経済ドキュメンタリードラマ「ルビコンの決断」

バックナンバー

2010年4月22日放送
省エネ電球で世界を照らせ
~東芝 大転換の決断~
詳しい内容
ここ1年で急速に普及し始めた次世代電球のLED電球。省エネ、安全性などが注目され家電量販店の売り場では電球の売り上げに占めるシェアが4割を超えるところも出ている。

国内で初めて白熱電球を製造した東芝。120年も前のことだ。東芝はその後も電球に関する世界初の技術の発表をして、あかりの分野で業界を引っ張ってきた。その東芝がLED電球の開発にあたって事業構造の大転換に結びつくある決断をする。その決断とは・・・・。

東芝ライテックの恒川真一は2006年に社長に就任するやいなやLED電球を引っさげ、世界で勝負に挑むことを繰り返す周囲に語るようになる。しかし当時のLED電球は実用化には程遠いと誰もが考えており、恒川の方針に社内は冷ややかだった。
しかしLED電球の将来性を確信する恒川はある方法でLED電球の開発を加速させようとする。
それは創業事業の一つ、一般白熱電球の製造を中止すること。年間17億円、4000万個が売れていた商品をすっぱり止めてしまって東芝は大丈夫なのか?

さらにLED電球の開発も一筋縄ではいかず、何度も暗礁に乗り上げる。白熱電球の代わりになりうるLED電球を実現させようと女性若手デザイナーと技術者との間で激しいやり取りも・・・。世界に打って出るための理想のLED電球は果たして実現するのか?
場面写真

キャスト紹介

東芝ライテック社長
恒川真一 役
東芝ライテック
デザイナー 役
東芝ライテック
鹿沼工場長 役
東芝ライテック
技術者 役
東芝社長
西田厚聰
中村雅俊 遊井亮子 中本 賢 樋口浩二 西田 健