SUPER GT +(スーパーGTプラス)

毎週日曜 夜11時30分~

 

国内最高峰のモータースポーツ・SUPER GTにスポットを当てその魅力や見どころを存分に伝えていく。 GT500、GT300の全戦レポートはもちろん、SUPER GTのスターや監督、メカニック、タイヤマンなどレースを支えるマエストロにも密着! SUPER GTの世界を初心者にも分かりやすく伝えていく。

バックナンバー

2018/7/29 O.A. ♯364「初めてのサーキットスーパーGT第5戦 富士を楽しもう!」

中尾:初めてのサーキット スーパーGT第5戦富士を楽しもう

 ゲストをご紹介しましょう 相席スタートのお二人です

 お二人は サーキットでのレース観戦はあるんですか?

相席:ないですね

中尾:レース未経験者の方に第5戦富士の楽しみ方を紹介します

山崎:レースクィーンで行けるんじゃないかって もうやめて下さいよ

中尾:頭おかしすぎるでしょ

日本一激しい4輪格闘技スーパーGT。

その熱狂ぶりを生で感じたことありますか?

シリーズの中で最も長くハードな戦い「真夏の富士決戦」が、

いよいよ今週末に迫っています。そこで

大観衆が集まるサーキット周辺には、グルメ、観光と穴場スポットが満載

大人はもちろん、お子供さんも一緒にサーキットで素敵な夏休みの思い出を作りませんか?

スーパーGT初心者の方、必見! 真夏の富士を楽しもう!

初めてのサーキットガイドその1 完璧なデートコース。

渋谷:富士スピードウェイは 静岡県の小山町にあります

中尾:周辺にはいろんな施設があるんですけど

 まずは 近くに山中湖 富士急ハイランド プレミアムアウトレット

 箱根 富士サファリパーク と施設が充実しているんで

 何がいいって高速のインターから近いんですね

 富士山も間近に見えるんで

山崎:デートにいいですね

中尾:箱根が意外と近いんですよね 僕もこの間アウトレットに遊びに行って

 箱根に泊まったんですけど もの凄く近いんですよ

山崎:私もサーキット以外全部遊びに行ったことあるんですよ

 レース観戦は 私のはじめてをを奪うチャンスがありますよ

中尾:僕結婚しているんで

山崎:大丈夫 私口固いんで

初めてのサーキットガイドその2 名物三つ星 御殿場グルメ。

中尾:せっかく御殿場まで行ったら 美味しいものを食べたいと思うんですけど

 今回はサーキットに行ったら食べてもらいたい 御殿場グルメ ベスト4を

 紹介したいと思います

山崎:珍しいですね 5か3じゃないんですね

まずは4位。

中尾:富士山水菜カレー

富士山水菜カレーは御殿場の名物。

中でもお勧めなのが、力亭の水菜カレー

ブランド米「御殿場コシヒカリ」と御殿場名産の「水かけ菜」がポイント

その味は濃厚。おっ富士山だ

中尾:そして3位が さわやかのハンバーグ

山崎:これ食べてみたかったんですよ

「さわやか」は静岡県内だけに展開する

県民が愛するファミリーレストラン。

お勧めはこちらの「げんこつハンバーグ」。

お肉は牛肉100%250グラムの、丸々としたハンバーグはとってもジューシー!

18歳の頃から富士スピードウェイで戦ってきた

元F1ドライバー山本左近も大好物だそうです。

山本:ここのハンバーグは切って 目の前で焼いてくれるので楽しいですし

 家族連れが多いですよね

そして2位は

中尾:二の岡ハムです

二の岡ハムはGTドライバーにも人気な知る人ぞ知る隠れ家的なハムの名店

一押しは国産豚を使用した「ボロニアソーセージ」。

お土産や、BBQに最適です。

中尾:1位が気になりますね

 こちらです フルフールのフルーツゼリー

山崎:急にゼリーって

渋谷:こちらのゼリーは日本初の生フルーツゼリーの専門店なんです

 2006年に御殿場でオープンして12年で累計販売数が200万個

中尾:こちらのフルーツゼリーですけど なんと今回試食できます

山崎:スタジオに持って来やすい理由で1位じゃないですよね

中尾:インスタ映えしそうですね

山崎:シャインマスカットかな

高級なシャインマスカットがたっぷり。

山崎:スプーン重いな

山添:もうちょっと軽いのなかったんすか?

中尾:大丈夫ですか?

山添:口あけてたら 優しい人がきっと食べさせてくれますよ

中尾:脇汗ハンパじゃないよ

山崎:美味しい

中尾:スタッフさん 後で話しがあるんで

山本:富士の美味しい水をゼリーに使用しているんで

 ゼリーだけの商品もあるんですよ

そして山添はグレープフルーツをチョイス。

山添:表現間違えたらすいません  メッチャ旨いっす

中尾:美味しい

山本:フルーツそのまま食べているみたい

中尾:気になるのが この番組で試食初めてなんですよ

 コメント力がなくてすいません

そしてついにサーキットへ。気温60度!灼熱のサバイバル。

中尾:第5戦が行われる富士ですけど 4日予選 5日決勝

 富士だとどれ位お客さん入ると思いますか?

山崎:想像もつかないですね

山添:何千人位ですか?

中尾:バカにしています?

 時期によっては10万人超える事もあるんですよ

山崎:えー!

中尾:今回の8月の富士ですけど 走行距離 500マイル 約800キロ

 800キロは東京から青森まで クルマで10時間の所を

 スーパーGTのマシンで走ると5時間

山添:長いですけどそれだけ 見所が多いんですか?

