全仏オープンテニス2019

NEWSニュース

2019.05.20

強い精神力が勝敗を左右する最も過酷なトーナメント「全仏オープン」


世界で初めて地中海横断飛行に成功したフランス人飛行家ローラン・ギャロスの名を冠した全仏オープンの試合会場です。グランドスラム大会で唯一のクレーコート(赤土)を利用することでも知られている。大会は波乱が多く、上位シード選手が早い段階で敗退することが多いことから「レッドクレー(赤土)の魔物が棲む」と呼ばれている。全仏オープンはクレーコート・スペシャリストたちが優勝した年が多く、キャリアグランドスラム(全てのグランドスラム大会で優勝)を目指す最大の壁となっており、技術だけではなく、強い精神力が勝敗を左右する最も過酷なトーナメント。

<2018年>
男子シングルス
優勝:R.ナダル 準優勝:D.ティーム
女子シングルス
優勝:S.ハレプ 準優勝:S.スティーブンス