〜ばんしん傍聴席〜
第293回放送番組審議会報告

    (11月15日、12:00〜、於役員会議室)

まず、編成・営業などの業務報告。この中で、島田紳助の謹慎に伴い『開運!なんでも鑑定団』の司会を、11/9は松尾伴内で放送、11/16・23は今田耕司が務めそれ以降は未定であることを報告、視聴者の反響は8割が紳助に批判的、2割が早く復帰してほしいというものだということを説明した。


【審議の主な内容】

〈『テレビ東京グループ行動規範』について〉
局−11/1付でテレビ東京グループ15社共通の規範となる「テレビ東京グループ行動規範」を制定・公表した。また体制を推進するため「コンプライアンス委員会」を設置した。遵法に関してはもちろんだがモラルの向上をさらに図りたい。
委員−どのように社員に徹底していくかということも重要だ。
局−「コンプライアンス委員会」の委員をはじめ各職場のコンプライアンス責任者が周知し、HPでも公表した。
委員−条項ごとに事例を入れてはどうか。
局−検討したい。

〈「新潟県中越地震」報道について〉
局−「新潟県中越地震」については、まず10/23当日、『土曜スペシャル』を一時中断して報道。続いて10/24午前10:30と10/31の同時間に報道特別番組を編成した。テレビ東京は新潟地区に系列局等報道拠点を持っていないため取材は苦労した。視聴者の反響の中にはもう少し報道すべきではないかとの声もあった。
委員−報道拠点がないといったことは分からない視聴者もいるので、事情を説明してもよかったのではないか。
局−(出来ないことの事情説明より)出来る範囲でもっとテロップを入れたり画面をL字ワイプで切ったりして情報を入れ込むべきだった。


〈血液型を扱う番組について〉
局−『月曜エンタぁテイメント』枠で(11/22)血液型を扱った特番を放送する予定だ。ただし血液型による性格判断には科学的根拠は認められず扱い方によっては差別を助長しかねないという指摘もあるので慎重に制作したい。
委員−たしかに血液型は話題としては結構面白いが、視聴者に不快感を持たれないよう扱いには気をつけてほしい。


〈『新幹線をつくった男たち』について〉
委員−開局40周年記念ドラマ『新幹線をつくった男たち』(11/3水曜、午後8:54)は素晴らしい出来だった。
局−視聴率は8.7%だったが、「おもしろかった」「感動した」「人に勧めたい」ということが基準の東京新聞の読者モニターシステムでは、トップの評価を得た。

〈試   写〉
2005年1月2日(日)午後2時放送
新春ワイド時代劇『国盗り物語』PR版

2004年11月15日(月) 午後10時放送
『ザ・ヒューマンD』



【出席者】
委員側- 福原委員長、松木副委員長、阿刀田委員、大友委員、加藤委員、佐藤委員、
       白石委員、司委員、野崎委員、日比野委員
局側 -  菅谷社長、犬飼常務、熊村取締役、島川制作局長、和知スポーツ局長、高原報道局長、
       山口編成局長、太田編成部長、三島番審事務局長