺの企画にも出演して頂いた経緯があり、ガチ旅が好きだということ、いつも明るくて気さく、人との触れ合いも好きとのことでぜひお願いしたいと。羽田さんは、今まで誰も一緒に仕事したことがなかったんですけど、従来の作家さんにはいないような面白い方という印象があり、"2人が旅をしたらどんな感じになるのかな"と想像した上でお願いしたそうです」

dosupe_20210604_04.jpg
――ロケでの2人の印象は?

「私たちスタッフもお付き合いさせて頂いて4年になりますが、実は羽田さんの性格がいまだにつかめないんです(笑)。いい人でものすごく真面目な方なんですけど、本当にマイペース。そしてそれこそが羽田さんの素であり、魅力なのだろうなと。
そういえば、ロケとはちょっと離れてしまいますが、羽田さんはいつの間にか結婚していらっしゃって、要次さんやスタッフに何も報告がなかったっていうのが面白かったですね(笑)。らしいと言えばらしいんですけど、過去のバス旅でも"結婚とか興味ないです"みたいなことを言っていたような...。なので聞いた時は、要次さんやスタッフに衝撃が走りました(笑)。

一方の要次さんは、カメラが回っている時と回っていない時、全く変わらない方です。いつも自然体で、ご自身のプライベートをポロポロ普通に話してくださいます(笑)」

dosupe_20210604_05.jpg
――太川陽介さん、蛭子能収さんのシリーズとは一味違った魅力があり、SNSでも「あの低温感が好き!」と話題です。人気シリーズとして定着しましたが、青山さんからご覧になって、田中さん、羽田さんの変化を感じることはありますか?

「お2人ともいい意味であまり変わってないですね。でも最近、要次さんが"温泉に行きたい!"と言わなくなったような...(笑)。太川さんと蛭子さんのシリーズでは、完全に役割分担ができていて、太川さんがリーダーとして仕切って作戦立てて行動してという感じでしたが、要次さん、羽田さんの場合は"どっちがリーダーなの? その回によって違うよね"という感じ。Zシリーズは、どちらかというとマドンナがリーダーになることが多いような気がします。マドンナがさばさば仕切る場面が結構あるので、いい意味でそこがワンパターンにならず、新鮮に映るのかなと思います」

dosupe_20210604_06.jpg
「特に要次さんは、喜怒哀楽の怒や哀を表に出さない方なので、マドンナの皆さんも"要次さんだったら少しくらいわがまま言ってもいいかな?""ここはビシッと言った方がいいのかも"と感じて、次第にリーダーシップを発揮していくような流れがありますよね。要次さんと羽田さんの人柄の良さが、マドンナの今までに見たことがないような新たな魅力を引き出しているという感じがします」

――ロケ中や終わった後、2人がスタッフに愚痴る...ということもあるのでしょうか?(笑)

「羽田さんはまったくないですね。要次さんは、失敗すると"しっかり聞き込みしてやったのに、なんで失敗するの? なんでゴール出来なかったんだろう"という愚痴を必ず言います(笑)。決して怒っているわけじゃなく、"なぜ失敗したのか納得がいかない"という感じです」

――なるほど。番組ファンとしては、田中さんのその姿が目に浮かぶようです(笑)。最後に、今後の展望を教えてください。

「今回放送する第16弾でほとんどの地域は制覇しましたが、要次さんと羽田さんの気持ちが続く限りは、ルートを考えてやっていこうかなと思っています。"真剣にゴールしたい!"というモチベーションがあっての番組なので。同じルートや近くを通っても、見える景色や観光名所は違いますし、そもそもこの番組は観光もそんなにしないので(笑)、まだまだ地域の良いところを、お2人と一緒に巡ってお見せしていきたいと思っています」

――青山プロデューサー、ありがとうございました!

(取材・文/蓮池由美子)

dosupe_20210604_07.jpg
6月5日(土)夜6時30分からは、土曜スペシャル「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z16弾 岡山後楽園~山口錦帯橋」を放送! マドンナに梅宮アンナを迎え、津田健次郎のナレーションと共にお届けします。難敵・中国山地を舞台に繰り広げられる3泊4日の過酷旅を、どうぞお楽しみに!

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

土曜スペシャル

土曜スペシャル

全国各地の名所や絶景スポット、さらに名湯・秘湯、旬の味覚&人気の宿まで…毎週様々な企画で送る旅バラエティ番組です!

放送日時:テレビ東京系列 毎週土曜日 夜6時30分

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