第272回放送番組審議会報告

    (10月16日、12:00〜、於役員会議室)

まず、局側から編成・営業などの業務報告。この中で、『ワールド・ビジネスサテライト』の「トレンドたまご」が2002年日本民間放送連盟賞放送活動部門で入選したことを報告した。続く視聴者対応報告の中では、特番『独占企画!!今夜生中継"超アイドル後藤真希モーニング娘。を卒業』(9/22午後7:00)の最後の部分で後藤真希の挨拶が途中で切れてしまったことについて視聴者から苦情があったことを報告。レギュラー番組の『ハロー!モーニング。』で放送することで対処したことを説明した。

 


【審議の主な内容】

〈モーニング娘。の特番について〉
委員−特番『独占企画!!今夜生中継"超アイドル後藤真希モーニング娘。を卒業』の視聴率が期待を下回ったようだが、原因をどう考えているか。
−メンバーが新加入するという場合と卒業する場合の差ではないかと考えている。


〈視聴率低下について〉
委員−2002年度上期は視聴率低下の傾向があるが、対策をどう検討しているのか。また『ポケモン』も視聴率低下の理由の一つではないかと思うがその原因は。
−『ポケモン』については、視聴者層が変わってきたことが原因の一つだと考えている。11月から内容を変えて強化する。上期の視聴率低下の主な原因は(月)(金)(日)の夜9時台や『TVチャンピオン』での企画強化が出来なかったことにあるので、10月編成では(月)(日)を新企画にするなど強化を図った


〈『ジカダンパン!責任者でてこい!』について〉
委員−新番組『ジカダンパン!責任者でてこい!』(月、夜9時)のスタートは順調か。
局−初回の視聴率は6.9%だった。視聴者から番組のトーンがきついのではないかという反響があったので、今後楽しいトーンで制作していきたい。


この他、委員から、長期間じっくり丁寧に取材する番組を増やしてほしいという要望があった。



〈試   写〉
『ワールドビジネスサテライト・土曜版』
10月12日(土)午後10時54分放送


   【出席者】
委員側-河毛委員長、松木副委員長、大友委員、加藤委員、佐藤委員、白石委員、司委員、野崎委員、
局側-一木会長、菅谷社長、田村報道スポーツ本部長、三沢編成制作本部長、工藤報道スポーツ本部副本部長、犬飼編成制作本部副本部長、藤延報道局長、井沢編成局次長、三島番審事務局長