経済ドキュメンタリードラマ「ルビコンの決断」

バックナンバー

2009年6月4日放送
“食の安全”をどう守ったのか?~インスタントラーメン開発者の決断~
詳しい内容
<ドラマVTR>
次々と食の安全を揺るがす事件が起き、食品会社のモラルがいま改めて問われ始めている。 ところが、今から40年以上も前に、消費者のことを第一に考え、食の安全確保に情熱を傾けた男がいた。日清食品の創業者、安藤百福氏だ(2007年1月没)。
安藤は苦難の末、世界初のインスタントラーメンである、「チキンラーメン」を開発、さらにその後は世界中で大ヒットした「カップヌードル」も開発したことでよく知られている。
しかし、実は安藤は食品の信頼確保に向けても大きな決断をしていたのだ。
「チキンラーメン」が昭和33年に発売されると、たちまち大ヒット。1年後には追随する会社が次々と現れ、即席めんメーカーは360社にものぼり、中には著しく品質の悪い粗悪品を売るメーカーもあった。そして、他社の作ったインスタントラーメンによって食中毒事件も起き、インスタントラーメン業界全体が消費者の信頼を失っていった。
そこで、安藤が消費者を最優先し、ある決断を下す。一体その決断とは?
番組ではこれらの安藤の決断を通して、改めて食品会社の安全性に対するモラルや危機管理などについて検証していく。


場面写真
キャスト紹介
日清食品創業者
安藤百福 役
渡辺いっけい
ゲスト紹介
農林水産大臣 石破茂
一橋大学 イノベーション研究センター センター長 米倉誠一郎教授
大浜報道キャスターのあとがき
食の安全への取り組みは食品メーカーや流通業者にとってはまさに生命線であるにも 関わらず、不祥事が後を絶ちません。
当事者にはもっときちんとやってほしいものです。
しかし、その反面、消費者自身もある程度、価格と安全性の関係について考えるべきではないか、とも思うのです。
安全対策には当然お金や手間がかかります。
なのに、安全対策を強化して、その商品の売り値が同じだったとしたら、 どこかにしわ寄せがきているのではないでしょうか?
このところの不景気と、消費者の節約志向もあいまって、最近は低価格志向がいっそう強くなってきています。しかし、何故、安くできているのかは実はよく分からないことが多いのです。流通各社に取材をしてもなかなか実態を知ることはできません。
安全対策に力を入れても価格が安いのは何故なのか?
やはり、安い理由がそれなりにあるのではないか?

安全性の観点からも国内自給率の向上を唱える声は少なくありません。
しかし、安全性を担保しながら安く国産品を提供するのはハードルの高い作業です。
安全性の追求にはお金がかかる。だから安全ならば高くても買うという姿勢を示さないことには国内の生産者は育っていかないのではないか。
最近、そんなことを感じています。