• #
  • トップ
  • トラベル
  • 無料移住体験ツアー開催!デザイナー、ベビーシッター、バリスタ...

無料移住体験ツアー開催!デザイナー、ベビーシッター、バリスタを兼務「ここは誰もが”やりたいこと”に果敢に挑戦できる街」@愛媛県新居浜市

新居浜市移住者インタビュー② 新居浜市へのUターンを考えてみよう!

新居浜市移住・定住ポータルサイト https://life.city.niihama.ehime.jp/ 「新居浜市移住体験ツアー」参加申込みフォームhttps://www.city.niihama.lg.jp/ques/q... 国内のみならず海外でも生活され、地元にUターンした徳永さんに、移住前の生活、外からみた新居浜市の魅力、新居浜グルメ等についてインタビューしました。

トラベル

テレ東プラス

2021.7.9 SPONSORED

2021年...新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、世界中の人々がライフスタイルの変化を余儀なくされている。様々な制限による不自由さ、経済的な苦痛、人命を奪われるなどマイナス面が多いことはもちろんだが、中にはプラスの変化もあったのではないか。

「Zoom」のようなオンライン会議が一般的になってきた今、IT技術が"コミュニケーションにおける距離"という概念を変化させた。いつかは移住したいと考えていた人、全く考えていなかった人も、リモートワークが進んだ今ならできるのではないか...そう考える機会が増えたのではないだろうか。実際、東京の人口は転出超過に転じており、SNS上でも移住の投稿は多く見られる。そこで「テレ東プラス」では、SNSではなかなか知ることができない"移住のリアルライフ"を紹介する。

ehime_tokunaga_20210709_01.JPG
移住には、どんなメリット、デメリットがあるのだろう。愛媛県新居浜市にUターンした徳永塁さんにお話を伺った。

愛媛県新居浜市は、四国・瀬戸内海川のほぼ中央に位置する人口約12万人の都市。元禄4年(1691年)、別子銅山開坑によって繁栄し、沿岸地帯は工場群が帯状に形成された四国屈指の臨海工業都市だ。松山市街、香川、高知など、多くが車で1時間圏内という恵まれた場所に位置する。

ehime_tokunaga_20210709_02.jpg
Q:徳永さんは移住する前、どんなことをされていたのですか。

A:生まれも育ちも新居浜で高校卒業まで過ごしました。その後は、デザインの専門学校に通うため松山市へ。就職で東京に上京し、お菓子のパッケージをデザインする会社で7年ほど働きましたが、海外に行きたかったので退職。ワーキングホリデー制度を利用してオーストラリアやカナダで生活しました。その間にアジア圏を周り、2018年、新居浜にUターンしました。

Q:一度離れたことで気づいた"新居浜市の魅力"を教えてください。

A:すごく田舎というわけでもないですし、めちゃめちゃ都会というわけでもない。揃いすぎず揃わなすぎず、いい塩梅で過ごしやすい街だなと思います。

別子銅山とともに発展した街なので、昔から男性は働く場所が多かったという印象。近年は女性もフリーランスや自営業の方がいますし、お店を持つ方も増えたので、誰でも働こうと思えば働ける街だなと感じます。様々な年代の方が"新しいことにチャレンジしている"という印象も。誰もがやりたいことに果敢に挑戦できる街だなということも、帰ってきてから思うようになりました。

ehime_tokunaga_20210709_03.jpg
Q:日頃どんな活動をされているのですか。

A:デザイン業を始め、英語でベビーシッターをしたり、何個か仕事を持っている感じです。オーストラリア・メルボルンでバリスタをやっていたこともあるので、その経験を活かし、先輩が起業したコーヒースタンドでバリスタとして働かせてもらっています。全く知らない方から仕事をいただくことはなく、新居浜市内で出来たご縁で、名刺やシール、ポスター作りなどをさせていただいています。私がデザインしたものを母が営む印刷会社で形にし、お客様に提供するという流れでやっています。

ehime_tokunaga_20210709_04.jpg
どうしても家や事務所で集中できない時は、コワーキングスペース「新居浜びず」(柳川さんの記事リンク)を利用させていただくこともあります。「新居浜びず」にはライターさんやデザイナーさんがいらっしゃることが多いので、自然と異業種交流することができますし、それが発展し、互いにお仕事のお願いをしたりされたりが生まれたりもするので、ご縁がつながる場所にもなっていますね。

