【楽天】則本昂大 右肘手術後初のキャッチボール「ここまでは順調に来ている」

野球

2019.4.30

vlcsnap-2019-04-30-22h44m50s316.jpg

右肘のクリーニング手術を受け2軍で調整している楽天の則本昂大投手が4月27日にキャッチボールを再開した。

最初はワンバウンドさせながらの慎重な投球となったが後半は15m前後の距離で通常のノーバウンド投球、さらに本来の投球フォームに近い形で投げるなど時折笑顔を見せながらおよそ15分間様々な形のキャッチボールを行い順調な回復ぶりを見せた。

則本は5年連続で奪三振王を獲得するなどエースとして長きに渡りチームを支えてきたが今シーズン開幕前の3月、右肘に違和感を覚え病院で精密検査。右肘に損傷が見つかり手術を行っていた。


vlcsnap-2019-04-30-22h45m04s235.jpg

練習後には「あまり飛ばしすぎないように痛みが出ないところ探しながら投げた。ここまでは順調に来ていると思う。」とコメント。

平石監督は「予定通りに来ている。焦っても仕方がないので1ヶ月くらいかけて次の段階に進むと思う。」と話しており実戦復帰はまだ先になる見込みだ。

チームは現在パ・リーグ2位につけるも直近に5連敗を喫するなど開幕直後の勢いはトーンダウン。2013年以来6年ぶりのリーグ制覇、日本一へ。エースの1日にも早い復帰が望まれる。

右肘のクリーニング手術を受け2軍で調整している楽天の則本昂大投手が4月27日にキャッチボールを再開した。最初はワンバウンドさせながらの慎重な投球となったが後半は15m前後の距離で通常のノーバウンド投球、さらに本来の投球フォームに近い形で投げるなど時折笑顔を見せながらおよそ15分間様々な形のキャッチボールを行い順調な回復ぶりを見せた。

則本は5年連続で奪三振王を獲得するなどエースとして長きに渡りチームを支えてきたが今シーズン開幕前の3月、右肘に違和感を覚え病院で精密検査。右肘に損傷が見つかり手術を行っていた。

練習後には「あまり飛ばしすぎないように痛みが出ないところ探しながら投げた。ここまでは順調に来ていると思う。」とコメント。

平石監督は「予定通りに来ている。焦っても仕方がないので1ヶ月くらいかけて次の段階に進むと思う。」と話しており実戦復帰はまだ先になる見込みだ。

チームは現在パ・リーグ2位につけるも直近に5連敗を喫するなど開幕直後の勢いはトーンダウン。2013年以来6年ぶりのリーグ制覇、日本一へ。エースの1日にも早い復帰が望まれる。