紀平梨花 初出場初優勝!浅田真央以来13年ぶりのシニア初参戦ファイナル制覇<フィギュアGPファイナル>

その他

2018.12.9

aflo_93249064.jpg
左からアリーナ・ザギトワ、紀平梨花、エリザベータ・トゥクタミシェワ 写真:YUTAKA/アフロスポーツ

 フィギュアスケートグランプリ(GP)ファイナル<カナダ・バンクーバー>は9日(現地8日)、女子フリースケーティング(FS)が行われ、GPシリーズ初出場の
紀平梨花(16=関大KFSC)が冒頭のトリプルアクセルで着氷時に両手を氷につくミスがあったが、その後はジャンプを全て成功させて150.61点をマーク。合計233.12点で自己ベストを更新して初優勝。金メダルを手にした。シニア初参戦でのGPファイナル制覇は日本勢では2005年の浅田真央以来となる快挙。

ジュニアGPファイナルは美人すぎる15歳コストルナヤがトルソワを抑えて初V!

 平昌五輪女子金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が148.60点の合計226.53点で2位。坂本花織(18=シスメックス)は合計211.68で4位。宮原知子(20=関西大学)は合計201.31点で最下位。最終結果は以下の通り。

【GPシリーズ グランプリファイナル】
順位 名前(国)合計点(FS/SP)

1位:紀平梨花(日本)233.12(150.61/82.51)
2位:アリーナ・ザギトワ(ロシア)226.53(148.60/77.93)
3位:エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)215.32(144.67/70.65)
4位:坂本花織(日本)211.68(141.45/70.23)
5位:ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)204.33(136.09/68.24)
6位:宮原知子(日本)201.31(133.79/67.52)