Q:おすすめの新居浜グルメはありますか。

ehime_tokunaga_20210709_05.jpg
A:おすすめのランチは、私が3歳くらいの頃から利用させていただいている「多賀屋食堂」さんのオムライスと牛すじです。昔ながらのオムライスで、薄焼きのちょっとかためのたまご、玉ねぎと鶏肉だけのシンプルなオムライスなのですが、美味しくてずっと食べています。新居浜の飲食店はおでんがあるところが多く、「多賀屋」さんにもありますが、私は絶対に牛すじ2本をオムライスと一緒に食べます(笑)。

ehime_tokunaga_20210709_06.jpg
家族でも行ける、デートでも行ける、若い子たちが集まっても行けるようなイタリアンやフレンチがあったり、結構"バラエティ豊かだなぁ"と思うので、その日の用途や気分に合わせて飲食店を選ぶということはできますよ。

Q:新居浜で最も好きな場所はどこですか?

ehime_tokunaga_20210709_07.JPG
A:デザインの仕事で煮詰まった時は、自然に直に触れに行くことが多いですね。新居浜市は山も海も近いので、海が見たい時は垣生海岸や黒島、「マリンパーク新居浜」まで足を伸ばし、山の畑に行ったり、新居浜市を一望できる「滝の宮公園」などもオススメです。わざわざ遠くまで行かなくても、近場に行くだけで息抜きや気分転換ができるので助かっています。

徳永さんの移住体験を、動画でも詳しく紹介。新居浜市の移住定住支援制度は非常に充実しており、現在無料体験ツアー参加者を募集している。移住に漠然と興味がある方は是非この機会に体験してみてはいかがだろうか。

【新居浜市移住体験ツアー開催】
1組様限定!2泊3日で個別移住体験ツアーにご招待します!お子様連れ大歓迎! 宿泊費、交通費(飛行機代、レンタカー代)は無料!

そもそも新居浜ってどんなところ?
・四国のほぼ中央に位置し、他県への交通アクセス抜群!
・市街地から海・山・川すべてが近い!
・ほどよく田舎、ほどよく都会!
・子育て・医療体制が充実!
・おしゃれなカフェもいっぱい!
・住民の1/3は市外出身の転入者で、「風通しの良い」まち!

〇実施時期 8月予定 (日程はご都合にあわせます。土日祝でもOK!)
〇応募期間 7月9日(金)~7月30日(金)
〇応募方法 新居浜Life内の申込フォーム
〇対象者 原則、首都圏在住で地方移住を検討されている世帯
〇移住体験ツアー内容
・1日は市の職員が市内を案内します。
例)市内の移住者との交流、海でのアクティビティ(SUP、シーカヤック釣り体験など)
農業体験(野菜の収穫など)、島や山でのサイクリング、産業遺産巡り(東洋のマチュピチュなどがあります)子育て・教育関係、食・住環境、就労相談(都合があえば職場見学できるかも)、テレワーク体験など(可能な限り、ご要望に応じた行程を作成します。)
・残りの2日間は、自由行動

応募締切り後、抽選の上、当選者の方のみご連絡させていただきます。
オンライン等で事前相談も行っていますので、お気軽にご相談ください。
こちらからご連絡させていただくこともありますので、予めご了承ください。

※首都圏等のまん延防止等重点措置解除後にお試し移住用住宅を再開することから、実施時期については変更の可能性があります。

新居浜市を拠点に、退屈しない四国暮らしを満喫しませんか?
ぜひ、お気軽にご応募ください。

お問い合わせは地方創生推進課(TEL 0897-65-1238)まで

完全移住はもちろん、2拠点生活など、ライフスタイルの選択肢は多様化。この機会にぜひ、今後の生活を考えてみてはいかが?

ehime_tokunaga_20210709_08.jpg
新居浜市への移住相談窓口はこちら
新居浜市 地方創生推進課
〒792-8585
愛媛県新居浜市一宮町一丁目5番1号
Tel:0897-65-1238/Fax:0897-65-1216

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