経済ドキュメンタリードラマ「ルビコンの決断」

バックナンバー

2010年3月18日放送
商品に魂を入れろ!
~ユニ・チャーム快進撃の秘密~
詳しい内容
深刻なデフレ不況の中、好業績を続けている勝ち組企業、ユニ・チャーム。今期(2010年3月期)も売り上げ、利益ともに過去最高を更新する見込み。なぜ、ユニ・チャームは強いのか、その秘密に迫る。
ユニ・チャームの躍進を支えているのが、消費者のニーズを掘り起こし、それまでなかった新しい価値観を商品にして送り出すマーケティング力。たとえば、世界初のパンツ型はかせるオムツ「ムーニーマン」は、オムツ交換を簡単にし、育児負担を軽減して大ヒット。そして、大きくて見た目が悪く、一般向けには売れないと考えられていた「超立体マスク」も、花粉症に苦しむ人のニーズをとらえてマスク市場を拡大するほどのヒット商品となった。
そんなユニ・チャームが赤字覚悟で日本の高齢化社会に挑んだ商品がある。大人用のパンツ型紙オムツだ。パンツ型紙オムツは、立ち上がることができる人なら、自分ではきかえることができる。「寝たきり高齢者ゼロを目指す」ための商品と位置づけ、岡部高明(宇梶剛士)率いるマーケティング本部が動き始める。岡部は部下の白井光比呂(河相我聞)と矢野香苗(杏さゆり)に「商品が良いからといって売れるわけじゃない。消費者に届くメッセージを探せ」と指示。ところが、日本の介護の常識が大きな壁となって立ちふさがる・・・果たしてどう乗り越えるのか!?そこには、ユニ・チャーム好業績の秘密があった。
場面写真

キャスト紹介

ユニ・チャーム
マーケティング
本部長
岡部高明 役
ユニ・チャーム
マーケティング
本部
白井光比呂 役
ユニ・チャーム
マーケティング
本部
矢野香苗 役
宇梶剛士 河相我聞 杏さゆり