【カーリング】平昌五輪銅メダルのロコ・ソラーレ敗れる 中部電力が2年ぶりの日本一

その他

2019.2.19

aflo_97263500.jpg
吉田知那美 写真:森田直樹/アフロスポーツ

カーリング日本選手権
<17日 北海道・札幌>

 決勝進出をかけたロコ・ソラーレ北海道銀行との準決勝。互いに譲らず迎えた第4エンド。同点の場面でアクシデントが。ロコ・ソラーレ藤沢の持つブラシが折れそのまま転倒。それでも笑顔の選手たちはブラシが折れても心は折れない。おかげでリラックスできたと第6エンドにはストーンの間をすり抜けるショットを見せるなど10-8で勝利。決勝に駒を進める。

【動画】テレ東鷲見アナが悲劇!障害物レース"スパルタンレース" 最終回

 そして3大会ぶりに優勝を狙うロコ・ソラーレは中部電力との日本一を懸けた決勝。先制されたロコ・ソラーレだったが第2エンドで2点を取り返して2-2の同点とする。しかし第5エンドで一気に大量4失点を喫するなど今大会2度敗れている相手に最後まで苦しめられたロコ・ソラーレ。負けを認めた最後のショットは一回転のパフォーマンス。準優勝ながらロコ・ソラーレらしく笑顔で大会を終えた。中部電力は2年ぶりの日本一に輝き世界選手権の出場権を獲得した。

<決勝>
中部電力 11-3 ロコ・ソラーレ