紀平梨花が世界最高得点でザギトワ超え!坂本4位。宮原は最下位発進<フィギュアGPファイナル>

その他

2018.12.7

aflo_93142625_.jpg
紀平梨花 写真:YUTAKA/アフロスポーツ

 フィギュアスケートグランプリ(GP)ファイナルが7日(現地6日)、カナダ・バンクーバーで開幕。女子ショートプログラム(SP)は
GPファイナル初出場の紀平梨花(16=関大KFSC)が代名詞のトリプルアクセルを完璧に決めるなど圧巻のパフォーマンスを披露して82.51点の世界最高得点をマークし、首位に立った。ルール改正後アリーナ・ザギトワ(ロシア)の持つ世界記録(80.78点)を塗り替えた。

女王ザギトワ まさかのSP2位発進。紀平梨花が首位!<フィギュアGPファイナル>

 ファイナル連覇を目指す平昌五輪女子金メダリストの女王・ザギトワはノーミスの演技も77.93点の2位。坂本花織(18=シスメックス)は70.23点で4位。宮原知子(20=関西大学)は冒頭の連続ジャンプをミスするなど流れに乗れず67.52点の最下位。ショートプログラムの結果は以下の通り。

【GPシリーズ グランプリファイナル】
<女子ショートプログラム>
1.紀平梨花(日本)
2.アリーナ・ザギトワ(ロシア)77.93
3.エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)70.65
4.坂本花織(日本)70.23
5.ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)68.24
6.宮原知子(日本)67.52

追跡LIVE!SPORTSウォッチャー
放送日:月~金曜夜11時58分/土曜夜11時/日曜夜10時54分 プロ野球、Jリーグなど最新のスポーツ情報をお伝えします。
特集企画「Humanウォッチャー」長編ドキュメント。超大物アスリートや話題の選手&支える家族などに密着。栄光を目指す人々の奮闘に迫ります。