中尾:ドラマは起きやすいですね

 残り1周でクルマが止まっちゃうとか?

 この時期メチャクチャ暑いんで ピットの裏に子供用のプールがあって

 乗り終えた瞬間にそこに飛び込むドライバーがいたり

 その位ドライバーにとってはギリギリのラインでの戦いなんです

山本:クルマの中の温度って暑い時だと60度位になるんで

 サウナの中で格闘技をしているみたいな感じです

第5戦富士は、シリーズ最長800キロで争う特別な一戦。

真夏のサバイバルはアクシデント連発でとてもエキサイティング!

初めてのサーキットガイドその4 夢のようなスポーツ観戦

サーキットには様々な観戦エリアがあり

どこで見るかはその人の好み次第。そこで!

GTプラスメンバーがオススメの観戦スポットとその特徴をプレゼン。まずは渋谷飛鳥から

渋谷:私のおススメ観戦スポットはこちらです ビギナー向け

 グランドスタンドです

ここがグランドスタンド メインストレートに面した巨大なスタンド席。

スタートとゴールを このように間近で見られるのはもちろん、

ビギナーに嬉しいことが揃っているんです。それは!

渋谷:目の前に大きなモニターがあって 全貌が見えたり ピットの様子も見えるんです

中尾:迫力のスタートも見れるんで 感動しますよ

さらにグランドスタンド裏には、

御殿場グルメを楽しめるグルメコーナーや

話題のニューモデルが展示される イベントスペースも充実 つづいては

山本:おススメの観戦スポットは。新幹線並みの速さのバトルが見れる場所

 それは 1コーナースタンドです

富士スピードウェイといえば世界最長およそ1.5キロのストレートが特徴。

そのストレートエンドにある こちらのスタンド席が左近のオススメ

ここでマシンは、新幹線並みの速さから急減速するんですが、

左近さん、見どころは?

山本:300キロwp超える速さ 新幹線とほぼ同じ速さからの減速なんで

 4G 自分の体重の4倍の負荷が ブレーキをした瞬間にかかるんです

 気を抜いていると首が取られてしまうんで集中して力を入れてブレーキングをします

中尾明慶オススメの観戦スポットは

中尾:おススメ観戦スポットは キャンプも出来る

 もちろんバーベキューも出来ますし泊まる事も出来るんです

山添:それは贅沢ですね

その通り、贅沢なエリアなんです。

コースサイドにテントを張ってキャンプができるのはコースの後半部分。

冷たいビール片手にレース観戦 時間を気にせず

美味しいバーベキューを楽しみキャンプ、夢のような時間を過ごせます。

山崎:ここ入るのにお金かかるんですか?

中尾:かからないです 観戦券の料金だけです

山崎:ハム買って ワインでキャンプなんて最高

山添:クーラーBOXにフルーツゼリー入れて いいですね

初めてのサーキットガイドその5 勝つのは誰だ ということで。

GT500クラスで戦うドライバー30人がこちら

中尾:相席スタートのお二人に僕たちがおススメのドライバーを紹介したいと思います

山添:みなさん ちょっと首太くないですか?

山本:さっきGがかかる説明をしたじゃないですか

 首に負荷がかかるので レーシングドライバーは首を鍛えるんです

では個性豊かなドライバーたちを紹介していこう。

渋谷:おススメは ジェイソン・バトン選手

山崎:知ってる! 芸能ニュースで見たことある

中尾:おそらく熱愛系ですね

山崎:イケメンですもんね メチャクチャカッコいい

渋谷:イギリス出身でF1のチャンピオンにもなったことがあって

 そんなに凄い人なのにサーキットでは 超紳士なんです

 あとお金も持っています

中尾:F1時代の年収って?

山本:噂ですが バトンですと15億~20億位

山本:おススメは 36号車関口選手です

 やんちゃでイケイケなドライバーなんです

関口雄飛は常にサーキットを盛り上げるイケイケ男。

そのイケイケぶりがこちら

関口:仕事になったら100%行くんで バチバチにやってやる!

山添:ファンからしたら興奮しますね

山本:走りから気迫が伝わって来る

山崎:奥さんの気持ちで見るのが良いかもね

 ああダメ! でも頑張って みたいな

中尾:おススメは 松田選手です 最多勝記録も持っていてトップドライバーなんですけど

 鉄道オタク 家に鉄道ジオラマがあったりして

山崎:大本命とかいるんですか?

中尾:僕らもよく予想するんですけど 当たらないんです

では第5戦富士で勝つのは誰なのか。

勝者予想でおなじみ。

世界のモータースポーツを網羅するレース専門誌

オートスポーツの田中編集長が大胆予想する 

田中:僕は 36号車エーユートムスLC500が優勝すると思っています

 まずLCが富士が得意であり ウエイトも軽い あとドライバー2人が速い

 トムスが長距離レースが得意 そう意味では36号車1点勝負で間違いない

今回番組を収録したのは、東京お台場ヴィーナスフォート1階にある

ヒストリックガレージ カフェアンドグリース

店内はモータースポーツの雰囲気溢れる空間です

中尾:サーキット行ってみたくなりました?

山崎:本当に面白かったです まったく知らな過ぎて

 すごい行きたくなりました

山添:聞けば聞くほど面白いです

山崎:でもまだ分からない事いっぱいあるな

このあと夏らしいワイルドな企画が始動!

最新SUVの実力をタフなオフロードで徹底検証。

中尾ヒヤヒヤの極限インプレッション。

最新SUVを限界まで攻める