伊原靖友
伊原靖友

1965年東京都生まれ。18歳でパン職人を志し、2000年に独立し「Zopf(ツオップ)」をオープン。300種類の品数の多さと素材にこだわったパン作りが評判を呼び、行列が出来るほど人気のパン屋さんとなる。
「Zopf」とは編み込みパンの意味で色々なパンを編みこんだようなパン屋さんにしたいという思いを込めて命名した。
2階にはドイツ語で「くつろぎの場所」を意味する「ルーエプラッツ」という名前のカフェを併設。パンを引き立てる料理をテーマにモーニングセットやプレート料理、サンドイッチなどドリンクとともに提供している。
また、講師としても活躍しており自身の持つパン工房以外でも講習会を開いている。今回は中国・上海で現地の職人たちに技術を指導した。 日本だけでなく世界で活躍する彼の多忙な日常に密着します。


番組でご紹介した情報
パン焼き小屋
「バックステューベ ツオップ」
千葉県松戸市小金原2-14-3
TEL:047-343-3003
カフェ「ルーエ プラッツ ツオップ」(2F)
TEL:047-727-3047(カフェ予約専用ダイアル)
アクセス:JR北小金駅(常磐線各駅)南口下車 バスにて10分(停留所「表門(おもてもん)」下車)降りた歩道をバスの進行方向逆へ歩くこと2分 右側にあります
定休日:毎週木曜日と第3水曜日
パン工房
「レアステューベ ツオップ」
千葉県柏市東山2-6-8
TEL:04-7108-6383
船越さんが訪れたお店
「VIRON(ヴィロン)」
渋谷区宇田川町33-8 塚田ビル1F
TEL:03-5458-1770
紹介した料理のレシピ

シュガーボール(6個分)


【材料】

  • 強力粉:100g
  • 塩:2g
  • 粗糖:22g
  • インスタントドライイースト:2.5g
  • 卵黄:30g
  • 水(お湯):32g
  • 無塩バター:22g
  • シナモンシュガー:適量

【作り方】

  • (1)ボールの中に粗糖・塩・バター・卵黄を混ぜ合わせる
    ※このとき空気を含ませるように混ぜるとよりふっくらと仕上がる
  • (2)30度のお湯に溶かしたイーストを加え、強力粉を加える
  • (3)台の上でこねる ※空気を入れる工程がないので最初に空気を入れることがとても大切
  • (4)一次発酵(28度に保たれた中で50分間)
  • (5)生地を取り出し、分割する
  • (6)二次発酵(ガス抜きし折りたたむように丸めて、28度に保たれた中で30分)
  • (7)最終発酵(もう一度ガス抜きし折りたたむように丸め、30度に保たれた中で25分)
  • (8)200度のオーブンで8分焼く
  • (9)焼きあがったパンの表面に溶かしバターを塗って、シナモンシュガーをまぶして完成です





© テレビ東京