第285回放送番組審議会報告

    (2月12日、12:00〜、於役員会議室)

まず局側から編成・営業などの業務報告、この中で4月編成の概要を説明した。
続いて、『テレビ東京放送番組編成基準』の一部改正について諮問。
これは、『テレビ東京放送番組編成基準』が細目として準用している
『民放連放送基準』の改正に伴うもので、改正のポイントは、
1.報道の目的の明確化等、
2.健康情報・ショッピング番組に関する規定の整備、
3.児童・青少年に配慮した規定の整備等、
4.消費者金融CMなどに関する条文の新設、
その他字句・用語の修正である。
3月番審で答申を受け4月から実施の予定である。


【審議の主な内容】

〈『民放連放送基準』改正について〉

委員− (33)「ニュース報道にあたっては、個人のプライバシーや自由を不当に侵したり、
名誉を傷つけたりしないように注意する」となっているが不当かどうかの判断基準は。
− 判断は民放連加盟各社が独自に規定した報道倫理綱領に基づいて行なう。
「"不当に"傷つけない」というのは、例えば公人のプライバシーは(一般人と比べて制限されるため)
報道することがありうるという意味だ。
委員− 健康情報についてオーバートークは問題だが、逆に(136)「いわゆる健康食品の広告で、
医薬品的な効能・効果を表現してはならない」とすると、特定保健用食品など
ある程度の表現を認可されたものにまで網をかけることになり行き過ぎではないか。
− 特定保健用食品などは「いわゆる健康食品」には含まれておらず、
(128)の解説文で「法令で認められた範囲での表現が可能である」としている。


〈『元祖!でぶや』について〉

委員− 『元祖!でぶや』(金、午後9:00〜9:54)は、視聴率も上がってきて楽しく見ているが、
このところやっているゲーム企画は石塚・鈴木のキャラクターが生きていないように思える。


〈4月編成について〉

委員−新番組『クイズクリエイトバトル クエス5(仮)』(月、午後7:53〜8:54)の内容は。
局−問題作りを中心にしたクイズ番組だ。
5人の問題作成者が5人の解答者のために問題を作り答えさせるという企画だ。
特番で成功したクイズ番組の新しい形をレギュラー化する。


〈試   写〉

『たけしの誰でもピカソ』
2月13日(金) 午後10:00放送


【出席者】
委員側- 福原委員長、松木副委員長、大友委員、加藤委員、白石委員、司委員、野崎委員、日比野委員
局側- 一木会長、菅谷社長、犬飼取締役、熊村取締役、島川制作局長、藤延報道局長、和知スポーツ局長、
     山口編成局長、太田編成部長、