【野球】松坂世代・大西宏明監督「堺シュライクス」ここからNPBへ上がる選手が生まれるのか?

野球

2019.5.10

そこに秘められたドラマをあなたはまだ知らない

産声を挙げた新球団、「堺シュライクス」。ことの起こりは去年7月。関西独立リーグに新球団として名乗りを挙げたのは、人材コンサルタントの業務を手掛けるベンチャー企業だった。

堺シュライクス オーナー・監督.jpg

球団経営は畑違いのはずだがなぜ乗り出そうと考えたのか?

球団オーナーの松本はかねてから選手のセカンドキャリアを支援し、元選手の人材としての価値に気付いていた。もしも自分が球団を作れば、再就職への流れもスムーズにできる。そう考えての球団設立だった。

関西独立リーグは発足からまだ6年という駆け出しのプロリーグ。これまで兵庫、大阪、和歌山に3チームがあり、堺シュライクスはそこに今年から参入した。

気になるのは資金だが設立と運営、一年で約5千万円と見込んでいる。そのため新球団設立への最初のハードルは5千万円の資金集め。オーナーの松本と球団代表の夏凪は連日スポンサー探しに駆け回った。まだ何の形もない球団。実体のないものに果たしてお金を出してくれるスポンサーは現れるのか?

我々の心配は杞憂に終わる。大苦戦を予想していた資金集めだったが、堺市民は温かくスポンサーは順調に集まった。お金を出したスポンサーはユニフォームにロゴを入れられる。場所で金額が変わり、正面が200万円で背中は150万円。下半身だと100万円となる。

ユニフォームのデザインが仕上がったと連絡が入った。するとオーナーの松本はなぜか一軒のバーへ。バーを営む傍ら、グラフィックデザインもしているというご主人。

SNSで公募したデザイン。ただでやってほしいと虫のいいお願い。ちなみにチーム名も公募で決めた。シュライクとは堺市の鳥、モズから取ったものだという。

堺シュライクス ユニフォーム.jpg

IT時代の新球団。資金集めにはクラウドファンディングも活用し2ヶ月で360万円を集めた。だが、お金はまだ足りず、続いて飛びついたのが電力自由化。名付けてシュライクス電気。使用料金は割安で、そのうえ料金の一部がチームの運営資金になるという斬新な仕組みだ。

一方、ゼロから作る野球チームとしては、監督選びも重要だった。白羽の矢が立ったその男は大西宏明。かつて、あのPL学園で主軸を打ち、松坂との対戦で名を馳せた名選手だった。PL対横浜、伝説の準決勝では、延長11回の同点打を含む三安打を放ち、怪物を苦しめた。

001.jpg

その後、ドラフト7位で近鉄バファローズへ。非凡な打撃センスで四球団を渡り歩き、プロ生活は8年間に及んだ。

引退後、大阪に焼肉店を構え、人気店に育てたが、この度わけあって監督就任を決めた。大西の背中を押したのは去年復活した怪物・松坂の姿。あの夏、戦った怪物がまた自分に火をつけてくれた。

野球漫画さながらのチーム作りはこうして始まった。この日は1回目のトライアウト。難しい条件は設けず、広く人材を募った。

参加者は40名。評価するのは野球技術だけではない。セカンドキャリアを見据えた新しい発想の球団。だから人柄も大切な選考基準なのだ。こうして4度のトライアウトを行い、22名の合格者が決まった。ここからが大西流。選手の入団祝いは自分の店へ。

002.jpg

焼肉店を営む異色のプロ野球監督は何でも食えと、大盤振る舞い。始まったプロ生活。しかしそこには厳しい現実があった。プロは名乗るが、給料は出ないのだ。ただし選手寮があり家賃は球団持ち。さらに体を作るため米と牛乳は球団から支給される。

しかし、それだけでは生活できない。だから、選手はみなアルバイトをしている。努力しているのは選手たちだけではない。舞台裏では球団代表が自ら練習場所の予約をしていた。専用の練習場はなく、堺市内を渡り歩く毎日。

草野球を楽しむ市民と同じように1時間1650円の公営グラウンドを借りている。

ボールやバットは使い古し。大西監督を慕うNPBの後輩選手たちが寄付してくれた物だ。野球人生、最後の一花を咲かせて、その善意に報いたい。

迎えた開幕。客席は600人とまずまずの入り。オリジナルの応援グッズも作った。大西監督の焼肉にちなんだトング。

堺シュライクス オリジナルトング.jpg

オーナー自らチームカラーの緑に塗った。生まれた新球団。その船出。シュライクスは初回を無失点で切り抜ける。その裏のチャンス、ワンアウト1、2塁。打席には四番に座った神原が。

ここで神原は絶好球を見逃さず、クリーンヒットでランナー生還。記念すべきチーム創設初打点で期待に応えた。その後も打線が繋がりシュライクスは7回までに12得点と大量リード。そのまま逃げ切り堺シュライクスは初陣を勝利で飾った。

全てが新しい試みの新球団。ここからNPBへ上がる選手が生まれるのか?

堺市民でなくとも野球ファンは目が離せない。

追跡LIVE!SPORTSウォッチャー
放送日:月~金曜夜11時58分/土曜夜11時/日曜夜10時54分 プロ野球、Jリーグなど最新のスポーツ情報をお伝えします。
特集企画「Humanウォッチャー」長編ドキュメント。超大物アスリートや話題の選手&支える家族などに密着。栄光を目指す人々の奮闘に迫ります。