第275回放送番組審議会報告

    (2月13日、12:00〜、於役員会議室)

まず、局側から編成・営業などの業務報告。この中で、2003年4月編成について報告した。

 


【審議の主な内容】

〈『LOVEオーディション』について〉
委員−『LOVEオーディション モーニング娘。新メンバー大決定!!!』(1/19夜7:00〜8:54)の視聴率が振るわなかった(5.2%)原因について、どう考えているか。
−視聴者の子どもたちの試験時期と重なったこと(前回のオーディションは夏休み)、番組のスタートが夜7:00と浅い時間のため見づらかったことが考えられる。また編成上、メンバーが決定して2日経ってからの放送にせざるをえなかったこともある。
委員−条件が悪くても大丈夫との判断か。
局−読み違いがあった。もっと視聴率が取れると考えていた。
委員−あっけなくメンバーが決まってしまうなど盛り上がりにも欠けたのでは。
局−反省し次につなげたい。


〈4月編成について〉
委員−4月編成の柱は何か。
−PTを大幅に改編する。特に(火)(金)の20時台、(金)の21時台に新番組を編成し、(月)(火)(金)(日)の22時台は移行を含めて改編する。


〈報道体制について〉
委員−米国がイラクへ武力行使するなどの有事があった場合の報道体制は。
局−WBSの拡大や緊急特番の編成を考えている。状況を見ながら対応するが、ポイントを押さえつつ、経済に与える影響など独自の視点で報道したい。


〈「北朝鮮」の表記について〉
−テレビ東京はこれまでニュースなどで「北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国」と最初に読み2回目以降は「北朝鮮」と読んできたが、「北朝鮮」が「朝鮮民主主義人民共和国」を指すことが定着したと判断し、視聴者の分かりやすさも考慮に入れ、今後は「北朝鮮」のみの読みにする。新聞協会としての統一見解はないが、北朝鮮のニュースが増える中、各TV・新聞が自主判断で表記を検討している。


〈試   写〉
『そして音楽が始まる』
2月9日(日)夜10時54分放送


   【出席者】
委員側-河毛委員長、松木副委員長、加藤委員、小島委員、佐藤委員、司委員、野崎委員、日比野委員
局側-一木会長、菅谷社長、田村報道スポーツ本部長、三沢編成制作本部長、工藤報道スポーツ本部副本部長、犬飼編成制作本部副本部長、藤延報道局長、井沢編成局次長、三島番審事務局長